佐藤琢磨、来季もRLLRからインディ参戦決定「すでに来季に集中している」

佐藤琢磨は、レイホール・レターマン・ラニガンとの契約を延長。来季もインディカー・シリーズに参戦することが決まった。

佐藤琢磨、来季もRLLRからインディ参戦決定「すでに来季に集中している」

 インディカー・シリーズに参戦するレイホール・レターマン・ラニガン(RLLR)は、2020年シーズンも佐藤琢磨を引き続き起用することを発表した。

Related videos:

 2020年のインディ500を制し、同レース2回目の制覇を成し遂げた佐藤。2012年にRLLRに加入し、その後一時チームを離れたが、2018年に復帰。4回の勝利を収めた。そのチームと、4年目のシーズンを迎えることが決まった。

「2021年も引き続きRLLRとともに戦えることにとてもワクワクしています」

 佐藤はチームのプレスリリースにそうコメントを寄せた。

「2020年は、いくつもの理由から忘れがたいシーズンとなりました。言うまでもなく、世界中は大変な困難に直面していますが、チームは競争力をさらに強化すべく、懸命の努力を続けているところで、これにはボビー(レイホール/共同チームオーナー)やマイク(ラニガン/共同チームオーナー)のほか、チーム全員が協力しています」

「僕たちが勝ち獲ったインディ500の栄冠はとても特別なもので、チームの全員に改めて御礼を申し上げます」

「僕たちはすでに今後のことにフォーカスしており、2021年がとても楽しみです」

 ふたりの共同オーナーも、佐藤と契約を延長したことを喜んだ。

「2021年の参戦継続について琢磨と合意できたことをとても嬉しく思っています」

 そう語るのは、共同オーナーのひとりである、ボビー・レイホールである。

「このパートナーシップが過去数年間にわたって大きな成功を収めたことは間違いなく、その頂点は今年のインディ500での優勝でした。2021年に琢磨とさらなる成功を収めることを楽しみにしています」

 またもうひとりの共同オーナーであるマイク・ラニガンも、下記のようにコメントを寄せた。

「これまで何年も琢磨と一緒に仕事をしてこられたことは本当に楽しく、また、これまでともに多くの成功を分かち合ってきました」

 そうラニガンは語る。

「一緒にインディ500で優勝するとは夢にも思っていなかったことで、私たちRLLRのメンバーは、新しいシーズンのさらなる成功に期待を寄せています。2021年も琢磨とともに戦うことで継続性が生まれ、これが今年同様、優れた戦闘力を発揮してくれるものと願っています」

Read Also:

シェア
コメント
シート喪失のマグヌッセンに、父がアドバイス「F1を諦める必要はないが、視野は広く」

前の記事

シート喪失のマグヌッセンに、父がアドバイス「F1を諦める必要はないが、視野は広く」

次の記事

インディ最終戦:ニューガーデン優勝も、逆転王者に届かず。ディクソン6度目の戴冠

インディ最終戦:ニューガーデン優勝も、逆転王者に届かず。ディクソン6度目の戴冠
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ IndyCar
ドライバー 佐藤 琢磨
チーム Rahal Letterman Lanigan Racing