F1
21 5月
-
24 5月
イベントは終了しました
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
8 days
MotoGP
14 5月
-
17 5月
イベントは終了しました
R
イタリアGP
28 5月
-
31 5月
次のセッションまで……
1 days
スーパーGT
29 5月
-
31 5月
次のセッションまで……
2 days
R
ブリーラム
03 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
37 days
スーパーフォーミュラ
17 5月
-
17 5月
イベントは終了しました
20 6月
-
21 6月
次のセッションまで……
24 days

WEC、今季残りの暫定カレンダー発表。来季の開幕は大幅遅れの見込み

シェア
コメント
WEC、今季残りの暫定カレンダー発表。来季の開幕は大幅遅れの見込み
2020/04/03 14:01

WECは、新型コロナウイルスの影響によって中断されているシーズンの改訂カレンダーを発表した。

 FIA世界耐久選手権(WEC)は、新型コロナウイルスの影響により中断されている8年目のシーズンの改訂版カレンダーを発表した。

 2019年の9月にシルバーストンで開幕したWECは、カレンダー全8戦のうち5戦を消化したものの、第6戦セブリング1000マイルが中止になったのを皮切りに、第7戦スパ6時間、最終戦ル・マン24時間は開催延期が決まった。

 FIAおよびWECプロモーターの議論の結果、2019-2020年シーズン残りのレースについて、暫定カレンダーが発表された。当然、このカレンダーは世界的な状況の変化によって、さらなる変更が行なわれる可能性があると理解されている。

 スパ6時間レースは8月15日(土)、ル・マン24時間レースは9月19〜20日に予定されている。本来はル・マンが最終戦となる予定だったが、中止となったセブリングの代替戦として11月21日(日)にバーレーン8時間が追加され最終戦に。レース数は維持されることとなった。

 一方、当初は2020年9月からスタートする予定だったWEC9年目のシーズンは、完全にゼロから作り直されることになる。WECが発表した声明では、2021年3月までにシーズンが開幕することはないだろうと記されている。昨年12月に発表されたカレンダーでは、2020年11月1日に第2戦として富士スピードウェイで6時間レースが行なわれる予定だったものの、こちらも白紙となる。

 WECのCEOであるジェラール・ヌブーは、次のようにコメントを寄せた。

「現時点で、夏前に国際モータースポーツイベントの開催を検討するのは不可能だ。よって、我々はレース数を維持しながら、カレンダーを再編した」

「しかし来シーズンに向けて、いくつかの大きな変化に備える必要がある。というのも、経済的に困難な状況に直面するのは避けられないため、多くのパラメーターを考慮しなければならないのだ」

「当面の最優先事項は、全ての人々の健康だ。今後数週間は、自分と愛する人々のことを大事にする時間だ」

 また、フランス西部自動車クラブ(ACO)のプレジデントであるピエール・フィヨンは、「例外的な状況における、例外的な決定だ」と語った。

「我々みんなが困難な状況を経験している中で、カレンダーの再プログラミングには、様々なパートナーやコンペティター、ホスト・サーキットと連携して調整する必要があった」

「この選手権のクオリティと公平性を確保するために、今年はル・マンをスーパー・フィナーレから外す必要があった。この変更は、関係者全員から理解を得られた」

「今回の危機の影響を可能な限り制限することで、チャンピオンシップのパフォーマンスを良好に保つことが優先だ」

 フィヨンは、2020年のル・マン24時間レースのスタート時間は、9月19日の現地時間14時30分(日本時間21時30分)になると話した。

「今回のスタート時刻は我々のパートナー、特にTVや我々のコンペティターの関係もあって決定された」

WEC 2019-2020シーズン 暫定スケジュール改訂版

8月15日:スパ6時間レース
9月19-20日:ル・マン24時間レース
11月21日:バーレーン8時間レース

 

Read Also:

次の記事
“耐久の王者”ポルシェ、LMDhクラスへの参入を真剣に検討へ

前の記事

“耐久の王者”ポルシェ、LMDhクラスへの参入を真剣に検討へ

次の記事

カレンダー大きく後ろ倒しのWEC、2021年のレース縮小の可能性あり? 

カレンダー大きく後ろ倒しのWEC、2021年のレース縮小の可能性あり? 
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ Le Mans , WEC