インディ500、今季は徹底したコロナ対策を実施。13万5000人の観客動員を予定

第105回インディ500は、インディアナポリス・モーター・スピードウェイの最大収容人数の40%にあたる13万5000人のファン入場が可能となるようだ。

インディ500、今季は徹底したコロナ対策を実施。13万5000人の観客動員を予定

 今季のインディカー・シリーズ第6戦として、5月30日に決勝レースが予定されている第105回インディ500は、会場であるインディアナポリス・モーター・スピードウェイ(IMS)の最大収容人数の40%にあたる13万5000人のファンの入場が許可されるようだ。

 佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)が優勝した昨年のインディ500は、8月に開催が延期された上、無観客で開催された。10月にはIMSのロードコースでダブルヘッダーのレースが行なわれたが、この際は1日あたり1万人のファンが入場できた。

 今年は例年通り、5月末の開催に向けて準備が進められているが、インディアナ州および地域の保健当局との緊密な協議により開催計画が策定され、マリオン郡公衆衛生局の承認も受けているという。

 入場者数の制限に加え、会場内ではマスクなどの着用を義務化、入場時の体温チェック、グランドスタンドを含むサーキット全域でのソーシャルディスタンス確保といった対策を実施。芝生席の開放やレース当日の一般入場券の販売は行なわず、手指用の消毒液や洗浄ステーションを用意するなど、清掃・衛生管理を徹底することで安全にレースを開催することを目指している。

 またIMSでは4月24日から30日まで新型コロナウイルスの予防接種を行なっており、5月1日から27日の間も、特定の日付で大規模に予防接種を実施していくという。IMSとインディカー・シリーズは、観戦するファンやインディアナポリス市民に向け、すぐに予防接種を受けてもらえるようメディア・キャンペーンを展開している。

 IMSのプレジデントであるJ.ダグラス・ボールズは次のように述べている。

「ファンは我々にとっての全てだ。今年のインディ500で、そんなファンを『お帰りなさい』とお迎えできるのが待ち遠しい」

「市と州は、限られた人数ではあるが、非常に熱狂的な観客をうまく受け入れることができるように、適切な健康と安全対策を確認するために協力してくれた。IMSにお越しになる皆様の健康と安全、そして地元住民のことを、このプロセスの中で最も重要視してきた」

 ペンスキー・エンターテインメントの社長兼CEOであるマーク・マイルズは、「レース当日を快適に過ごすためにファンができることは、できるだけ早く予防接種を受けることだ」とコメントした。

「IMSでは引き続き予防接種を行なっており、5月中は大規模な予防接種を実施する予定だ。これは、インディアナ州の復興に向けた取り組みの一環だ」

 マリオン郡公衆衛生局の局長兼最高医療責任者であるバージニア・ケイン博士は、IMSとインディカーの取り組みに感謝を述べた。

「ロジャー・ペンスキー氏やIMSなどのパートナーのおかげで、毎日多くの人々が命を守るための予防接種を受けている。IMSのチームには計画段階から協力してもらい、ワクチンを確実に近隣住民に届けるために尽力してもらった」

「おかげでワクチン接種率が向上し、屋外イベントであるという性質も相まって、この神聖な場所にファンが帰ってくることができる」

Read Also:

シェア
コメント
ハンター-レイ「エアロスクリーンに命を救われた」戦慄のクラッシュを回顧

前の記事

ハンター-レイ「エアロスクリーンに命を救われた」戦慄のクラッシュを回顧

次の記事

セントピーターズバーグ予選:ハータがポールポジション。佐藤琢磨はQ1敗退の15番手

セントピーターズバーグ予選:ハータがポールポジション。佐藤琢磨はQ1敗退の15番手
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ IndyCar
イベント Indy 500
執筆者 David Malsher