フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ 日付
45 articles
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……
日付

wsbk News and Analysis

グリッド
リスト

WSBKのラズガットリオグル、MotoGPバイク初テストに「R1とは全く違っていた」

スーパーバイク世界選手権の2021年王者であるトプラク・ラズガットリオグルが、ヤマハのMotoGPマシン”YZR-M1”をモーターランド・アラゴンでテストした。

元MotoGPライダーのペトルッチ、2023年WSBK参戦の可能性? ドゥカティ首脳が認める

ドゥカティは現在MotoAmericaに参戦中のダニーロ・ペトルッチを、2023年にスーパーバイク世界選手権へ移籍させることを検討している。

WSBK王者ラズガットリオグルのMotoGP挑戦、RNFのサテライト離脱で白紙へ……

ヤマハは現在WSBK参戦中のトプラク・ラズガットリオグルについて、2023年のMotoGP挑戦の可能性は無いと語っている。

勝利が遠いホンダWSBK、MotoGPスタイルのテスト制限緩和を希望?

ホンダWSBKのチームマネージャーを務めるレオン・キャミアは、WSBKにおいてMotoGPスタイルのテスト緩和措置を適用することが良いのではないかと考えている。

ダカール経験したペトルッチ、再びロードレース復帰か? 2月にドゥカティからWSBKテスト参加

2022年のダカール・ラリーでステージ優勝も達成したダニーロ・ペトルッチ。彼は2月にWSBKのテストに参加する予定で、その後はMotoAmericaへ参戦することが予想されている。

ジョナサン・レイ「今MotoGPは黄金期」ワイルドカードでの”勝利”は二度と起こらないと指摘

MotoGPでは2006年にトロイ・ベイリスが最後に優勝して以来、ワイルドカード参戦ライダーが勝利できずにいる。この状況に対し、WSBKで6度の世界タイトルを手にしているジョナサン・レイは自身の見解を示した。

レイ、6年ぶりゼッケン65番は「サッパリとした気分」2022年に”1番”奪還を目指す

2021年のWSBKで連覇記録が途切れたジョナサン・レイ。最終戦インドネシアのレース2終了後には久しぶりにゼッケン65番となった姿を見せたが、初めてチャンピオンになったときのことを思い出したと話している。

ジョナサン・レイ、WSBK王座陥落も「悔いはない」新王者ラズガットリオグルを称賛

2021年のスーパーバイク世界選手権でカワサキのジョナサン・レイはタイトル防衛に失敗。ヤマハのトプラク・ラズガットリオグルに王座を明け渡し、連覇記録が途絶えてしまったが、彼は「悔いはない」と語っている。

トプラク・ラズガットリオグル、WSBK初王座に輝く! ヤマハ戴冠は09年ベン・スピーズ以来

2021年のスーパーバイク世界選手権最終戦インドネシアで、ヤマハのトプラク・ラズガットリオグルがチャンピオンに輝いた。

ジョナサン・レイ、ラズガットリオグルのMotoGP転向説に警鐘「10年前とは何もかも違う」

2023年にトプラク・ラズガットリオグルがWSBKからMotoGPへ転向するという噂があるが、WSBK王者のジョナサン・レイは、WSBKからMotoGPへシームレスに移行できる時代は終わったと考えている。

ホンダWSBK、2022年は現テック3のイケル・レクオナとMoto2のビエルゲを起用

ホンダは2022年のスーパーバイク世界選手権Team HRCのライダーとして、イケル・レクオナとチャビ・ビエルゲを起用すると発表した。

ラズガットリオグル、2023年MotoGP転向はある? 「ファクトリーマシンや良い契約が必要」

スーパーバイク世界選手権に参戦中のトプラク・ラズガットリオグルには、これまで何度かMotoGP転向の噂が出ているが、彼は転向する場合には、ファクトリーマシンが使用できることや、良い契約がなければならないと語った。

ロッシ「ジョナサン・レイにMotoGP参戦のいいチャンスがなかったのは残念」

バレンティーノ・ロッシはスーパーバイク世界選手権で6度タイトルを獲得しているジョナサン・レイが、MotoGPでの良いチャンスを得られなかったことは残念だと語った。

ヤマハWSBK、野左根航汰との2022年契約延長の方向で調整中「チャンスを与えることがフェア」

スーパーバイク世界選手権に2021年シーズンから参戦している野左根航汰。ヤマハは野左根との2022年シーズンの契約延長に向けて動いていることが分かった。

WSBKポイントリーダーのラズガットリオグル、2023年にMotoGP参戦か? シーズン終了後にはテスト予定

スーパーバイク世界選手権で現在ポイントリーダーに立つトプラク・ラズガットリオグルは、MotoGPに参戦する可能性があるとするもそれは2023年以降の話だとした。

【訃報】ディーン・ベルタ・ビニャーレスがWSBKサポートレースで事故死。MotoGPライダー、マーベリックの従兄弟

MotoGPライダー、マーベリック・ビニャーレスの従兄弟であるディーン・ベルタ・ビニャーレスが、ワールド・スーパースポーツ300のレース中の事故によりこの世を去った。

ヤマハWSBK、ラズガットリオグルと2年の契約延長を発表。MotoGP転向の噂は消滅へ

ヤマハはスーパーバイク世界選手権に参戦中のトプラク・ラズガットリオグルと2年間の契約延長で合意。これによりMotoGP転向の噂も収束に向かうことになった。

キャミア、度重なる怪我でモチベーション減退。マネジメント転向の一因に

スーパーバイク世界選手権で現役を退き、ホンダのチームマネージャーに就任したレオン・キャミア。彼はこの3年で負った数々の怪我により、トップレベルでのレースを続けるモチベーションを失ってしまったと語った。

レオン・キャミア、ホンダWSBKチームマネージャーに就任「新しい挑戦の始まりが楽しみ」

ホンダはスーパーバイク世界選手権の新たなチームマネージャーとして、レオン・キャミアが就任することを発表した。

WSBK王者ジョナサン・レイでも、MotoGPのマルケス兄と直接対決は御免?

スーパーバイク世界選手権で史上初の6連覇を達成したジョナサン・レイだが、彼はMotoGPのマルク・マルケスのような人物と直接相対せずにすんでいるのは幸いだと語った。

ティト・ラバト、2021年はWSBK転向。ドゥカティサテライトと契約締結

2020年限りでMotoGPでのシートを失ったティト・ラバト。彼は2021年にスーパーバイク世界選手権へ転向。バリーニ・ドゥカティから参戦することになった。

史上初のWSBK6連覇果たしたジョナサン・レイ「今季始めには予想できなかった」

スーパーバイク世界選手権(WSBK)で前人未到の6連覇を達成したカワサキのジョナサン・レイ。彼はシーズン開始時にこの偉業を達成できるとは考えていなかったと語った。

ヤマハ、2021年のWSBK体制を発表。野左根航汰がGRTヤマハに加入へ

ヤマハは2021年のスーパーバイク世界選手権のチーム体制を発表。ファクトリーチームにWSSP王者のアンドレア・ロカテッリが加入し、GRT Yamaha WorldSBK Junior Teamには日本のJSB1000を戦っている野左根航汰が加入することが明らかにされた。

クラッチロー、WSBK転向には「興味なし」MotoGPでキャリア継続を望む

アレックス・マルケスのLCRホンダ加入によってシート喪失が確実視されているカル・クラッチロー。彼はホンダのスーパーバイク世界選手権(WSBK)移籍について、「興味がない」と語った。

“自由な”レディングはMotoGPに向いていなかった? WSBK移籍は大成功か

2020年はスーパーバイク世界選手権に参戦するスコット・レディングだが、古巣プラマックのチーム代表はレディングはMotoGPの“プロフェッショナルな側面”に苦戦していたため、WSBKの方が彼により合致していると考えている。

「ペトルッチはWSBKでもトップ争いができる」プラマック代表、卒業生に太鼓判

MotoGPのドゥカティファクトリーチームからの離脱が明らかとなっているダニーロ・ペトルッチだが、古巣プラマックのチーム代表はペトルッチならばスーパーバイク世界選手権へ転向しても活躍できると太鼓判を押した。

WSBK参戦のラズガットリオグル、MotoGPからも熱視線。ファクトリーチームなら転向も?

スーパーバイク世界選手権にヤマハから参戦するトプラク・ラズガットリオグルだが、彼のマネージャーはMotoGPのファクトリーチームからオファーがあれば転向もあり得ると語った。

ホンダSBKのバウティスタ、新型のポテンシャルを確信。引き出せているのは30%?

スーパーバイク世界選手権にワークス体制を復活させたホンダだが、ライダーのアルバロ・バウティスタによると新型マシンはまだ30%の状態だという。

WSBK王者のジョナサン・レイ、ヘルメットメーカー選びは“父親譲り”

スーパーバイク世界選手権で5年連続王者に輝いているジョナサン・レイ。彼はAraiのヘルメットを使用しているが、その選択にはマン島TTレースの勝者である父親の影響があったようだ。

WSBKオーストラリア:アレックス・ロウズ、カワサキで初優勝。高橋巧はトラブルに泣く Phillip Island
ビデオ・インサイド

WSBKオーストラリア:アレックス・ロウズ、カワサキで初優勝。高橋巧はトラブルに泣く

2020年のスーパーバイク世界選手権開幕戦オーストラリアラウンドが行なわれた。レース1、スーパーポールレース、レース2を通じて速さを示したのは今季からカワサキへ加入したアレックス・ロウズだった。

ホンダWSBKの勝利は“時間の問題”? バウティスタ「目標は勝利のみ」

2020年、スーパーバイク世界選手権の世界に、ホンダはワークス体制で戻ってきた。全く新しいバイクを携えて挑む新シーズンとなるが、ライダーのアルバロ・バウティスタは勝利は時間の問題だと語った。

WSBKワークス復活のホンダ、新型CBR1000RR-Rのカラーリングを公開

ホンダは2020年のスーパーバイク世界選手権の参戦体制を発表。ワークス体制のTeam HRCはアルバロ・バウティスタ、レオン・ハスラムの2名、サテライトチームは高橋巧とジョルディ・トーレスの組み合わせでレースへ挑む。

“6連覇”目指すジョナサン・レイ擁するカワサキ、2020年のマシンカラーを披露

スーパーバイク世界選手権に参戦するカワサキは、2020年のチームローンチイベントを開催。ジョナサン・レイと共に6年連続のタイトル獲得を目指すマシンカラーリングを披露した。

ホンダWSBK、新型マシン開発は道半ばも手応えあり?「本当に楽しみ」とハスラム

ホンダはWSBKに新型マシンCBR1000RR-Rを投入。開幕前に2度のテストを行なったが、レオン・ハスラムによると依然としてテストすべき項目は多く、微調整には至っていないということだ。

BMW、MotoGP参戦には否定的。ブランディング効果が“労力”に見合わない?

BMWのオートバイ部門CEOを務めるマーカス・シュラムは、MotoGPへの参戦には十分な投資効果が無く、スーパーバイク世界選手権への参戦が重要だと語った。

「アプリリアはWSBKを続けるべきだった」引退メランドリ、翻弄された古巣にチクリ

アプリリアからMotoGPとWSBKに参戦した経験のあるマルコ・メランドリは、アプリリアがスーパーバイクの世界に留まるべきだったと自論を展開した。

高橋巧、WSBK挑戦へ。ホンダが2020年の2輪モータースポーツ参戦体制を発表

ホンダはイタリアで開催されているEICMA2019で、2020年の2輪モータースポーツ活動の参戦体制を発表。高橋巧がスーパーバイク世界選手権へ参戦することが分かった。

カワサキから鈴鹿8耐メンバーのレオン・ハスラムが離脱。後任はアレックス・ロウズ?

スーパーバイク世界選手権に参戦するカワサキは、今季限りでレオン・ハスラムがチームを離れる事を発表。後任はアレックス・ロウズではないかと見られている。

バウティスタ、来季はホンダからWSBK参戦へ。HRCと契約合意を発表

HRCは、アルバロ・バウティスタと2020年のライダー契約を結んだことを発表した。

引退発表のマルコ・メランドリ、MotoEには興味あり?

現役引退を公表したマルコ・メランドリは、今シーズンから新たに開始された電動バイクレースMotoEについて興味を持っているようだ。

快進撃のドゥカティに回転数制限が発動……バウティスタ常勝に歯止め?

FIMはドゥカティ・パニガーレV4Rの回転数上限を250rpm下げ、16,100rpmとするレギュレーションの更新を明らかにした。

スーパーバイクをテストしたハミルトン、”速すぎて”周囲が心配した?

ヤマハのファン・デル・マークは、スーパーバイクのテストに参加したハミルトンのスピードを懸念し、彼を遅くさせようとしていたと明かした。

フォトギャラリー:F1王者ハミルトン、スーパーバイクのテストに参加

F1王者のルイス・ハミルトンは、へレスで行われたスーパーバイクのテストに参加。ヤマハYZF-R1を走らせた。

ニッキー・ヘイデン、サイクリング中の事故で死去

交通事故に遭い治療を受けていた元MotoGP王者のニッキー・ヘイデンが、5月22日(月)に亡くなった。享年35歳だった。

ニッキー・ヘイデン:1981-2017

2006年のMotoGPチャンピオンであるニッキー・ヘイデンが亡くなった。35歳だった。