David Malsher
執筆者

David Malsher

Latest articles by David Malsher

グリッド
リスト

インディ500”リベンジ”を誓うパロウ。「今でも、昨年の映像を見るのが苦痛」

アレックス・パロウは、昨年のインディ500でエリオ・カストロネベスに敗れたことを振り返り、多くを学んだものの、その結果には未だ動揺していると明かした。

インディ500、プラクティス2日目は雨でお流れ。走行全くできずにキャンセルに

インディアナポリス・モータースピードウェイで、インディ500のプラクティスがスタートしたが、2日目は悪天候により走行が行なわれなかった。

インディ500”初日”最速の佐藤琢磨、オフシーズンのチームの仕事ぶりを称賛「素晴らしい仕事をしてくれた」

2022年のインディ500プラクティス1日目にトップタイムを記録した佐藤琢磨(デイル・コイン・レーシング with RWR)は、チームがオフシーズンの間に素晴らしい仕事をしてくれたと語った。

インディ500”3勝目”狙う佐藤琢磨、フリー走行1日目総合首位|2022年インディ500フリープラクティス1日目

佐藤琢磨が、2022年のインディ500プラクティス1日目でトップタイムをマーク。インディ500”3勝目”に向け好発進。デイル・コイン勢、チップ・ガナッシ勢が速さを見せた。

雨絡みの波乱を14番手スタートのハータが制す。佐藤琢磨は今季ベスト7位:インディカー第5戦インディGP

インディカー・シリーズ第5戦インディGPは、雨の中戦略的ギャンブルを成功させたコルトン・ハータが14番グリッドからの逆転優勝を果たした。

インディカー第5戦インディGP予選:パワーが今季初PP。佐藤琢磨は13番手で「複雑な心境」

インディカー・シリーズ第5戦インディGPの予選では、ウィル・パワーがポールポジションを獲得。佐藤琢磨は13番手だった。

アメリカからベッテルに熱烈ラブコール! レイホール「インディカーに移籍すれば“復活”するはず」

ボビー・レイホールは、セバスチャン・ベッテルが希望すればインディカーテストの機会を与えたいと考えている。

アメリカのF1ブームはインディカーに追い風か、逆風か? ロッシ「僕たちに欠けているのは話題作り」

インディカーに参戦しているアレキサンダー・ロッシは、F1マイアミGPに期待を寄せている一方で、アメリカでの存在感を増しているF1がインディカーにとって脅威であるとも認識している。

オワード、たった一度のチャンスを逃さず今季初勝利。佐藤琢磨は13位|インディカー第4戦アラバマ

インディカー第4戦アラバマの決勝レースは、パトリシオ・オワード(アロー・マクラーレンSP)が今季初優勝を挙げた。

インディ500テスト初日は、ピットロードでスピン多発。カストロネベスは”昨年の優勝車”でクラッシュ

インディ500のオープンテスト初日は、ピットロード出口でインシデントが3度起きたこともあって、45分早くセッション終了となった。

マクラーレン、インディカー3台体制の確立は2023年に延期か「時間をフルに使って準備をする」

アロー・マクラーレンSPはかねてからインディカーの参戦体制を3台に拡大することを目指しているが、今季はインディ500以外、その実現は難しそうだ。

インディ500テストのエントリーリスト発表。32人参加……佐藤琢磨3勝目を目指す

2022年のインディ500に向けたテストのエントリーリストが発表。全11チーム、32人のドライバーが参加することになった。佐藤琢磨は、同レース3勝目を目指す。

ハータが圧巻のレコード更新でポールポジション! 佐藤琢磨は下位に沈む|インディカー第3戦ロングビーチ

インディカー第3戦ロングビーチの予選が行なわれ、アンドレッティ・オートスポートのコルトン・ハータが圧巻のレコード更新でポールポジションを獲得した。

インディカー第2戦テキサス:0.0669秒差の劇的決着! ニューガーデン、最終コーナーで逆転勝利

インディカー第2戦テキサスは、スコット・マクログリンが248周中186周をリードしたが、最終コーナーで前に出たジョセフ・ニューガーデンが逆転優勝した。

インディカー、次世代パワートレイン導入を2024年に延期。2.4Lの新エンジン&ハイブリッド化を予定

インディカーは、ハイブリッドシステムのコンポーネント供給に遅れが発生しているとして、次世代パワートレイン導入を2024年に延期することを決定した。

佐藤琢磨、フリー走行で追突のグロージャンに憤慨「彼が何を考えていたのか分からない」

佐藤琢磨は、インディカー開幕戦セント・ピーターズバーグのフリー走行で追突してきたロマン・グロージャンを「彼が何を考えていたのか分からない」と非難。一方でグロージャンは、その意見に同意できないと反論した。

2024年からのF1参戦を目指すアンドレッティ。実現のためには”1ヵ月以内”にFIAからの回答が必要?

F1参戦を目指すマイケル・アンドレッティは、2024年から参戦するためには、FIAから来月中に回答が寄せられる必要があると語った。

F1はモータースポーツの頂点……でも世界一面白いのはインディカー! パワーとカストロネベスがその魅力を熱弁

インディカー・シリーズに長年参戦するウィル・パワーとエリオ・カストロネベスは、F1がモータースポーツの頂点であることは認識しているものの、インディカーの方がはるかに競争が激しく、ファンにとってもより良いものだと考えている。

元F1ドライバーのマグヌッセン、インディカーのスポット参戦も視野に? 名門チップ・ガナッシからテストに参加

マクラーレンやハースでF1を走ったケビン・マグヌッセンは、チップ・ガナッシ・レーシングからセブリングのショートコースで行なわれるインディカーのプレシーズンテストに参加した。

衰えを知らないエリオ・カストロネベス、46歳でデイトナ2連覇「情熱があるなら、ひたすら突き進むのみだ!」

デイトナ24時間レースで2連覇を達成したエリオ・カストロネベス。その喜びを興奮気味に語った。

デイトナ24時間:メイヤー・シャンク優勝でカストロネベス連覇達成。小林可夢偉の48号車は総合11位

2022年のデイトナ24時間レースが行なわれ、メイヤー・シャンク・レーシングのアキュラ60号車がトップでチェッカーを受けた。

コルトン・ハータ、F1挑戦も諦めず「インディカー以外にもやってみたいことがたくさんある」

アンドレッティ・オートスポートのドライバーとしてインディカー・シリーズを戦うコルトン・ハータは、F1参戦の大きなチャンスを逃したものの、まだ興味を持ち続けていると語った。

F1転向を視野に入れるオワード、スーパーライセンスのルールは「馬鹿げている」と語る

アロー・マクラーレンSPからインディカーに参戦するパトリシオ・オワードは、インディカーでの2022年タイトルを狙っているものの、同時にF1転向も視野に入れている。しかし、その選択肢はFIAスーパーライセンスが障壁になると考えている。

グロージャン、2021年のF1最終戦は「心臓がバクバクだった」と振り返る……メルセデスでのF1テストは今年中に実施予定

元F1ドライバーのロマン・グロージャンは、F1の2021年シーズンの劇的な幕切れを気に入っていると語った他、当初予定されていたメルセデスでのF1テストが実施されることを期待している。

インディ参戦決定のカルデロン「スーパーフォーミュラでの経験は大いに役立つ」将来的にはオーバル挑戦も?

2022年にA.J.フォイトからインディカー・シリーズにデビューすることになったタチアナ・カルデロンは、日本のスーパーフォーミュラを戦った経験を活かすことができると考えていると語った。

タチアナ・カルデロンのインディカーデビューが決定! A.J.フォイトからロード/ストリートの12戦に出走

タチアナ・カルデロンは、2022年のインディカーシリーズにA.J.フォイト・レーシングから参戦することが決まった。

ウィケンス、インディカー復帰はハードル高し?「他の選択肢を探ることに興味がある」

インディカーでの事故と、怪我からのリハビリを経てレース活動を再開するロバート・ウィケンスは、インディカーへの復帰は実現が難しいと語りながらも、他の選択肢を模索すると語った。

ポコノでの大事故から3年……ウィケンスがレース復帰! 特別仕様のヒュンダイをドライブ

インディカーで大事故に見舞われてから約3年、リハビリを続けてきたロバート・ウィケンスが、IMSAのミシュラン・パイロット・チャレンジでレース活動に復帰することになった。

リカルド・パトレーゼ、名将フランク・ウイリアムズを偲ぶ「彼と働けたのは名誉なこと」

かつてウイリアムズで活躍したリカルド・パトレーゼが、先日逝去したフランク・ウイリアムズとの思い出を語った。

メルセデスのFEコンビがインディカーをテストへ。デ・フリーズはメイヤー・シャンク、バンドーンはアロー・マクラーレンSPから参加

ニック・デ・フリーズとストフェル・バンドーンは、12月初旬にセブリングでインディカーをテストすることとなった。

アンドレッティによるアルファロメオF1買収計画、失敗に終わる? 要因は「チームのコントロールに関する問題」

アンドレッティ・オートスポートによるアルファロメオF1買収計画は、不調に終わったようだ。CEOのマイケル・アンドレッティは、金銭的な部分ではなく、チームのコントロールに関する問題が原因だったと明かす。

インディカー初テストを終えたヒュルケンベルグ、チームからは高評価「予想通り、全てにおいてかなりハイレベルなドライバー」

アロー・マクラーレンSPのチーム代表であるテイラー・キールは、初のインディカーテストを終えたニコ・ヒュルケンベルグにとても感銘を受けたと同時に、F1ドライバーとして期待に違わぬ才能を見せてくれたと語った。

リカルド、ご褒美のNASCARドライブに笑顔満開。アーンハートJr.のコメントに「泣きそうに……」

マクラーレンのダニエル・リカルドは、F1アメリカGPが開催されているCOTAで、憧れのデイル・アーンハートSr.のNASCARマシンをドライブした。

ニコ・ヒュルケンベルグ、バーバーで開催のテストでインディカー初ドライブへ

元F1ドライバーのニコ・ヒュルケンベルグや、FIA F3で活躍したローガン・サージェントが、来週バーバー・モータースポーツ・パークで行なわれるテストに参加し、初めてインディカーに乗る機会を得るようだ。

アンドレッティ・オートスポートがF1参戦を画策中、アルファロメオ買収に向け動きを加速

アメリカの名門レーシングチーム、アンドレッティ・オートスポートがアルファロメオF1チームの株式の過半数を獲得するための交渉を進めていることが、複数の関係者によって明らかになった。

レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング、佐藤琢磨のチーム離脱を発表

レイホール・レターマン・ラニガン・レーシングは、4年間所属した佐藤琢磨のチーム離脱を発表した。

インディカーのタイトル争いで敗れるもオワードにマクラーレンCEOは高評価「彼のF1走行はアブダビで」

マクラーレンのCEOであるザク・ブラウンは、パトリシオ・オワード(アロー・マクラーレンSP)は2021年のインディカーシリーズでタイトル争いに破れるも、シリーズ内では最も速いドライバーのひとりと評価し、伸びしろがあると語った。

インディカー“新王者”アレックス・パロウ、喜び爆発「なんてシーズン……このチームは最高だ」

インディカーの2021年シーズン、参戦2年目にしてチャンピオンに輝いたアレックス・パロウは、王座獲得を喜ぶとともに既に2022年の連覇を見据えているようだ。

インディカー最終戦:アレックス・パロウ、参戦2年目で初のチャンピオンに! 優勝はハータ

2021年インディカー・シリーズ最終戦がロングビーチで行なわれ、コルトン・ハータが優勝。年間チャンピオンにはアレックス・パロウが輝いた。

インディカー第15戦ラグナセカ:ハータ完勝。2位パロウは王座に王手、3位グロージャンはオーバーテイク連発

インディカー・シリーズ第15戦ラグナセカが行なわれ、コルトン・ハータが95周中91周レースをリードして完勝した。

佐藤琢磨、来季はデイル・コイン・レーシングに移籍か。交渉の進捗は“80%”?

佐藤琢磨は来季、レイホール・レターマン・ラニガン・レーシングを離れてデイル・コイン・レーシングに加入する可能性があるようだ。

フェラーリ育成のカラム・アイロット、ポートランド戦でインディカーデビュー。フンコス・ホリンジャーから参戦

フェラーリの育成ドライバーであり、F1テストドライバーも務めるカラム・アイロットのインディカーデビューが決定。フンコス・ホリンジャー・レーシングからポートランド戦に参戦する。

LMDh参入のキャデラック、ル・マン24時間復帰にパートナーチームも期待。AXR「新しい挑戦になる」

アクション・エクスプレス・レーシング(AXR)のチームディレクター、ゲイリー・ネルソンは、キャデラックLMDhプロトタイプをル・マン24時間レースで走らせるチャンスを歓迎すると語った。

グロージャン、初挑戦のオーバルでも速さを発揮。エンジニアも来季の全レース参戦に太鼓判

インディカー第13戦ゲートウェイでオーバルレースに初挑戦したロマン・グロージャンについて、彼のエンジニアは2022年はフルシーズンを戦えると太鼓判を押した。

オワード、波乱を生き抜きランキング首位浮上「できることを最大限活かせた」2番手パロウとは10点差

パトリシオ・オワード(アロー・マクラーレンSP)は、インディカー第13戦ゲートウェイの決勝レースで2位表彰台を獲得したことでランキング首位に浮上したが、レースを制したジョセフ・ニューガーデン(チーム・ペンスキー)を抜く術はなかったと語った。

インディカー:波乱のゲートウェイ戦、ニューガーデンが勝利。佐藤琢磨6位、チップ・ガナッシ勢は不運

インディカー第13戦ゲートウェイのレースが行なわれ、チーム・ペンスキーのジョセフ・ニューガーデンが優勝。今季2勝目を挙げた。

インディアナポリスのパドックに現れたアルボン、来季のインディカー参戦を視野に? デイル・コインも熱視線

デイル・コインは、元F1ドライバーのアレクサンダー・アルボンがインディカーに関心を持っているとして、それにはロマン・グロージャンの活躍が大きく影響していると語った。

ルンガー、インディカーでのデビューレースは12位に終わるも満足「とてつもない経験だった」

アルピーヌの育成ドライバーでFIA F2に参戦するクリスチャン・ルンガーはインディカー第12戦でシリーズデビューを果した。12位でチェッカーを受けた彼は、「とてつもない経験だった」と語った。

ランキング首位のパロウ、エンジントラブルで無得点に終わるも悲願の初タイトル獲得へ向けポジティブ

インディカー・シリーズでランキング首位につけているチップ・ガナッシ・レーシングのアレックス・パロウは、エンジントラブルにより第12戦インディGPで無得点に終わったものの、タイトル獲得へ向けてポジティブだと語った。

インディカー第12戦インディGP2:パワーが今季初勝利で通算40勝目。佐藤琢磨は終盤接触も10位

インディカー・シリーズ第12戦がインディアナポリス・モータースピードウェイのロードコースで行なわれ、ウィル・パワーが優勝した。佐藤琢磨は10位でフィニッシュした。

いきなり予選4番手! インディ初挑戦で速さ見せたルンガー「家族が結果を知ったら倒れるんじゃないかな!」

インディカー第12戦でシリーズデビューを果たしたクリスチャン・ルンガーは、いきなり予選4番手と速さを見せられたことに驚いたという。

今季3度目のポール獲得のオワード、悲願のタイトル獲得へ向けテストで好感触掴む「表彰台の中央は僕らがいて当然の場所」

インディカー・シリーズ第12戦インディGP2で自身2度目のポールポジションを獲得したパトリシオ・オワード(アロー・マクラーレンSP)は、先日ポートランドで行なったチーム内テストでチャンピオン獲得へ向け確かな自信を得たと語った。

インディカー第12戦インディGP2:オワードが僅差のPP。デビュー戦ルンガーが奮闘4番手、佐藤琢磨はQ1敗退

インディカー・シリーズ第12戦の予選がインディアナポリス・モータースピードウェイのロードコースで行なわれ、パトリシオ・オワードが接戦を制しポールポジションを獲得した。

2022年に”3台体制”検討中のレイホール、インディデビューのルンガー活躍を期待

ボビー・レイホールは、今週末のインディカー・シリーズ第12戦にスポット参戦するクリスチャン・ルンガーについて、来季に向けて3台体制を検討している中で、ドライバーを評価するプロセスの一部だと語った。

アルピーヌ育成のルンガー、インディカーデビューが決定。佐藤琢磨所属のレイホールからスポット参戦

FIA F2に参戦するクリスチャン・ルンガーは、インディカー・シリーズ第12戦にレイホール・レターマン・ラニガン・レーシングから参戦し、インディカーデビューを果たすこととなった。

【インディカー】アンドレッティ移籍も噂されるグロージャン、デイル・コインは引き留めに向け協議中

今季からインディカーにデビューし、来季のアンドレッティ入りも噂されるロマン・グロージャンだが、デイル・コインは彼をチームに引き留めるべく未だ協議中であると語った。

波乱のレースでまさかの優勝! エリクソン「宙を舞って空が見えたのに勝てるなんて!」

インディカー第11戦ナッシュビルで優勝したマーカス・エリクソンは、4周目にマシンが空中に舞い上がるほどのクラッシュをしながらも、なぜ優勝できたのか不思議だと語った。

インディカー第11戦ナッシュビル:序盤クラッシュのエリクソンが優勝の番狂わせ。佐藤琢磨は不運で25位

インディカー・シリーズ第11戦ナッシュビルではマーカス・エリクソンが優勝。今季2勝目を挙げた。佐藤琢磨は事故にも巻き込まれ25位だった。

インディカー:初開催ナッシュビルでハータが圧巻の0.5秒差ポールポジション。佐藤琢磨は予選24番手に沈む

インディカー第11戦ナッシュビルの予選が行なわれ、コルトン・ハータ(アンドレッティ・オートスポート)が今季2度目のポールポジションを獲得した。

グロージャン、オーバルコースをテストで初体験。「簡単だと思う人は、間違っている」

F1からインディカーに転向したロマン・グロージャンだが、彼は初めてオーバルコースでのテストを経験。「オーバルレースが簡単だと考えるのは間違っている」とその所感を語った。