富士24時間レース|ゴールまで残り4時間、888号車HIRIXが初Vに向けリード広げる

シェア
コメント
富士24時間レース|ゴールまで残り4時間、888号車HIRIXが初Vに向けリード広げる
執筆:

2020年のスーパー耐久富士24時間レースは終盤を迎え、#888 HIRIX GOOD DAY RACING AMG GT3が総合トップの座を守っている

 富士スピードウェイで行なわれているピレリ スーパー耐久シリーズ2020の第1戦「NAPAC 富士 SUPER TEC 24時間レース」はスタートから20時間が経過。#888 HIRIX GOOD DAY RACING AMG GT3がチームのデビューウィンに向け後続とのリードを徐々に広げる走りを見せている。

Read Also:

 明け方までは大雨により何度もセーフティカーが導入される波乱の展開となったが、午前7時30分以降は天候が回復し、各チームが続々とスリックタイヤに交換していた。

 そんな中、ST-Xクラスは#81 DAISHIN GT3 GT-Rがナイトセッションで総合トップを快走していたが、ペナルティストップ等の影響もあり888号車の逆転を許すと、開始16時間のところで#31 DENSO LEXUS RC F GT3にも逆転され、3番手に下がった。

 ここでエースドライバーである星野一樹が乗り込み、遅れを取り戻すべくペースを上げていたが、開始から17時間10分を過ぎたところで突然スロー走行となりピットに戻ってきた。どうやら他クラスの車両と接触があった模様で右リヤサスペンションを破損。これ以上タイムロスが許されない場面で20分程度の修復作業を強いられることになった。メカニックの懸命な作業によりコース復帰を果たし、ST-Xクラス3位もキープしたのたが、トップから12周遅れとなってしまい、総合3連覇の可能性が遠のく状況となった。

 これにより総合優勝争いは888号車と31号車の一騎打ちという流れになった。ピットストップのタイミングで順位が入れ替わるような位置関係だったが、開始から18時間30分のところで888号車に乗り込んだショウン・トンが安定した速さを披露。一時は31号車に対して1周の差をつけた。

 888号車はゴールまで残り4時間を迎えるところでプラチナドライバーの高木真一に交代し、さらにリードを広げにかかっている。一方の31号車も粘り強く周回を重ね、888号車に対してプレッシャーをかけている。

 この他、ST-Zクラスは#3 ENDLESS AMG GT4が総合3位に入る快走をみせクラストップをキープ。ST-TCRクラスは#22 WAIMARAMA KIZUNA Audi RS3 LMSが2番手以下に対して2周差をつけている。

 ST-1クラスは#38 ADVICS muta Racing RC F TWS、ST-2クラスは#32 ROOKIE Racing GR YARIS、ST-3クラスは#39 5ZIGEN WINMAX RC 350 TWS、ST-4クラスは#13 ENDLESS 86、ST-5クラスは#69 J’S RACING☆FITがそれぞれトップにつけている。

 いよいよ15時00分のゴールに向けて終盤戦を迎えている富士24時間レースだが、午後には雨が降るという予報もあるなど、最後まで気の抜けない戦いが続いている。

Read Also:

富士24時間 16時間経過|81号車DAISHINにペナルティ、888号車HIRIXがトップに

前の記事

富士24時間 16時間経過|81号車DAISHINにペナルティ、888号車HIRIXがトップに

次の記事

富士24時間レース 決勝速報|888号車HIRIXが劇的デビューウィンを飾る!

富士24時間レース 決勝速報|888号車HIRIXが劇的デビューウィンを飾る!
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパー耐久
イベント 第1戦 富士24時間
サブイベント 決勝レース
執筆者 吉田知弘