WSBKのラズガットリオグル、MotoGPバイク初テストに「R1とは全く違っていた」

スーパーバイク世界選手権の2021年王者であるトプラク・ラズガットリオグルが、ヤマハのMotoGPマシン”YZR-M1”をモーターランド・アラゴンでテストした。

WSBKのラズガットリオグル、MotoGPバイク初テストに「R1とは全く違っていた」
Listen to this article

 2021年のスーパーバイク世界選手権(WSBK)王者であるヤマハのトプラク・ラズガットリオグルが、MotoGPマシンのYZR-M1をテストしたが、自身が普段乗っているマシンとはフィーリングが大きく異なっていたようだ。

 WSBKでのタイトル獲得の”ご褒美”として以前から計画されていたラズガットリオグルのMotoGPマシンのテスト。6月21日にモーターランド・アラゴンでそのテストが実施され、ラズガットリオグルがM1を走らせた。なお午後は雨に降られてしまったことで走行は短縮されたものの、合計40周を走った。 

 また今回のテストには、ヤマハのテストライダーを務めるカル・クラッチローも参加。ラズガットリオグルはこのベテランライダーからアドバイスを受けつつ走行した。

「ヤマハのMotoGPマシンであるM1を初めて試した1日になったけど、(WSBKで走らせている)僕のYZF-R1とは全く違っていたよ」

 ラズガットリオグルはそう語る。

「パワーはより出ているし、電子制御も異なっていて、シームレスギヤボックスもある。僕にとっては全てが新しいモノだった」

「1周するごとに多くのことを学んでいった。WSBKマシンから、MotoGPマシンへと適応するのは簡単じゃなかったね」

「幸運なことに、僕にはカル・クラッチローがついてくれいたから、彼にアドバイスを貰うことができた。すごく助けになってくれた」

「バイクは良い感じだった。特にストレートはとても速くて、カーボンブレーキも興味深い経験だった」

「今日は本当に暑くて、最初に12周を走ったあとは5~6周ずつバイクのフィーリングを掴んでいった。MotoGPバイクをテレビで見ていても、ここアラゴンがちょっと(路面が)バンピーなのは分かるけど、今日はそれを感じられた」

「そんなに酷くはないんだけど、アクセルを開きっぱなしにし続ける必要があるんだ。アクセルを戻そうものなら、もっと不安定になってしまうからね」

「雨が降ったせいで、午後は思ったよりも走行は短くなってしまったけれど、全体としてとてもポジティブなテストだった。MotoGPバイクのライディングを本当に楽しんだし、この機会を与えてくれたヤマハに感謝したい」

 このMotoGPマシンのテストは、ラズガットリオグルのMotoGP転向へ向けた評価とも考えられてきた。しかし5月末にサテライトチームのRNFが来季からアプリリアへと乗り換えることが発表され、2023年にヤマハはファクトリーチームのみでMotoGPに参戦することになったため、ラズガットリオグルのMotoGP転向の可能性は白紙となってしまった。

 
Read Also:

シェア
コメント

元MotoGPライダーのペトルッチ、2023年WSBK参戦の可能性? ドゥカティ首脳が認める

中上貴晶、2023年WSBK転向はナシか? HRCはレクオナとビエルへ継続起用の予定

最新ニュース

スーパーGT、大阪オートメッセ2023の出展情報を公開。GT300チャンピオン車両やドライバートークショーを予定

スーパーGT、大阪オートメッセ2023の出展情報を公開。GT300チャンピオン車両やドライバートークショーを予定

SGT スーパーGT

スーパーGT、大阪オートメッセ2023の出展情報を公開。GT300チャンピオン車両やドライバートークショーを予定 スーパーGT、大阪オートメッセ2023の出展情報を公開。GT300チャンピオン車両やドライバートークショーを予定

インディカーにも、テスト削減とシミュレータ増加の波。パジェノー「ドライバーにとってはちょっと残念」

インディカーにも、テスト削減とシミュレータ増加の波。パジェノー「ドライバーにとってはちょっと残念」

Indy IndyCar

インディカーにも、テスト削減とシミュレータ増加の波。パジェノー「ドライバーにとってはちょっと残念」 インディカーにも、テスト削減とシミュレータ増加の波。パジェノー「ドライバーにとってはちょっと残念」

HOPPY team TSUCHIYA、2023年は菅波冬悟と野中誠太の若手コンビを起用。GRスープラ“ホピ子”でのスーパーGT参戦は2年目に

HOPPY team TSUCHIYA、2023年は菅波冬悟と野中誠太の若手コンビを起用。GRスープラ“ホピ子”でのスーパーGT参戦は2年目に

SGT スーパーGT

HOPPY team TSUCHIYA、2023年は菅波冬悟と野中誠太の若手コンビを起用。GRスープラ“ホピ子”でのスーパーGT参戦は2年目に HOPPY team TSUCHIYA、2023年は菅波冬悟と野中誠太の若手コンビを起用。GRスープラ“ホピ子”でのスーパーGT参戦は2年目に

プライベートジェットへのシミュレータ設置は”マルコの誤解”。フェルスタッペン「流石に無茶」と一笑に付す

プライベートジェットへのシミュレータ設置は”マルコの誤解”。フェルスタッペン「流石に無茶」と一笑に付す

F1 F1

プライベートジェットへのシミュレータ設置は”マルコの誤解”。フェルスタッペン「流石に無茶」と一笑に付す プライベートジェットへのシミュレータ設置は”マルコの誤解”。フェルスタッペン「流石に無茶」と一笑に付す