ル・マン24時間ウォームアップ:7号車トヨタ、小林可夢偉が最速で決勝へ

トヨタ7号車の小林可夢偉が、ル・マン24時間のウォームアップ走行で最速ラップを記録。まもなく決勝スタートを迎えるが、好調さを維持している。

ル・マン24時間ウォームアップ:7号車トヨタ、小林可夢偉が最速で決勝へ

 まもなく決勝レースのスタートを迎える、2019年のル・マン24時間レース。そのウォームアップ走行が行われ、ポールポジションを手にしている7号車トヨタTS050Hybridの小林可夢偉が、3分19秒647のタイムでトップタイムを記録した。

 長丁場の決勝レースを見据えた走行だということもあり、小林のタイムはポールポジションを記録した予選の時と比べれば4秒ほど遅いもの。しかし、僚友の8号車トヨタがセバスチャン・ブエミのドライブにより記録した最速タイムを約1秒引き離すものだった。

 3番手につけたのは、トーマス・ローランがドライブした3号車レベリオン・レーシングだった。ローランはミュルサンヌ・シケインをショートカットするシーンもあったが、3分21秒868とノン・ハイブリッドのLMP1クラスマシンでトップとなるタイムを記録した。

 2台のSMPレーシングは、4番手と5番手でウォームアップ走行を終えた。そのうち17号車が、ステファン・サラザンのドライブにより記録した3分21秒896で、姉妹車11号車を上回った。11号車のベストタイムは、ヴィタリー・ペトロフが記録した3分22秒813だった。

 10号車ドラゴン・スピードは、1号車レベリオン・レーシングを上回って6番手。

 LMP1クラスで最も遅かったのがバイコレス。同車はトム・ディルマンがドライブした際にダンロップ・シケインでブレーキをロック。ランオフエリアを横切ってしまった。

 LMP2クラスでは、ジャン-エリック・ベルニュがドライブした26号車Gドライブが最速。ロイック・デュバルがドライブする28号車TDSレーシングを1.4秒引き離した。ニコラス・ラピエールがドライブした36号車シグナテック・アルピーヌが3番手、ナイジェル・ムーアが乗った34号車インター・ユーロポル・コンペティションのリジェが4番手となった。

 なおLM-GTEは、Proクラスが92号車ポルシェGTチーム、Amクラスは86号車ガルフ・レーシングと、両クラス揃ってポルシェが最速タイムを記録した。

Additional reporting by James Newbold and Jack Cozens

シェア
コメント
トヨタ、WEC 2020/21年シーズン参戦を表明「新しい規則の下、挑戦を続ける」

前の記事

トヨタ、WEC 2020/21年シーズン参戦を表明「新しい規則の下、挑戦を続ける」

次の記事

レベリオン、エンジントラブルの原因特定?「再発はしないと自信」

レベリオン、エンジントラブルの原因特定?「再発はしないと自信」
コメントを読み込む