執筆者

Tom Errington

Latest articles by Tom Errington

グリッド
リスト

「彼無しで成功はなかった」ラウダの死を悼むハミルトン、過去のメッセージは“宝物”か

メルセデスのルイス・ハミルトンは、2019年5月に亡くなったニキ・ラウダとのやり取りを、今でも見返していると明かし、“彼無しでは成功しなかった”と語った。

F1王者ハミルトン、MotoGPの伝説ロッシが愛機を交換。バレンシアでランデブー

6度のF1王者であるルイス・ハミルトンと、7度MotoGPを制したバレンティーノ・ロッシが、マシンを交換して走行を行なった。

アストンマーチン、DTMでBMWのエンジン使用? SGTの3メーカーに問い合わせナシ

アストンマーチン・バンテージDTMを走らせるR-モータースポーツに、スーパーGTのメーカーがエンジンを供給する可能性は低いようだ。

アストンマーチンCEO、GT500参戦へ前向き?「検討すべき多くの理由がある」

アストンマーチンのCEOであるアンディ・パーマーは、スーパーGTのGT500クラス参戦を検討するだけの”多くの理由”があると語る。

王者ラストがRace1予選PP、スーパーGT勢ではバトンが大健闘の6番手を獲得

2019DTM最終戦ホッケンハイム。Race1公式予選ではレネ・ラスト(アウディ)がポールポジションを獲得した。

DTMに挑戦するスーパーGT勢。対峙の”鍵”はやはりハンコックタイヤへの理解

DTMのホッケンハイム戦にゲスト参戦しているスーパーGT勢。ジェンソン・バトンとニック・キャシディは、初めて使うハンコックタイヤを理解することが重要だと語った。

DTMホッケンハイム:金曜FPはウィットマン首位。SGT勢はバトン15番手が最上位

DTM最終戦ホッケンハイムの金曜フリー走行は、BMWのマルコ・ウィットマンが首位。スーパーGT勢はホンダのジェンソン・バトンが最上位だった。

“不屈の鉄人”ザナルディ、BMWから『スーパーGT×DTM特別交流戦』に参戦決定!

元F1ドライバーでCARTのチャンピオンでもあるアレッサンドロ・ザナルディが、BMWのドライバーとして『スーパーGT×DTM特別交流戦』に参戦することが明らかとなった。

ル・マン24時間ウォームアップ:7号車トヨタ、小林可夢偉が最速で決勝へ

トヨタ7号車の小林可夢偉が、ル・マン24時間のウォームアップ走行で最速ラップを記録。まもなく決勝スタートを迎えるが、好調さを維持している。

DTM、2021年もしくは2022年にハイブリッドパワーへ移行か?

スーパーGTとの統一レギュレーション”クラス1”規定に沿ったエンジンを今季から導入したDTM。運営するITRの代表であるゲルハルト・ベルガーは、ハイブリッドパワーを追加することを検討していると明かした。

ファステストラップを巡る盛り上がりは予想通り……F1改革に自信を覗かせるロス・ブラウン

ロス・ブラウンはオーストラリアGPの終盤を“ファステストラップポイント”の導入により盛り上がったと語っている。

フェルスタッペン、”ペナルティは不公平”と主張「スペースを残した」

ボッタスとの接触により5秒ペナルティを科されたフェルスタッペンは、このペナルティは不公平だと主張している。

DTMとスーパーGTが“クラス1”規定完成を発表。来年の交流戦も決定

DTMとスーパーGTが進めてきた「クラス1」規定が完成。2019年に2回の交流戦を行うことが決定した。

WEC、2024年のル・マンから『燃料電池クラス』の導入を計画

WECは、2024年のル・マン24時間レースから燃料電池クラスを新設する計画であることを明かした。

アロンソ「インディ500のように、ル・マンでも優勝を逃すかと恐れた」

アロンソは、昨年出場したインディ500のように、レース終盤にル・マンで優勝を逃すことを恐れていたと明かした。

WEC、2020年導入の新LMP1規則の概要を発表。予算75%減を狙う

WECは、2020年に導入される予定の新LMP1クラスのレギュレーションについて、その概要を発表した。

ホンダ、インディ500でキャパシティの”限界”超えた19台にエンジン供給

ホンダは、今年のインディ500にエントリーする19台に対し、他シリーズからのサポートを受けながら全力で支援すると約束した。

アンドレッティ「F1は純粋なフォーミュラカーになる好機を逃した」

F1王者であり、インディカーで4度チャンピオンに輝いたマリオ・アンドレッティは、F1マシンが進む方向性を批判している。