F1
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
28 11月
-
01 12月
イベント 進行中 . . .
MotoGP
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
スーパーGT
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
26 10月
-
27 10月
イベントは終了しました

ゲルハルト・ベルガー、DTMの電動化に反対「我々のDNAに反する」

シェア
コメント
ゲルハルト・ベルガー、DTMの電動化に反対「我々のDNAに反する」
執筆:
2019/07/06 9:42

ゲルハルト・ベルガーは、DTMには電動化が必要だというニコ・ロズベルグの意見はシリーズのDNAに反するものだと考えている。

 2016年のF1ワールドチャンピオンであるニコ・ロズベルグは、自動車産業が完全に電気自動車に依存し始めた場合には、DTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)も電動パワートレインの導入を検討すべきだという意見を示した。

Read Also:

 DTMは現在、スーパーGTと統一のクラス1規定が採用されている。また、2021年もしくは2022年から共通のハイブリッド・エレメントを追加導入するのではないかと見られている。

 こうした動きはマニュファクチャラー、そしてスポンサーの後押しの結果と言える。しかしDTMを運営するITRの代表、ゲルハルト・ベルガーは電動化を好んでおらず、ロズベルグの意見に次のように反論した。

「我々が核としているのは見応えのあるレースをすることだ。私は電気技術を駆使したレースでそういったものを見たことがない。見応えがないレースという言い方は適切ではないかもしれないが、とにかく遅いんだ」

「(電力チャージまでの)走行距離が短いし、F3のマシンよりも遅い。F1のようなカテゴリーを目指している我々にとっては方向性の違うものだ」

「それは我々のDNAに反するものだ。電動のツーリングカーがあってはいけないということではないが、DTMはそれとは違う。我々のDNAとは異なっているんだ」

 アウディとBMWはともにフォーミュラEに参戦しており、2025年までにアウディは30種、BMWは25種の電気自動車の生産を計画している。

 アウディスポーツの代表、ディーター・ガスはmotorsport.comに対し、DTMの電動化は“どのくらい将来を見据えているか”にかかっていると語った。

「私はDTMがすぐに電動化するようには思えない」

 また、DTMのハイブリッド移行の動きについて、アウディにとって満足のいくものだったかを尋ねられると、ガスはこう返した。

「まさしくそうだ。それは我々にとっても最初の一歩になるだろう」

 一方のBMWは、フォーミュラEの存在と、パワートレインに関する自社のモータースポーツプロジェクトの必要性を指摘した。

 BMWのモータースポーツディレクターを務めるジェンス・マーコートは次のように語った。

「我々はフォーミュラEに参戦している。そして現在はグローバルな展開を視野に入れている。その点でBMWが行っていることは、柔軟性を持つための準備であると言える」

 クラス1規定がDTMとスーパーGTをより近付ける意図で定められたにも関わらず、DTMがハイブリッドを導入することになれば、潜在的に2者が対立する可能性が出てくるとも言える。

 スーパーGT側のスタンスとしては、ハイブリッド化よりもDTMとの整合性を保つことを優先事項としている。DTMのハイブリッド化がこれらの提携に支障をきたすのではないかという問いに対し、ベルガーはこう語った。

「我々(DTMとスーパーGT)はそれについて協議中だ」

「私はハイブリッドがあまり好きではないが、これはマニュファクチャラー側からの要望なんだ」

「日本のマニュファクチャラーが(ハイブリッド化を)望まないのであれば、それは驚きだ。我々には議論する時間がある」

Read Also:

Gerhard Berger, ITR Chairman

Gerhard Berger, ITR Chairman

Photo by: Alexander Trienitz

次の記事
ベルガー、アロンソのDTMゲスト参戦を期待「実は話をしたことがある」

前の記事

ベルガー、アロンソのDTMゲスト参戦を期待「実は話をしたことがある」

次の記事

DTM代表ゲルハルト・ベルガー、モナコでのレース開催を「夢見ている」

DTM代表ゲルハルト・ベルガー、モナコでのレース開催を「夢見ている」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ DTM
執筆者 Tom Errington