WEC WEC Sebring Prologue

WECプロローグ:テスト初日はトヨタ7号車のロペスが最速タイム。キャデラックも速さ見せる

1週間後のWEC開幕戦を前にセブリングで行なわれた公式テスト『プロローグ』の初日は、トヨタの7号車がトップタイムをマークした。

#7 Toyota Gazoo Racing Toyota GR010 - Hybrid: Mike Conway, Kamui Kobayashi, Jose Maria Lopez

 FIA世界耐久選手権(WEC)の開幕を1週間後に控え、セブリングで公式テスト『プロローグ』が実施された。その初日は、トヨタGR010ハイブリッドの7号車がトップタイムをマークした。

 7号車のホセ・マリア・ロペスは、午前のセッションで1分48秒208をマーク。これにトヨタ8号車の平川亮も1分48秒293で続き、ワンツーとなった。

 3番手となったのは、チップ・ガナッシ・レーシングのオペレーションでWECに参戦するキャデラックVシリーズ.Rの2号車。リチャード・ウェストブルックが1分49秒253を記録している。

 この3台は午後のセッションもトップ3に並んだ。午後のトップはキャデラック2号車で、アール・バンバーが1分48秒429を記録。トヨタ8号車のセバスチャン・ブエミが1分48秒443、7号車のロペスが1分28秒553でそれに続いた。

 この3台に次ぐポジションを争ったのが、ポルシェ963とフェラーリ499Pだ。午前はポルシェの5号車が4番手、6号車が6番手。フェラーリ51号車が5番手、50号車が7番手とほぼ互角。午後はフェラーリ50号車が4番手、51号車が5番手とポルシェ2台の前につけたが、50号車のタイムは1分49秒402とトップ3台からは1秒ほど遅れた。

 昨シーズン中盤からデビューしたプジョーの2台は、午前・午後ともに8・9番手。特に93号車は、午後にジャン-エリック・ベルニュがドライブ中にLMP2車両と接触してしまい、走行時間を失っている。

 グリッケンハウス708号車とヴァンウォール4号車はLMP2クラスのトップタイムを上回れず、苦しいポジションに。共に1分52秒台のタイムとなっている。

 トヨタの2台は周回数でも最多で、初日だけで278周を走破。ポルシェの204周、フェラーリ199周、プジョーの173周を上回った。プジョーは93号車が午後に12周しか走れなかったことが響いた。1台体制のチームの中ではキャデラックは102周を走っており快調、同じく1台体制のグリッケンハウスは91周、ヴァンウォールは86周だ。

 なお、LMP2クラスは午前午後共に22号車のユナイテッド・オートスポーツが最速。午後にはフィル・ハンソンが1分51秒492をマークしている。また元F1ドライバーのダニール・クビアトが1分51秒534を叩き出し、プレマ63号車を2番手につけている。

 
関連ニュース:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 WEC、2023年シーズン開幕4戦のハイパーカークラスBoPを発表。王者トヨタの最低重量はセブリングで1062㎏に
次の記事 ル・マン参戦の”改造”NASCARカップカーはファンの”お気に入りに”? F1王者バトン「V8サウンドをご堪能あれ!」

Top Comments

コメントはまだありません。 最初のコメントを投稿しませんか?

最新ニュース

キャデラック2号車、ル・マン一時トップも7位フィニッシュ。アレックス・パロウ「ミックスコンディションで苦しんだ」

キャデラック2号車、ル・マン一時トップも7位フィニッシュ。アレックス・パロウ「ミックスコンディションで苦しんだ」

LM24 ル・マン24時間
24 Hours of Le Mans
キャデラック2号車、ル・マン一時トップも7位フィニッシュ。アレックス・パロウ「ミックスコンディションで苦しんだ」
新規F1参戦アウディ、肝いりプロジェクトの命運を分けるのはサインツJr.の選択? 絶対に負けられない戦いがここにもある

新規F1参戦アウディ、肝いりプロジェクトの命運を分けるのはサインツJr.の選択? 絶対に負けられない戦いがここにもある

F1 F1
新規F1参戦アウディ、肝いりプロジェクトの命運を分けるのはサインツJr.の選択? 絶対に負けられない戦いがここにもある
フェラーリ、ル・マン連覇も「勝てるとは思っていなかった」。トヨタと白熱トップ争いを制する

フェラーリ、ル・マン連覇も「勝てるとは思っていなかった」。トヨタと白熱トップ争いを制する

LM24 ル・マン24時間
24 Hours of Le Mans
フェラーリ、ル・マン連覇も「勝てるとは思っていなかった」。トヨタと白熱トップ争いを制する
トヨタ8号車、不運にも泣きル・マンを5位で終える。悔しさを抑えきれないドライバーたち「終盤のアクシデントがなかったら勝てていた」

トヨタ8号車、不運にも泣きル・マンを5位で終える。悔しさを抑えきれないドライバーたち「終盤のアクシデントがなかったら勝てていた」

LM24 ル・マン24時間
24 Hours of Le Mans
トヨタ8号車、不運にも泣きル・マンを5位で終える。悔しさを抑えきれないドライバーたち「終盤のアクシデントがなかったら勝てていた」

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本