WSBK王者ジョナサン・レイでも、マルケス兄との直接対決は御免?
WSBK6連覇のレイ「今季始めには予想できなかった」
クラッチロー、WSBK転向に「興味なし」
ペトルッチ、WSBK転向なら活躍は確実?
WSBKのラズガットリオグル、MotoGPから関心

スーパーバイク世界選手権で史上初の6連覇を達成したジョナサン・レイだが、彼はMotoGPのマルク・マルケスのような人物と直接相対せずにすんでいるのは幸いだと語った。

スーパーバイク世界選手権(WSBK)で前人未到の6連覇を達成したカワサキのジョナサン・レイ。彼はシーズン開始時にこの偉業を達成できるとは考えていなかったと語った。

アレックス・マルケスのLCRホンダ加入によってシート喪失が確実視されているカル・クラッチロー。彼はホンダのスーパーバイク世界選手権(WSBK)移籍について、「興味がない」と語った。

MotoGPのドゥカティファクトリーチームからの離脱が明らかとなっているダニーロ・ペトルッチだが、古巣プラマックのチーム代表はペトルッチならばスーパーバイク世界選手権へ転向しても活躍できると太鼓判を押した。

スーパーバイク世界選手権にヤマハから参戦するトプラク・ラズガットリオグルだが、彼のマネージャーはMotoGPのファクトリーチームからオファーがあれば転向もあり得ると語った。

キャミア、度重なる怪我でモチベーション減退。マネジメント転向の一因に

スーパーバイク世界選手権で現役を退き、ホンダのチームマネージャーに就任したレオン・キャミア。彼はこの3年で負った数々の怪我により、トップレベルでのレースを続けるモチベーションを失ってしまったと語った。

レオン・キャミア、ホンダWSBKチームマネージャーに就任「新しい挑戦の始まりが楽しみ」

ホンダはスーパーバイク世界選手権の新たなチームマネージャーとして、レオン・キャミアが就任することを発表した。

WSBK王者ジョナサン・レイでも、MotoGPのマルケス兄と直接対決は御免?

スーパーバイク世界選手権で史上初の6連覇を達成したジョナサン・レイだが、彼はMotoGPのマルク・マルケスのような人物と直接相対せずにすんでいるのは幸いだと語った。

ティト・ラバト、2021年はWSBK転向。ドゥカティサテライトと契約締結

2020年限りでMotoGPでのシートを失ったティト・ラバト。彼は2021年にスーパーバイク世界選手権へ転向。バリーニ・ドゥカティから参戦することになった。

史上初のWSBK6連覇果たしたジョナサン・レイ「今季始めには予想できなかった」

スーパーバイク世界選手権(WSBK)で前人未到の6連覇を達成したカワサキのジョナサン・レイ。彼はシーズン開始時にこの偉業を達成できるとは考えていなかったと語った。

ヤマハ、2021年のWSBK体制を発表。野左根航汰がGRTヤマハに加入へ

ヤマハは2021年のスーパーバイク世界選手権のチーム体制を発表。ファクトリーチームにWSSP王者のアンドレア・ロカテッリが加入し、GRT Yamaha WorldSBK Junior Teamには日本のJSB1000を戦っている野左根航汰が加入することが明らかにされた。

クラッチロー、WSBK転向には「興味なし」MotoGPでキャリア継続を望む

アレックス・マルケスのLCRホンダ加入によってシート喪失が確実視されているカル・クラッチロー。彼はホンダのスーパーバイク世界選手権(WSBK)移籍について、「興味がない」と語った。

“自由な”レディングはMotoGPに向いていなかった? WSBK移籍は大成功か

2020年はスーパーバイク世界選手権に参戦するスコット・レディングだが、古巣プラマックのチーム代表はレディングはMotoGPの“プロフェッショナルな側面”に苦戦していたため、WSBKの方が彼により合致していると考えている。

「ペトルッチはWSBKでもトップ争いができる」プラマック代表、卒業生に太鼓判

MotoGPのドゥカティファクトリーチームからの離脱が明らかとなっているダニーロ・ペトルッチだが、古巣プラマックのチーム代表はペトルッチならばスーパーバイク世界選手権へ転向しても活躍できると太鼓判を押した。

WSBK参戦のラズガットリオグル、MotoGPからも熱視線。ファクトリーチームなら転向も?

スーパーバイク世界選手権にヤマハから参戦するトプラク・ラズガットリオグルだが、彼のマネージャーはMotoGPのファクトリーチームからオファーがあれば転向もあり得ると語った。

ホンダSBKのバウティスタ、新型のポテンシャルを確信。引き出せているのは30%?

スーパーバイク世界選手権にワークス体制を復活させたホンダだが、ライダーのアルバロ・バウティスタによると新型マシンはまだ30%の状態だという。

WSBK王者のジョナサン・レイ、ヘルメットメーカー選びは“父親譲り”

スーパーバイク世界選手権で5年連続王者に輝いているジョナサン・レイ。彼はAraiのヘルメットを使用しているが、その選択にはマン島TTレースの勝者である父親の影響があったようだ。

WSBKオーストラリア:アレックス・ロウズ、カワサキで初優勝。高橋巧はトラブルに泣く Phillip Island
ビデオ・インサイド

WSBKオーストラリア:アレックス・ロウズ、カワサキで初優勝。高橋巧はトラブルに泣く

2020年のスーパーバイク世界選手権開幕戦オーストラリアラウンドが行なわれた。レース1、スーパーポールレース、レース2を通じて速さを示したのは今季からカワサキへ加入したアレックス・ロウズだった。

ホンダWSBKの勝利は“時間の問題”? バウティスタ「目標は勝利のみ」

2020年、スーパーバイク世界選手権の世界に、ホンダはワークス体制で戻ってきた。全く新しいバイクを携えて挑む新シーズンとなるが、ライダーのアルバロ・バウティスタは勝利は時間の問題だと語った。

WSBKワークス復活のホンダ、新型CBR1000RR-Rのカラーリングを公開

ホンダは2020年のスーパーバイク世界選手権の参戦体制を発表。ワークス体制のTeam HRCはアルバロ・バウティスタ、レオン・ハスラムの2名、サテライトチームは高橋巧とジョルディ・トーレスの組み合わせでレースへ挑む。

“6連覇”目指すジョナサン・レイ擁するカワサキ、2020年のマシンカラーを披露

スーパーバイク世界選手権に参戦するカワサキは、2020年のチームローンチイベントを開催。ジョナサン・レイと共に6年連続のタイトル獲得を目指すマシンカラーリングを披露した。

ホンダWSBK、新型マシン開発は道半ばも手応えあり?「本当に楽しみ」とハスラム

ホンダはWSBKに新型マシンCBR1000RR-Rを投入。開幕前に2度のテストを行なったが、レオン・ハスラムによると依然としてテストすべき項目は多く、微調整には至っていないということだ。

BMW、MotoGP参戦には否定的。ブランディング効果が“労力”に見合わない?

BMWのオートバイ部門CEOを務めるマーカス・シュラムは、MotoGPへの参戦には十分な投資効果が無く、スーパーバイク世界選手権への参戦が重要だと語った。

「アプリリアはWSBKを続けるべきだった」引退メランドリ、翻弄された古巣にチクリ

アプリリアからMotoGPとWSBKに参戦した経験のあるマルコ・メランドリは、アプリリアがスーパーバイクの世界に留まるべきだったと自論を展開した。

高橋巧、WSBK挑戦へ。ホンダが2020年の2輪モータースポーツ参戦体制を発表

ホンダはイタリアで開催されているEICMA2019で、2020年の2輪モータースポーツ活動の参戦体制を発表。高橋巧がスーパーバイク世界選手権へ参戦することが分かった。

最新アプリ登場!
今すぐダウンロード

Motorsport.comアプリは、お気に入りのレースシリーズのすべての情報を提供し、最高のコンテンツと結果、特別な機能、統計などに直接アクセスすることができます。