F1
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
28 8月
イベントは終了しました
17 8月
イベントは終了しました
25 9月
FP3 まで
12 時間
:
28
:
27
09 10月
次のセッションまで……
13 days
23 10月
次のセッションまで……
27 days
31 10月
次のセッションまで……
35 days

フェラーリ、F1参戦1000レース目となるムジェロに特別カラーリングを用意

シェア
コメント
フェラーリ、F1参戦1000レース目となるムジェロに特別カラーリングを用意
執筆:
, Grand prix editor
協力: Franco Nugnes

フェラーリは次のグランプリでF1参戦1000レース目を迎える。これを記念して同チームは、マシンに特別カラーリングを施すことになるという。

 今季ここまで8戦を終えたF1世界選手権。次の第9戦は”トスカーナ・フェラーリ1000・ムジェロGP”という名称で行なわれることになっている。その名の通り、フェラーリはこのグランプリでF1参戦1000レース目を迎える。同チームはこれを記念して、レトロな特別仕様カラーリングをマシンに施すようだ。

Read Also:

 motorsport.comの取材によれば、セバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールが乗るフェラーリSF1000は、いつもより濃い赤で塗られ、1950年代のフェラーリF1マシンを彷彿させるカラーリングが施されるという。

 フェラーリがF1デビューを果たしたのは、F1世界選手権2戦目となる1950年のモナコGPである。このレースには3台のフェラーリ125が投入されたが、その時のカラーリングが再現されることになりそうだ。

 なおこのレースでは、アルベルト・アスカリの2位がフェラーリの最高位。レイモンド・ソマーが4位に入り、ルイジ・ビッロレージはリタイアしている。

 なお”トスカーナ・フェラーリ1000・ムジェロGP”の舞台となるムジェロは、フェラーリが所有するサーキット。しかも同社は今回のレースのタイトルスポンサーも務める。そして新型コロナウイルスの感染拡大以来初めて、グランドスタンドにはサポータークラブのメンバーではあるものの、観戦客を受け入れることが目指されている。

 イタリアGPでのフェラーリは、史上稀に見る大苦戦に見舞われた。予選では36年ぶりにモンツァでトップ10に入ることができず、ベッテルはレースの早い段階でブレーキのトラブルに見舞われてリタイア……さらにルクレールもパラボリカで大クラッシュを喫したのだ。チームはルクレールのシャシーを交換する必要があるかどうか、調査を行っている。

 チーム代表のマッティア・ビノットはこの結果について、「難しい週末における最悪の結果」だと呼んだ。

「予選の時点から、非常に難しい状況だった。しかし、レースを完走できないのはさらに悪いことだ。特にセブに関しては、信頼性の問題だった」

 そうビノット代表は語った。

「しかし、我々はページをめくり、これが教訓であったということを確実にし、進歩を期待する必要があると思う」

「来週には、重要なレースであるムジェロ……我々にとっての1000回目のグランプリだ。その週末に向けて、できる限りの準備をしていくつもりだ」

Read Also:

ノリス、赤旗中断中のタイヤ交換義務消化は”馬鹿げたルール”と批判

前の記事

ノリス、赤旗中断中のタイヤ交換義務消化は”馬鹿げたルール”と批判

次の記事

メルセデスが遅いなんて! 波乱のイタリアGP、リカルドはボッタスのペースに驚き

メルセデスが遅いなんて! 波乱のイタリアGP、リカルドはボッタスのペースに驚き
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム Scuderia Ferrari
執筆者 Luke Smith