SF 第7戦 富士|セッション終盤に雪!? 専有走行は笹原がトップ

2020スーパーフォーミュラ第7戦富士の専有走行は、笹原右京(TEAM MUGEN)がトップタイムをマークした。

SF 第7戦 富士|セッション終盤に雪!? 専有走行は笹原がトップ

 富士スピードウェイで今週末開催される2020全日本スーパーフォーミュラ選手権第7戦を前に、専有走行が行なわれ、ルーキーの笹原右京(TEAM MUGEN)がトップタイムを記録。セッション終盤には雪がちらつくなど、波乱含みのセッションとなった。

Read Also:

 今回も寒いコンディションでのレースとなるため、タイヤウォーマーの使用が認めれており、セッション開始と同時に各車がコースインして序盤から積極的にタイム計測を行なっていた。

 ここで速さを見せたのが笹原。開始10分のところで1分21秒329をマークしトップに踊り出ると、福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)、野尻智紀(TEAM MUGEN)、山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)が続き、ホンダ/M-TECエンジン勢が上位につける結果となった。

 これに対し、トヨタ/TRDエンジン勢では平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)が1分21秒952をマークし山本を逆転。その後は決勝を見据えたロングランのテストを行なっていたのが印象的だった。

 セッション序盤は太陽も顔を出していた富士スピードウェイだが、後半になるにつれて徐々に黒い雲が上空を覆うようになり、残り20分を切ったところで雨が降り始めると、セッション終盤には雪がちらつき始めた。しかし、路面コンディションには大きく影響せず、各車ともスリックタイヤで走行を続けた。

 トップの笹原は、残り5分を切ったところでベストタイムをさらに更新する走りを披露。1分20秒863を叩き出し、2番手以下に0.7秒もの差をつけて、このセッションをトップで終えた。2番手には福住、3番手には山本が入りDOCOMO TEAM DANDELION RACING勢が上位に食い込んだ。

 結局、トップ6台がホンダ/M-TECエンジン勢が独占し、トヨタ/TRDエンジン勢では平川の7番手が最上位となった。

Read Also:

シェア
コメント
スーパーフォーミュラ第7戦富士|専有走行タイム結果

前の記事

スーパーフォーミュラ第7戦富士|専有走行タイム結果

次の記事

SF第7戦富士|予選Q1のグループ分け発表。王座を争う山本はA組、平川はB組から出走

SF第7戦富士|予選Q1のグループ分け発表。王座を争う山本はA組、平川はB組から出走
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント 第7戦:富士
執筆者 吉田知弘