フォーミュラE最終戦ベルリン予選:バンドーンが今季3度目PP。王座争う13名の最上位は3番手のエバンス

フォーミュラE第15戦ベルリンePrixの予選が行なわれ、メルセデスのストフェル・バンドーンが今季3度目のポールポジションを獲得した。

フォーミュラE最終戦ベルリン予選:バンドーンが今季3度目PP。王座争う13名の最上位は3番手のエバンス

 フォーミュラEの2020-2021シーズン第15戦(最終戦)ベルリンePrixの予選がテンペルホーフ空港跡地で行なわれた。ポールポジションを獲得したのはメルセデスのストフェル・バンドーンだった。

 FIA世界選手権に昇格して最初のシーズンとなる2020-2021シーズンは、稀に見る大混戦のまま最終戦を迎えた。予選開始時の段階で、なんとランキング14番手のマキシミリアン・ギュンター(BMW)までタイトル獲得の可能性が残されているという状況。ランキング7番手のアントニオ・フェリックス・ダ・コスタ(DSテチータ)までは、自力タイトルの可能性もあった。

 予選は6人4グループに分かれて実施され、そこでのタイム上位6名がスーパーポールセッションに進んでポールポジションを決するという方式。グループ予選で最速タイムを計測したドライバーに1ポイント、スーパーポールでのポールポジションを獲得したドライバーに3ポイントがそれぞれ与えられる。

 ランキング上位6名によって構成されるグループ1は出走順が最初のため不利となることが多いが、グループ2が終了した時点では1分07秒083をマークしたミッチ・エバンス(ジャガー)を筆頭に、ジェイク・デニス(BMW)、エドアルド・モルタラ(ベンチュリ)、ニック・デ・フリーズ(メルセデス)と、トップ4は全てグループ1のドライバー。ただ、グループ3、グループ4のドライバーがその牙城を崩していった。

 最終的にスーパーポール進出を決めたのは、バンドーン、オリバー・ローランド(日産・e.ダムス)、ノーマン・ナトー(ベンチュリ)、アレクサンダー・シムス(マヒンドラ)、トム・ブロンクビスト(NIO 333)、エバンスの6名。この中でタイトルの可能性を残すドライバーはエバンスのみだ。なお、スーパーポール進出を逃したギュンターはこの時点で逆転タイトルの可能性が消滅し、王座争いは13名に絞られた。

 スーパーポールセッションではまずエバンスが1分07秒010というターゲットタイムをマークすると、ブロンクビスト、シムスはそれを上回れず。ナトーはトラブルによりピットから出ることすらできなかった。そんな中、出走順5番目のローランドが1分06秒925をマークしてエバンスのタイムを塗り替えると、最後にアタックしたバンドーンはさらにそれを更新。1分06秒794というタイムでポールポジションを確定させた。

 これでバンドーンは今季3度目のポールポジションを獲得。2番手にはローランド、3番手にはエバンスと続いた。現在ポイントランキング4番手のエバンスは、タイトルの可能性が残された13名の中では最上位となるグリッドを確保した。また、彼をランキングで上回るデニス、モルタラ、デ・フリーズがそれぞれ9番手、11番手、13番手と中団のグリッドに沈んだため、エバンスは“世界王者”に向けて優位な状況でレースを迎えることになる。

 なお、決勝レースは予選と同日開催であり、現地時間15時34分(日本時間22時34分)からスタートする。

 

Read Also:

順位 ドライバー チーム 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Belgium ストフェル バンドーン Germany メルセデス 2 1'06.794     126.927
2 United Kingdom オリバー ローランド France DAMS 3 1'06.925 0.131 0.131 126.679
3 New Zealand ミッチ エバンス United Kingdom ジャガー・レーシング 3 1'07.010 0.216 0.085 126.518
4 United Kingdom アレクサンダー シムス India マヒンドラ 3 1'07.041 0.247 0.031 126.459
5 United Kingdom Tom Blomqvist United Kingdom NIO Formula E Team 3 1'07.106 0.312 0.065 126.337
6 France ノーマン ナトー Monaco ヴェンチュリ 0        

シェア
コメント
チームオーダーが勝利を奪った……ベルニュ「僕にとっては最悪の瞬間だったと思う」

前の記事

チームオーダーが勝利を奪った……ベルニュ「僕にとっては最悪の瞬間だったと思う」

次の記事

メルセデス、”Gen3”導入前にフォーミュラE撤退か。プライベーターとして参戦継続の可能性も残す?

メルセデス、”Gen3”導入前にフォーミュラE撤退か。プライベーターとして参戦継続の可能性も残す?
コメントを読み込む