スーパーGT
07 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
次のセッションまで……
18 days

シェイクダウンを済ませたGRスープラ、コンセプトはLC500と大きく違う?

シェア
コメント
シェイクダウンを済ませたGRスープラ、コンセプトはLC500と大きく違う?
執筆:
2019/09/13 7:23

2020年からスーパーGTで使用されるトヨタGRスープラ。その開発コンセプトは、現行のレクサスLC500とは違うモノになっているようだ。

 2020年からスーパーGTに投入される新GT500車両のシェイクダウンが、9月12日(木)に鈴鹿サーキットで行われた。このテストには、トヨタとニッサンが参加した。

 午前中のセッションでは、トヨタのGRスープラに立川祐路が乗り込み、インスタレーションラップを行った。その後、ガレージでチェック作業を進め、セッション終盤に連続周回を実施している。

 午後のセッション前半の1時間は走行がなかったものの、セッション後半からは石浦宏明と平川亮がラップを重ねた。最終的には2輪専用シケインにマシンを止めたものの、1分51秒520のベストタイムを残している。

 どうやらGRスープラもGT-Rと同じく、ボッシュ製に変わったECU(エンジン制御ユニット)の調整に時間を使っていたようだ。

Read Also:

「一番の問題はECUがボッシュに変わって、それをまだ思った通りに制御できていないことです。今までの制御の仕方と全く違うみたいなので、その確認がメインでした」

 立川は、シェイクダウンテスト初日を振り返り、そう語った。

「まだそこまで目一杯走ったわけではないですけど、シェイクダウンするまでにTRDのシミュレーターで事前に確認したりもしているので、クルマの走り出しという点で問題はないです」

 GRスープラがどんなマシンなのかと訊かれ、立川は言葉を選びながらも、現時点ではLC500とかなり異なるマシンになっていると答えた。

「GRスープラになって、空力を含めて開発のコンセプトが今までと違っています。だから今のところ、乗り味が全然違って別物なんです。それが良いのか悪いのかもまだ分からないし、これからどんな方向性に行くかは分からないですけどね」

 午後にステアリングを握った平川も「まだ攻めてないのでなんとも言えないですけど、レギュレーションも変わっているので、LC500ともかなり違うような雰囲気はあります」と語った。

「クルマのポテンシャルは感じてますし、伸び代はかなりあると思います。燃料を多く搭載して1分51秒台で走れているので、LC500と比べてもタイムは悪くないです。シェイクダウンだということを考えたら、すごく良いかなと思います」

次の記事
エンジン制御の調整に時間を使ったGT-R。クインタレッリ「第一印象は悪くない」

前の記事

エンジン制御の調整に時間を使ったGT-R。クインタレッリ「第一印象は悪くない」

次の記事

ホンダMS部長清水宏氏が目指す、“本業”とモータースポーツの調和

ホンダMS部長清水宏氏が目指す、“本業”とモータースポーツの調和
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT
イベント 2020 GT500記者発表会
サブイベント 鈴鹿テスト
執筆者 松本 和己