【インディカー】ドライバー保護にスクリーンを検討しているインディ

副競技委員長であるビル・パパスは、インディカーはマシンにウインドスクリーンを付けるなどのコックピット保護策を検討中だと語った。

 インディカーの副競技委員長のビル・パパスは、インディアナポリスで行われたイベントで「フロントガラスのようなものを、現在我々は調査している。ドライバーの前方で何が起こっても彼らの頭を守れるような、ウインドスクリーンを導入することができるかどうか検討している。それらはディフレクター(偏向板)として機能するはずだ」と語った。

「ジャスティン(ウィルソン/2015年のポコノでのレースで、頭部に他車のパーツが直撃し死去)の事故について考えれば、(ドライバー保護策導入の)千載一遇の機会だ。フェリペ・マッサのアクシデント(2009年ハンガリーGPのプラクティス中、他車から外れたスプリングがヘルメットを直撃し、マッサは大怪我を負った)を思い返してみれば、もし彼の目の前にスクリーンのようなものがあったなら、おそらくスプリングをそらすことができただろう。だから、我々はこれが最も可能性の高い解決策だと考えている」

 現在のインディカーのダラーラ製のシャーシ、DW12にスクリーンを取り付ける可能性については、「ただスクリーンを取り付けただけで、対策をしたと言ってしまうミスを犯さないように、長い議論と調査が行われている」とパパスは語った。

「そうするのは間違ったことではない。しかし十分に研究され、分析された後に導入が決定されなければならない」

 使用されるマテリアルに関してパパスは「ジェット戦闘機に使われているものを考えている。いうまでもなく、それらは時速960km以上の速度で鳥のような”デブリ”の中を飛んでいるんだ」と語った。

「マテリアルはある。しかし問題なのは、どうやってレーシングカーに組み込んで邪魔にならず、扱いやすいものにするかだ」

 パパスは、ドライバーを完全に覆ってしまうような完全なキャノピーは検討されていないと語った。

「まず、インディカーはオープンホイールであり、オープンコックピットのレースカーであるし、その歴史がある」と彼は語った。

「チームやドライバーと話すと、彼らはオープンコックピットを維持したいと言う」

「もうひとつの側面は、これが最も重要だが、安全面だ。もし事故に遭った場合、ドライバーを救出する必要がある」

「もしキャノピーを導入した場合、それを開いてドライバーを救出するのにかかる時間を考えてみると、命を脅かす危険があるからだ」

【関連ニュース】

ハミルトン、エアロスクリーンは「好きではない」

レッドブル、エアロスクリーン搭載マシンを走らせる

「F1はエアロスクリーンを数週間以内に承認すべき」とレッドブル

”ハロ”と”エアロスクリーン”に大きな違いはない?

レッドブル、エアロスクリーンの開発を中止

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ IndyCar
記事タイプ 速報ニュース
タグ aeroscreen, bill pappas, cockpit protection, deflector