執筆者

吉田知弘

Latest articles by 吉田知弘

グリッド
リスト

次なる目標に向かって……GT300王者の藤波清斗、今季はSFライツのフル参戦も狙う

2020年のスーパーGT(GT300クラス)でシリーズチャンピオンに輝いた藤波清斗は、さらにステップを踏んでいくために、スーパーフォーミュラ・ライツへの参戦も考えている。

早くも日産ファミリーの一員に……松下信治、新天地でリラックスした表情見せる

今季から日産に移籍してスーパーGTのGT500クラスに参戦する松下信治。彼は早くも新天地で仲間たちからの歓迎を受けているようだ。

スポーツランドSUGO、2月13日の地震による被害はなし。改修工事も順調に進行中

スポーツランドSUGOは、2月13日に発生した大地震の被害はないことを明らかにした。

日産スーパーGT松村総監督「勝ちにこだわって進んでいく」王座奪還へ“3つの強化ポイント”

日産/ニスモの松村基宏総監督は、2021シーズンのスーパーGT GT500クラスを戦う上で、3つの強化ポイントを掲げ、とことん勝ちにこだわる1年にしていくと語った。

25号車得意のタイヤ無交換作戦が復活? 土屋武士監督「タイヤを使い切るセットアップ目指す」

ポルシェ911GT3R導入2年目を迎えるHOPPY team TSUCHIYA。2021シーズンは、タイヤ無交換作戦も戦略のひとつとして取り入れていくことを目指しているようだ。

「今年こそ勝利を!」HOPPY team TSUCHIYA、2021年も松井&佐藤のコンビで参戦

2021年もポルシェ911GT3RでスーパーGTのGT300クラスに挑むHOPPY team TSUCHITA。「今年こそ勝利を!」の合言葉で新シーズンのキックオフを行なった。

松下信治が日産移籍の方向で調整か? 2021年SGT(GT500)ストーブリーグ情報

2020年はFIA-F2で活躍し、シーズン後半は日本のレースにもスポット参戦した松下信治。2021年は本格的にスーパーGTのGT500クラスのシートを獲得するべく、動き始めているようだ。

石浦宏明が2020年限りでSF卒業を表明、SGTは参戦継続の模様

石浦宏明は2021年の全日本スーパーフォーミュラ選手権には参戦しないことを明らかにした。

車両が変わっても初日総合トップの山本尚貴、気になるナカジマレーシングから参加の経緯は?

2020スーパーフォーミュラ合同・ルーキーテスト。レギュラーシーズンとは違うチームから参加することになった山本尚貴が、テスト1日目でいきなりトップタイムを叩き出した。

SF富士合同・ルーキーテストのエントリーリスト発表、20名のドライバーが参加

富士スピードウェイで行なわれる2020全日本スーパーフォーミュラ選手権の合同・ルーキーテスト のエントリーリストが公開され、合計17台、20名のドライバーが参加することが明らかとなった。

SF第7戦富士|山本尚貴が2度目の国内“二冠王”に。平川亮との熾烈なバトルを制す

2020年全日本スーパーフォーミュラ選手権第7戦が富士スピードウェイで行なわれ、坪井翔が優勝した。最終戦までもつれたタイトル争いは山本尚貴が制し、2018年以来3度目となる年間王者となった。

山本尚貴、3度目の王座獲得に向け決意新たに「絶対にチャンピオンを獲ってゼッケン1を取り戻す」

2020スーパーフォーミュラ最終戦で自身3度目の王座を狙う山本尚貴は、今季チームとともに作り上げてきたものを全て出し尽くしたいと意気込みを見せた。

スーパーフォーミュラ、最終戦後の12月22日・23日に富士で合同・ルーキーテストを開催

毎年恒例となっているスーパーフォーミュラの合同・ルーキーテストは、今年は富士スピードウェイを舞台にして開催されることとなった。

フル参戦1年目の集大成見せられるか? カルデロン「最初の頃よりポジティブな要素が増えている」

今季スーパーフォーミュラに初挑戦しているタチアナ・カルデロン(ThreeBond DragoCORSE)は、最終戦の富士で今季の集大成となるレースをみせたいと意気込んでいる。

牧野任祐が体調不良でSF最終戦富士を欠場、代役は大津弘樹

TCS NAKAJIMA RACINGの牧野任祐が髄膜炎を発症し、スーパーフォーミュラ最終戦を欠場。大津弘樹が代役として同大会に出走することが明らかとなった。

MORIZOが乗るGRヤリスが最終戦待たずにST-2クラスチャンピオン決定!

2020スーパー耐久第5戦では、トヨタの豊田章男社長(MORIZO)もドライバーとして参加する#32 ROOKIE Racing GR YarisがST-2クラスチャンピオンを決めた。

山本尚貴と同点でSF最終戦王座争いへ……平川亮「何が起きても受け入れる」

2020スーパーフォーミュラ第6戦鈴鹿でランキング首位の座を取り戻した平川亮だが、最終戦では自分が出せる力を全て出すだけと語った。

悲願の初Vに泣き崩れた大湯「優勝して恩返しすることができて本当に良かった」

2020スーパーフォーミュラ第6戦鈴鹿。念願の初優勝を飾った大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING)は、チームにようやく恩返しすることができたと涙ながらに語った。

SF第5戦鈴鹿|レース後、笹原右京に対し40秒加算+ペナルティポイント3点が科される

2020スーパーフォーミュラ第5戦鈴鹿決勝。決勝レース終盤のマルチクラッシュのきっかけとなったとして、笹原右京(TEAM MUGEN)に対し、レース結果に40秒加算とペナルティポイント3点が加算されることとなった。

SF 第5戦鈴鹿|山本尚貴がコースレコードを1.4秒更新し今季初ポールポジションを獲得

2020スーパーフォーミュラ第5戦鈴鹿。午前中に行なわれた公式予選では山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)がポールポジションを獲得した。

鈴鹿初走行のカルデロン「F1ドライバーたちが鈴鹿を絶賛する理由が分かった!」

F1日本GPも開催される鈴鹿サーキットを初めてスーパーフォーミュラで走ったタチアナ・カルデロン(ThreeBond DragoCORSE)が、その感想を語った。

SF鈴鹿大会の開催概要発表、第6戦のみ最大200秒間OTSが使用可能に

今週末、鈴鹿サーキットで行なわれる2020スーパーフォーミュラ第6戦でオーバーテイクシステムが最大200秒間使用できることとなった。

レイブリックのラストランで戴冠、高橋国光総監督「皆さんに感謝の気持ちを伝えられる」

2020スーパーGT第8戦。GT500クラスでシリーズチャンピオンに輝いた#100 RAYBRIG NSX-GTの高橋国光総監督は、チームとして2度目の戴冠を果たしたが、そこで彼が繰り返し発していた言葉は「感謝」だった。

レイブリックのラストランで王座獲得、山本尚貴「最後の花道を飾れて嬉しい」

2020スーパーGT第8戦富士で優勝し、GT500クラスのシリーズチャンピオンを獲得した#100 RAYBRIG NSX-GTの山本尚貴は、理想通りのレースができたと笑顔を見せた。

ゴール直前でまさかのガス欠、37号車KeePer山田監督「計算上は問題なかった」

2020スーパーGT第8戦富士。ゴール目前でガス欠に見舞われた#37 KeePer TOM’S GR Supraだが、計算上は給油量も燃費も問題なかったという。

チェッカー直前の大逆転劇! 100号車“RAYBRIG”が王者に|GT500富士決勝

2020スーパーGT第8戦富士の決勝レースが行なわれ、#100 RAYBRIG NSX-GTが最終ラップの最終コーナー立ち上がりで#37 KeePer TOM'S GR Supraを抜き、逆転優勝を達成。2020年のシリーズチャンピオンに輝いた。

「決勝では何が起こるか分からない」23号車ニスモの松田&クインタレッリ、逆転王座を諦めず

2020スーパーGT第8戦富士。GT500クラスの公式予選で6番手に食い込んだ松田次生とロニー・クインタレッリは、トヨタ勢の速さを警戒しつつも、決勝では逆転の可能性があると前向きだった。

ベスト尽くすもトヨタ勢の先行許す結果に、RAYBRIG山本「ここまで離されるとは思わなかった」

2020スーパーGT第8戦富士。予選ではベストを尽くす走りをみせた#100 RAYBRIG NSX-GTだが、ライバルの先行を許し、7番手から明日の決勝を迎えることとなった。

RAYBRIGブランド終了に伴い、”RAYBRIG NSX-GT”今週末ラストラン。チームは活動継続

25年以上に渡って国内トップカテゴリーで活躍してきたRAYBRIGのカラーリングが今季限りで見納めになることとなった。

安全対策のためスポーツランドSUGOがピットレーン拡張工事を開始

スーパーGTやスーパーフォーミュラの開催コースとして知られるスポーツランドSUGOが今月から安全対策の一環としてピットレーンの拡張工事を開始した。

「またSF19に乗れるのが嬉しい!」カルデロン、2ヵ月半ぶりのSF参戦に感慨

2020年のスーパーフォーミュラ第4戦オートポリス。久しぶりの参戦となるタチアナ・カルデロン(ThreeBond DragoCORSE)は、週末の走行を前にチームや自身の愛機との再会を喜んでいた。

“ウィズ・コロナ”時代の新たな楽しみ方? マイカーでピットスルー、もてぎが新たな試み

2020年のスーパーGT第7戦が行なわれたツインリンクもてぎでは、“ウィズ・コロナ”時代を考慮した新たなファンイベントが実施された。

トップ6台が4ポイント以内! GT500王座争いは史上稀に見る激戦で最終戦へ

2020年のスーパーGTシリーズ。GT500クラスは第7戦を終了し、トップ6台11名のドライバーが4ポイント以内にひしめいた状態で最終戦富士に向かうこととなった。

NSX-GTがトップ5独占の快挙! ホンダ佐伯LPL「思ってもみなかった結果」

2020年のスーパーGT第7戦もてぎ。GT500クラスでホンダNSX-GT勢がトップ5を独占したことについてホンダの佐伯昌浩ラージ・プロジェクトリーダーは、最高の結果だったとレースを振り返った。

ホンダNSXトップ5独占! SCも味方につけたARTA今季初優勝で王座争い混沌

ツインリンクもてぎで行なわれたスーパーGT第7戦は、ホンダNSX-GT勢が圧巻の強さを発揮し、トップ5独占という快挙を成し遂げた。優勝は#8 ARTA NSX-GT。これでチャンピオン争いは大混戦となった。

レース終盤に接触……11号車GAINERに30秒加算ペナルティ。最終結果は9位に

2020年のスーパーGT第7戦もてぎ。GT300クラスで5位チェッカーを受けた#11 GAINER TANAX GT-Rだが、レース後に30秒加算のペナルティを受けることとなった。

第7戦もてぎ GT500予選|ホンダ勢がトップ3独占! 64号車Modulo NSX-GTが今季2度目のPP

2020年のスーパーGT第7戦もてぎ。GT500クラスの公式予選はホンダNSX-GT勢がトップ3を独占するパフォーマンスを披露した。

松下信治、無事にルーキーテスト通過! 予選はQ2アタックを担当

2020年のスーパーGT第7戦もてぎに急きょ参戦することになった松下信治(#55 ARTA NSX GT3)だが、公式練習セッションで実施したルーキーテストに無事通過し、予選と決勝に参加できることが正式に決まった。

急きょSGTデビューが決まった松下信治「3日前に亜久里さんから連絡がきた」

2020年のスーパーGT第7戦もてぎで、高木真一の代役として#55 ARTA NSX GT3をドライブすることになった松下信治は、ミスをしないように心がけたいと語った。

S耐で大クラッシュ喫した高木真一が容態を報告。腰椎と右手首を骨折し木曜に手術

2020スーパー耐久第3戦で大クラッシュを喫した#888 HIRIX GOOD DAY RACING AMG GT3の高木真一だが、その後の検査で腰椎と右手首が骨折していることが明らかとなった。木曜日に手術を受けることになり、スーパーGTをはじめ、その後のレース参戦への影響が心配される。

キャシディ、スーパーGTの終盤2戦の欠場が決定。代役は山下健太が担当

スーパーGTのGT500クラスに参戦中のニック・キャシディだが、来季から参戦するフォーミュラEとの兼ね合いで、SGT終盤2レースを欠場することとなった。

S耐 第3戦 Gr.1決勝|777号車D’stationヴァンテージがライバル圧倒し今季初優勝

2020年のスーパー耐久第3戦岡山。Gr.1の決勝レースは、ポールポジションからスタートした#777 D’station Vantage GT3が終始力強い走りをみせた。

ピットイン手前でのタイムロスが痛手に、8号車ARTAの野尻&福住「まだ何かが足りない」

2020年のスーパーGT第6戦鈴鹿で、GT500クラス3位表彰台を獲得した#8 ARTA NSX-GTの野尻智紀と福住仁嶺は、ピットストップの手前でのタイムロスが順位を落とすきっかけになったこと語った。

決して余裕はなかった逆転劇、23号車ニスモ鈴木監督「1秒でも遅れていたら勝てなかった」

2020スーパーGT第6戦鈴鹿。GT500クラスで最後尾グリッドから逆転で優勝を飾った#23 MOTUL AUTECH GT-Rの鈴木豊監督が、大逆転につながったピットストップ時の状況を語った。

規定より1周早くピットイン……14号車WAKO’S 坪井「正直、話にならないミス」

2020スーパーGT第6戦鈴鹿。GT500クラスでランキング首位につける#14 WAKO’S 4CR GR Supraだが、規定に満たない周回でピットストップをしてしまい、結果的に大きな遅れをとることとなってしまった。

優勝に届かずも今季初表彰台、12号車カルソニックの平峰「悪い流れを断ち切れた」

2020スーパーGT第6戦鈴鹿。GT500クラスで2位を獲得した#12 カルソニック IMPUL GT-Rの平峰一貴は、優勝できなかった悔しさはあるものの、今回の結果をネガティブに捉えている様子はなかった。

前代未聞の逆転劇! 15番手スタートの23号車MOTUL GT-Rが今季2勝目

2020スーパーGT第6戦鈴鹿。GT500クラスは#23 MOTUL AUTECH GT-Rが奇跡の逆転劇を果たした。

SGT第6戦|GT500予選:ARTA NSX-GT今季3度目のPP、ホンダ勢が最前列独占

2020スーパーGT第6戦鈴鹿。GT500クラスの公式予選は、#8 ARTA NSX-GTが今季3回目となるポールポジションを獲得した。

近藤真彦監督、サッシャ・フェネストラズの飛躍に期待「長期的に育てていく」

KONDO RACINGの近藤真彦監督は今季スーパーフォーミュラのドライバーとして起用したサッシャ・フェネストラズの今後の活躍にかなり注目していた。

佐々木大樹、モラルハザード適用でスーパーGT第6戦鈴鹿の公式練習参加に制限

スーパーGT(GT500クラス)に参戦する佐々木大樹は、モラルハザード適用により次戦の第6戦鈴鹿での公式練習の参加に制限がかかることとなった。

スーパーGT第5戦富士|8号車ARTA NSX-GTが今季2度目のポールを獲得

2020年のスーパーGT第5戦富士のGT500クラス公式予選では、#8 ARTA NSX-GTが同地で開催された第2戦を彷彿とさせる速さをみせた。

7号車Studie BMWの山口智英、モラルハザード適用で第5戦富士の公式練習は出走禁止に

2020スーパーGT第5戦富士に参戦予定の#7 Studie BMW M6の山口智英はペナルティポイントの累積が規定に達したため、第5戦富士の公式練習に参加できないこととなった。

KCMG、小林可夢偉の代役として中山雄一をSF第2戦岡山に起用

岡山国際サーキットで行なわれる2020スーパーフォーミュラ第2戦に、中山雄一がcarrozzeria Team KCMGからスポット参戦することが決まった。

56号車 日産自動車大学校GT-Rに30秒加算ペナルティ、ピット中の作業違反が判明

ツインリンクもてぎで行なわれた2020スーパーGT第4戦の決勝レース後に#56 リアライズ日産自動車大学校GT-Rに対して30秒加算ペナルティが出された。

SGT第4戦もてぎ GT500決勝|塚越涙のトップチェッカー、17号車が今季2勝目

2020スーパーGT第4戦もてぎ。GT500クラスは#17 KEIHIN NSX-GTが今季2勝目を挙げ、ランキングトップに浮上した。

スーパーGT、第5戦富士から5000人の観客を動員へ。FIA F4の併催も実施

新型コロナウイルス感染防止対策のため開幕戦から無観客で開催されてきた2020スーパーGTだが、第5戦富士から5000人の観客を認めることをGTAの坂東正明が定例記者会見で言及した。

スーパーGT、第5戦富士を前に全関係者を対象にPCR検査を実施

シーズン中盤を迎えるスーパーGTは、全チームスタッフや関係者1500人を対象にPCR検査を実施することを決定した。

元F1ドライバーのミカ・サロ、富士24時間の“クリーンさ”に驚き「ほぼ全車完走している」

過酷な富士24時間レースでほとんどの車両がリタイアせずに完走したことに、元F1ドライバーのミカ・サロも驚いた様子だった。

富士24時間レース|スタート12時間経過、81号車DAISHIN GT-Rがトップを快走

2020年のスーパー耐久 富士24時間レースは悪天候により一時中断はあったものの、スタートから12時間が経過した。

富士24時間レース決勝|天候回復の見込み立たず……赤旗中断がさらに長引く

悪天候により赤旗中断となっているスーパー耐久 富士24時間レースだが、現在もレース再開の見込みは立っていない。