「パロウから“F1行き”のチャンスを奪うのは遺憾」法廷闘争に発展した契約問題……パロウ側弁護士がチップ・ガナッシを批判

アレックス・パロウの来季のシートを巡る問題は法廷闘争に発展したが、パロウ側の弁護士は、チップ・ガナッシ・レーシングが民事訴訟を起こしたことは「パロウからF1行きのチャンスを遠ざけようとするもの」と主張した。

「パロウから“F1行き”のチャンスを奪うのは遺憾」法廷闘争に発展した契約問題……パロウ側弁護士がチップ・ガナッシを批判
Listen to this article

 現在、2021年のインディカー・シリーズチャンピオンであるアレックス・パロウの去就を巡って法廷闘争が繰り広げられており、注目を集めている。この一件について、パロウ側の弁護士も先日声明を発表した。

 ルーキーイヤーから活躍したパロウは、昨年に名門チップ・ガナッシ・レーシングに移籍、加入1年目にいきなりタイトルを獲得してみせた。そしてチームは、パロウとの契約オプションを行使し、2023年シーズンまで契約を延長したと発表したが、その後マクラーレン・レーシングがパロウ獲得を発表。事態は混迷を極め、チップ・ガナッシは状況を明確にするために民事訴訟を起こすという選択肢をとった。

Read Also:

 チップ・ガナッシ側は、リリースで次のように主張している。

「アレックス・パロウは2023年シーズン末までチップ・ガナッシ・レーシングの契約下にある」

「彼はチームの大切な一員であり、我々はインディカーでの表彰台、勝利、そしてチャンピオンを追い求める彼をこれからもサポートし続ける」

「我々の契約には明確な条項があるにもかかわらず、競合するレーシングチームが不適切な形で彼との契約を試みたため、我々は法的手続きを進めている」

「この件に関するあらゆる問い合わせは、我々の弁護士が対応する」

 一方、パロウ側の弁護士であるクイン・エマニュエル・アークハート&サリバン法律事務所のレイチェル・E・エプスタインもこれに対する声明を発表し、次のように述べた。

「我々は、チップ・ガナッシ・レーシングがアレックスをF1参戦のチャンスから遠ざけようとしていることに失望している。さらに、この件に関して彼らが裁判を起こし、報道機関にコメントを出し続けていることも同様に遺憾だ」

「アレックスは一貫してチップ・ガナッシ・レーシングで最善を尽くそうとしており、アレックスのこのようなチャンスを彼らが否定しようとしているのは残念なことだ」

「我々はこの問題を当事者間で友好的に解決する事を望んでいるが、そうならない場合は、チップ・ガナッシ・レーシングが望んだように、第三者の仲裁によって解決できればと思っている」

 チップ・ガナッシ・レーシングのオーナーであるチップ・ガナッシは、AP通信の記者に対して「私はチャンピオンになりたい。そしてアレックスを私のクルマに乗せたい」と話していた。しかしその一方でパロウがNBCに語ったところによると、彼は契約騒動以降、ガナッシのデータにリモートアクセスする機会が減っているという。

 またパロウは、今回の騒動についてコメントしないことをmotorsport.comに認めており、マクラーレン・レーシングのザク・ブラウンCEOも同様のスタンスをとっている。

 パロウが正式にマクラーレン・レーシングに加入することになれば、彼はアロー・マクラーレンSPの3台目に乗り、パトリシオ・オワード、アレクサンダー・ロッシと共にインディカーを戦う可能性が高い。またマクラーレンはオワードやコルトン・ハータと共にパロウをF1テストプログラムに参加させる予定であると明らかにしており、もしダニエル・リカルドがマクラーレンF1チームを放出されることがあれば、彼ら3人が後任候補になるだろう。

 
 
Read Also:

シェア
コメント
デイル・コイン、佐藤琢磨と新人マルーカスの来季残留は「99%確実」。3台目のエントリーも検討中
前の記事

デイル・コイン、佐藤琢磨と新人マルーカスの来季残留は「99%確実」。3台目のエントリーも検討中

次の記事

ロッシが3年ぶり勝利。選手権リーダーはエリクソンからパワーに|インディカー第13戦インディGP

ロッシが3年ぶり勝利。選手権リーダーはエリクソンからパワーに|インディカー第13戦インディGP