F1
25 9月
FP3 まで
14 時間
:
21
:
13
MotoGP
18 9月
イベントは終了しました
25 9月
イベントは終了しました
スーパーGT
10 9月
イベントは終了しました
R
第5戦 富士
03 10月
次のセッションまで……
7 days
スーパーフォーミュラ
26 9月
次のセッションまで……
05 時間
:
21
:
13

Moto2チェコ決勝:バスティアニーニ、連勝でランク首位。長島11位でポイント確保

シェア
コメント
Moto2チェコ決勝:バスティアニーニ、連勝でランク首位。長島11位でポイント確保

MotoGP第4戦チェコGPのMoto2クラス決勝が行なわれ、エネア・バスティアニーニが優勝。アンダルシアGPから2連勝を果たした。

 MotoGP第4戦チェコGPのMoto2クラス決勝が行なわれ、エネア・バスティアニーニ(Italtrans Racing Team)が2連勝を果たした。

 長島哲太(Red Bull KTM Ajo)がポイントリーダーで引っ張るMoto2クラス。だが長島は予選で苦戦し、20番グリッドと後方からのスタートとなってしまった。

 19周のレースがスタートすると、バスティアニーニがホールショットを奪う。そこにポールポジションスタートのジョー・ロバーツ(Tennor American Racing)が続いた。

 長島はスタートで大きくポジションを上げ、オープニングラップ終了時点で12番手と、ジャンプアップを果たしていきなりポイント圏内に入った。

 先頭を行くバスティアニーニはペースが良く、1周目からギャップを拡大。後続に1秒の差をつけて早くも逃げつつあった。

 2番手以下はサム・ロウズ(EG 0,0 Marc VDS)、ロバーツの2名が1秒差で続き、ホルヘ・マルティン(Red Bull KTM Ajo)が少し差を空けて4番手集団を引っ張る形となった。

 ロウズはバスティアニーニとのギャップを徐々に徐々に削り取っていき、8周目の段階でコンマ5秒ほどにまで近づいてみせた。一方で3番手のロバーツはロウズから1秒ほどの差を空けられてしまった。

 この拮抗した状態はレース半分を消化しても変わらず、バスティアニーニとロウズは共に、ひたすら同じようなラップタイムを刻み続けていた。

 一時はマルコ・ベッツェッキ(SKY Racing Team VR46)が4番手争いを先導するシーンもあったが、後にマルティンが追い抜き、そのまま集団を抜け出してリードを拡大しはじめた。

 レースは上位陣の並びに変化のないまま、残り周回数は5周。ロウズは若干バスティアニーニに離されつつあった。

 そしてこのオーダーのままラストラップに突入。ロウズが最後にギャップを0.4秒にまで縮めたものの、バスティアニーニがトップでチェッカーを受け、アンダルシアGPに続き2連勝を果たした。

 2位はロウズ、3位にはロバーツが入った。なおロバーツにとっては初の表彰台だ。

 長島は最終的に11位でフィニッシュ。20番手と後方からのスタートだったが、確実にポイントを持ち帰った。

 
順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度 ポイント
1 Italy エネア バスティアニーニ 19         25
2 United Kingdom サム ロウズ 19 0.423       20
3 United States Joe Roberts 19 5.948       16
4 Italy ルカ マリーニ 19 8.797       13
5 Spain アウグスト フェルナンデス 19 9.392       11
6 Italy マルコ ベッツェッキ 19 10.306       10
7 Spain ホルヘ ナヴァッロ 19 10.575       9
8 Spain ホルヘ マルティン 19 11.366       8
9 Malaysia ハフィス シャーリン 19 12.875       7
10 Spain アロン カネット 19 14.266       6

Moto2チェコ予選:ロバーツ、今季2度目のPP獲得。長島はQ1敗退で後方スタート

前の記事

Moto2チェコ予選:ロバーツ、今季2度目のPP獲得。長島はQ1敗退で後方スタート

次の記事

Moto2オーストリア予選:ガードナーがPP獲得。長島はクラッシュで不完全燃焼

Moto2オーストリア予選:ガードナーがPP獲得。長島はクラッシュで不完全燃焼
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ Moto2