ル・マン24時間、ハイパーカーはさらに増える? グリッケンハウスとヴァンウォールも追加エントリーを希望

グリッケンハウスとヴァンウォールは、ル・マン24時間レースへの追加エントリーを検討しており、トップクラスの参戦数が2010年以降で最多となりそうだ。

#709 Glickenhaus Racing Glickenhaus 007 LMH Hypercar of Ryan Briscoe, Richard Westbrook, Franck Mailleux

 2023年のFIA世界耐久選手権(WEC)のエントリーリストが発表され、ハイパーカークラスは7車種13台がエントリー。伝統のル・マン24時間レースでは、さらにエントリーが増えそうだ。

 現時点で追加エントリーする意向を持っているのは、グリッケンハウスとヴァンウォール、キャデラックだ。それぞれが2台体制となった場合、ハイパーカークラスは17台まで拡大。LMP1クラスに18台エントリーした2010年、同じく17台だった2011年のル・マン24時間レース以来の規模となる。

関連ニュース:

 ジム・グリッケンハウスは、ル・マンでの追加エントリーについて、motorsport.comに次のように語った。

「絶対に2台体制で臨む計画だし、2台でアタックするだけのリソースもある」

「我々はACO(フランス西部自動車クラブ/ル・マン24時間の主催)と良好な関係にある。彼らは我々にとても協力的で、2台目のエントリーを得られると確信している」

ByKolles plans to enter an additional Vanwall Le Mans Hypercar

ByKolles plans to enter an additional Vanwall Le Mans Hypercar

Photo by: Vanwall Group

 ヴァンウォール・レーシングを運営するバイコレスのコリン・コレス代表もまた、ル・マンでの追加エントリーを望んでいるが、「2台体制で臨みたいと考えているが、いつものように資金次第だ」と話した。

 キャデラックについては、ゼネラルモーターズのスポーツカー・プログラム・マネージャーであるローラ・クラウザーは、昨年10月に「できる限り多くのクルマ」をエントリーする予定だとmotorsport.comに語った。

 これは、IMSAウェザーテックスポーツカー選手権でアクション・エクスプレス・レーシングとチップ・ガナッシ・レーシングが走らせている2台のV-LMDhをル・マンに持ち込み、チップ・ガナッシが走らせるフル参戦の1台と一緒にレースに参加させようと考えていると解釈することができるだろう。

 グリッケンハウス、ヴァンウォール、キャデラックの追加エントリーの受け入れは、ル・マン選考委員会次第となる。選考委員会は、2月21日のエントリー締め切り後に開催される予定だ。その後、3月上旬にル・マンに出場する62台のリストが発表される。

 グリッケンハウスから2023年のドライバーとして発表されたのは、今のところ1人だけだ。ロマン・デュマがWECのエントリーリストに名前が載せられていたのだ。

「他のドライバーにも声をかけているが、おそらくおなじみの顔ぶれが見られるだろう」とグリッケンハウスは語った。

「トップレベルのドライバーでない限り、資金援助を受けているドライバーを起用するつもりはない」

 一方でヴァンウォールは先日、初の量産車の詳細を明らかにした。これにより、WECの参戦要件となっている、自動車メーカーもしくはそれに相当する存在であることを証明することができるだろう。

 
関連ニュース:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 ホンダF1第2期の”魁”スピリットF1チーム共同創設者のジョン・ウィッカムが亡くなる。享年73歳
次の記事 ホンダのル・マン挑戦計画が動き出す……アンドレッティ、IMSA”アキュラ勢”WTRとの提携でWECフル参戦目指す

Top Comments

コメントはまだありません。 最初のコメントを投稿しませんか?

最新ニュース

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本