第1戦鈴鹿|日曜フリー走行は各車ロングランの確認、トップタイムは坪井翔

シェア
コメント
第1戦鈴鹿|日曜フリー走行は各車ロングランの確認、トップタイムは坪井翔
執筆:
2019/04/21 0:37

2019スーパーフォーミュラ第1戦鈴鹿。日曜日のフリー走行はルーキーの坪井翔(JMS P.MU/CERUMO・INGING)がトップタイムを記録した。

 8時35分からセッションがスタートし、ほぼ全車が一斉にコースイン。ここでは決勝に向けたセッティングの確認やロングランペースの確認。さらにピットストップやスタートの練習を行うチーム・ドライバーが多かった。また、今回からオーバーテイクシステムが変更され、その動作確認を行うドライバーもいた。

 開始から15分を経過したところで、平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)がスプーンカーブでストップ。どうやらトラブルが発生しての停車だったようだ。

 それ以外は特にアクシデントが起きず順調にセッションが進行。30分を経過したところでセッションが終了した。

 トップタイムを記録したのは坪井翔(JMS P.MU/CERUMO・INGING)で1分38秒700だったが、これはセッション序盤に記録されたもので、他のドライバーたちのラップタイム推移をみると1分40秒から1分41秒台のペースで周回していたマシンが多かった。

 2番手には平川、3番手には関口雄飛が続きITOCHU ENEX TEAM IMPUL勢がつけた。昨日ポールポジションを獲得した牧野任祐(TCS NAKAJIMA RACING)は終始ミディアムタイヤでロングランの確認作業を行い、1分40秒582で10番手だった。

Pos. ドライバー チーム ベストタイム
1 坪井 翔 JMS P.MU/CERUMO・INGING 1'38.700
2 平川 亮 ITOCHU ENEX TEAM IMPUL 1'39.434
3 関口 雄飛 ITOCHU ENEX TEAM IMPUL 1'39.789
4 野尻 智紀 TEAM MUGEN 1'39.820
5 アレックス・パロウ TCS NAKAJIMA RACING 1'39.926
6 福住 仁嶺 DOCOMO TEAM DANDELION RACING 1'40.210
7 石浦 宏明 JMS P.MU/CERUMO・INGING 1'40.231
8 山本 尚貴 DOCOMO TEAM DANDELION RACING 1'40.395
9 中嶋 一貴 VANTELIN TEAM TOM’S 1'40.503
10 牧野 任祐 TCS NAKAJIMA RACING 1'40.582
11 大嶋 和也 UOMO SUNOCO TEAM LEMANS 1'40.619
12 山下 健太 KONDO RACING 1'40.664
13 ルーカス・アウアー B-Max Racing with motopark 1'40.942
14 国本 雄資 KONDO RACING 1'40.998
15 ダニエル・ティクトゥム TEAM MUGEN 1'41.053
16 ニック・キャシディ VANTELIN TEAM TOM’S 1'41.158
17 ハリソン・ニューウェイ B-Max Racing with motopark 1'41.158
18 アーテム・マルケロフ UOMO SUNOCO TEAM LEMANS 1'41.643
19 トリスタン・シャルパンティエ REAL RACING 1'42.379
20 小林 可夢偉 carrozzeria Team KCMG 1'44.122
次の記事
第1戦鈴鹿|フリー走行2回目 タイム結果

前の記事

第1戦鈴鹿|フリー走行2回目 タイム結果

次の記事

山下健太、朝から好調も予選で上位でトップ争いに加われず「予選は想像以上に苦戦した」

山下健太、朝から好調も予選で上位でトップ争いに加われず「予選は想像以上に苦戦した」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント 第1戦:鈴鹿
執筆者 Tomohiro Yoshita