DAZN、新シリーズ“エクストリームE”の配信決定。バトンらF1王者も参戦

2021年4月にスタートする電動SUVのオフロードレース『エクストリームE』が、DAZNで配信されることとなった。

DAZN、新シリーズ“エクストリームE”の配信決定。バトンらF1王者も参戦

 スポーツチャンネルDAZNは、2021年4月に開幕する電動オフロードレース『エクストリームE』の記念すべき最初のシーズンを配信することを発表した。

 エクストリームEは、電動SUVによって競われるオフロードレースで、4月3日〜4日にサウジアラビアで開幕戦が開催される予定となっている。同シリーズは気候変動による環境問題や男女平等に対する興味喚起をしていく狙いがあり、自然破壊が進む地域を開催地に選んだり、男女2人組によるドライバー編成を採用するなど、これまでのレースシリーズにないユニークな取り組みをしている。

 また、記念すべきエクストリームの発足初年度には、非常に豪華なチーム、ドライバーのラインアップが揃った。F1チャンピオン経験者であるルイス・ハミルトン、ニコ・ロズベルグ、ジェンソン・バトンはそれぞれ自らのチームを立ち上げて参戦。バトンに関しては自らドライバーとしてステアリングを握る。他にもアメリカンモータースポーツの名門チップ・ガナッシや、既にフォーミュラEで実績を残しているテチータが参戦。ラリー界のレジェンドであるカルロス・サインツSr.、セバスチャン・ローブらにも注目だ。

 エクストリームEのチーフ・マーケティング・オフィサーを務めるアリ・ルッセルはこの発表に際して次のようにコメントを寄せた。

「DAZNとのパートナーシップを通してエクストリームEを日本にお届けできることを嬉しく思う。レース会場にファンの方々が入れない環境の中、映像を通してより多くの人にリーチできることはとても重要だ。レースの迫力だけではなく、このチャンピオンシップを通じて環境問題や男女平等に関するメッセージを発信できることもとても楽しみにしている」

 また、DAZN Japanのエグゼクティブ・バイスプレジデント、マーティン・ジョーンズは次のように語った。

「この度、新しく始まる『エクストリームE』の記念すべき初大会を配信できることを嬉しく思います。DAZNは、日本のモータースポーツファンのみなさまに充実したコンテンツをお届けできるようローンチ当初より注力してきました。多くの有名レーサーが関わる本大会はF1ファンのみなさまが楽しめるコンテンツになると思っております。またこの大会は環境問題へ真剣に取り組んでいることから会場には関係者しか入れないため、ファンの方々は映像を通じてしかレースを見ることができません。ジェンダーの壁も超えたドライバーたちが参戦するとのことで、ダイバーシティ・イクオリティ・インクルージョンの推進を掲げるDAZNとしては、配信を通じて本大会のミッションをサポートします」

 2021年のエクストリームEは、4月3日〜4日にサウジアラビアで開幕した後、セネガル、グリーンランド、ブラジルと転戦し、12月のアルゼンチンが最終戦となる。ジョーンズが語ったように、同シリーズは全て無観客レースとして開催され、2時間番組として配信される。なお、DAZNによる配信は全レース録画配信となるようだ。

 

Read Also:

シェア
コメント
電動SUVレース『エクストリームE』のベース車両プロトタイプ公開

前の記事

電動SUVレース『エクストリームE』のベース車両プロトタイプ公開

次の記事

ロズベルグ、初めてのチーム運営は変な感じ! F1時代に学んだ経験をエクストリームEチームに活かす

ロズベルグ、初めてのチーム運営は変な感じ! F1時代に学んだ経験をエクストリームEチームに活かす
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ エクストリームE