ジョルジョ・ピオラ【F1メカ解説】
トピックス

ジョルジョ・ピオラ【F1メカ解説】

F1メカ解説|2021年、レッドブル・ホンダRB16B大解剖〜その2

レッドブル・ホンダの2021年用マシンRB16Bを、イラストとクローズアップ写真でチェック。その”開発史”を振り返る。

F1メカ解説|2021年、レッドブル・ホンダRB16B大解剖〜その2

 2021年に、マックス・フェルスタッペンの手によりF1ドライバーズチャンピオンを獲得したレッドブル。シーズンを通じて、メルセデスと激しく首位を争ったが、少しでも戦闘力を増すべく、様々な試行錯誤を繰り返した。

 またシーズン終盤には、リヤウイングの強度の問題にも悩まされた。

 そんなレッドブルの2021年用マシンRB16Bを、イラストとクローズアップ写真で振り返る。

■”ギザギザ”ディフューザー

Red Bull RB16B diffuser detail

Red Bull RB16B diffuser detail

Photo by: Giorgio Piola

レッドブルはディフューザーの開発を続け、シュタイアーマルクGPでは、ディフューザーの全幅にわたって、縁の形状を鋸状にしてみせた。この処理はフェルスタッペン車に先行投入され、ペレス車には遅れて搭載されることになった。


■フロントウイングの比較

Red Bull Racing RB16B front wing comparison

Red Bull Racing RB16B front wing comparison

Photo by: Giorgio Piola

レッドブルはシーズンが進むにつれ、フェルスタッペン車とペレス車で異なるフロントウイングを使うようになっていった。これはマシンの開発の観点から、マシンの最適なセットアップを探す行動だったと思われる。


■フロアの開発

Red Bull Racing RB16B floor detail

Red Bull Racing RB16B floor detail

Photo by: Giorgio Piola

レッドブルはフロアの開発も続けた。後端付近には、前後を繋ぐ形でブリッジ状のフィンを追加。これにより、フロア下を流れる気流を、エアカーテンのような効果で保護するための物だったように見える。


■Z字型フロアの最適化

Red Bull Racing RB16B floor detail

Red Bull Racing RB16B floor detail

Photo by: Giorgio Piola

レッドブルはZ字型フロアを最適化するため、切り欠きの部分にフィンを追加。これにより出来た渦を使い、この周辺の気流をコントロールした。


■スパとモンツァ、リヤウイングの比較

Red Bull Racing RB16B rear wing comparison, Italian GP

Red Bull Racing RB16B rear wing comparison, Italian GP

Photo by: Giorgio Piola

スパとモンツァで使われたリヤウイングの比較。スパ仕様は、アゼルバイジャンで投入されたリヤウイングとよく似ているが、フラップ両端の上端部分が削られ、さらに空気抵抗を減らしている。モンツァ仕様のリヤウイングはさらに薄く、後端部分からはガーニーフラップも取り外された。


■フロントウイング(ロシアGP仕様)の比較

Red Bull RB16B front wing comparison

Red Bull RB16B front wing comparison

ロシアGPでは、2台のマシンに異なる仕様のフロントウイングを装着した。もっとも上方のフラップの形状が、ペレス車のみ波打つ形になっている。


■トルコGP仕様のフロントウイング

Red Bull Racing RB16B front wing detail

Red Bull Racing RB16B front wing detail

Photo by: Giorgio Piola

ホンダ特別カラーリングで走った、トルコGPのレッドブルRB16B。ただカラーリングが違うだけでなく、フロントウイングのメインプレーン前端は上方に持ち上げられている。


■アメリカGP仕様のリヤウイング

Red Bull Racing RB16B stiffer rear wing

Red Bull Racing RB16B stiffer rear wing

Photo by: Giorgio Piola

レッドブルはサーキット・オブ・ジ・アメリカズのバンピーな路面に苦しんだ。特にリヤウイングにはヒビが入るなど、修理を余儀なくされた。黄色で塗られている部分は、チームが修理を行なった箇所である。


■冷却用開口部

Red Bull Racing RB16B lower cooling detail

Red Bull Racing RB16B lower cooling detail

Photo by: Giorgio Piola

レッドブルは冷却用にルーバーを設けるのではなく、ハロの付け根の内側に開口部を設け、マシンの内部を冷やした。これにより、空力的に影響の少ない部分に過熱された空気を排出できるようになった。


■フロントブレーキ

Red Bull Racing RB16B front brake duct comparison, Mexican GP

Red Bull Racing RB16B front brake duct comparison, Mexican GP

Photo by: Giorgio Piola

メキシコGPでは、フロントブレーキに様々な処理を試した。ブレーキダクト内部の分割形状だけでなく、ドラムカバーの形状も変更。通常はブレーキディスクの熱がホイールに伝わりにくいようにするため、フルカバーのパネルを使う。しかしメキシコでは、ブレーキディスクの排熱に使った気流と、ホイールのスポーク部から吹き出す気流を合流させるために、パネルを分割した。


■DRS

Red Bull Racing RB16B DRS comparison

Red Bull Racing RB16B DRS comparison

Photo by: Giorgio Piola

レッドブルは、DRSにも問題を抱えた。サーキットの特性と負荷の組み合わせにより、DRSが開いた時に、振動が生じることが度々あったのだ。チームは様々な解決策を試みたが、なかなかうまくいかなかった。このDRSのアクチュエーターとリンケージは開発トークンの対象となっていたため、チームは大規模な変更を行なうことができなかったのだ。


■リヤウイングの修復

Red Bull Racing RB16B rear wing detail

Red Bull Racing RB16B rear wing detail

Photo by: Uncredited

レッドブルは、カタールGPでもリヤウイングの修復を行なった。フラップ翼端の上端部分、そしてウイングの中央部分(前面背面ともに)に、補強を行なった。


■カタールGPでのリヤウイング選択

Red Bull Racing RB16B rear wing comparison

Red Bull Racing RB16B rear wing comparison

Photo by: Giorgio Piola

レッドブルはカタールGPで、ミディアムダウンフォースのリヤウイングを使いたかった。しかし、DRSを開いた時の振動を抑えることができず……結果として、ハイダウンフォース仕様のリヤウイングを使わなければならなかった。


■サウジアラビアGPでのリヤウイング選択

Red Bull Racing RB16B rear wing detail, FP2 Saudi Arabia GP

Red Bull Racing RB16B rear wing detail, FP2 Saudi Arabia GP

Photo by: Giorgio Piola

サウジアラビアGPでも、やはり同様の問題に見舞われたレッドブル。ミディアムダウンフォース仕様のリヤウイングを使いたかったが、結局は低ダウンフォース仕様のリヤウイングを搭載。その代わり、フラップの後端にガーニーフラップを付けて対処した。

 
Read Also:

シェア
コメント
F1デビュー時の心の不調さらけ出したノリス、その言葉が「同じように苦しんでいる人たちを助けられるのは誇り」
前の記事

F1デビュー時の心の不調さらけ出したノリス、その言葉が「同じように苦しんでいる人たちを助けられるのは誇り」

次の記事

フェラーリ、サインツJr.との2023年以降の契約延長は「簡単に話がまとまる」と楽観的な姿勢

フェラーリ、サインツJr.との2023年以降の契約延長は「簡単に話がまとまる」と楽観的な姿勢
コメントを読み込む