インディ500:予選占うファストフライデイはホンダ勢が好調。佐藤琢磨も4周平均タイム6番手

第105回インディ500、予選前最後の走行日であるファストフライデイは、ホンダエンジンを搭載したマシンが上位を占めた。

インディ500:予選占うファストフライデイはホンダ勢が好調。佐藤琢磨も4周平均タイム6番手

 第105回インディ500のプラクティス4日目、予選前最後の走行日となるファストフライデイは総じてホンダ勢が速さを見せた。

 ファストフライデイとは、各車のターボブースト圧が予選に向けて1.5barに引き上げられ、80~90馬力パワーアップ。230mph(時速370km)を超えるスピードを発揮するようになったマシンで、予選を想定した走行が行なわれる日となる。

 インディ500の予選は、各車が単独で4周走行し、その平均速度が参照される。そのため、トウ(スリップストリーム)なしの速度と、4周の平均速度を高く保つことが重要となる。

 6時間のセッションで最速タイムを記録したのは、スコット・ディクソン(チップ・ガナッシ・レーシング)。トウなしのタイムでも4番手につけている。

 一方、4周連続アタックの平均速度では、ディクソンのチームメイトであるマーカス・エリクソンが231.950mphでトップ。コルトン・ハータ(アンドレッティ・オートスポート)を抑えた。

 アンドレッティ・オートスポートは今回、提携チームを入れると8台体制という大所帯。ハータだけでなく、トウなしのトップスピードを記録したアレクサンダー・ロッシが4周平均で4番手、ステファン・ウィルソンが同5番手と、速さを見せている。

 レイホール・レターマン・ラニガン・レーシングの佐藤琢磨も好調ぶりを維持。セッション前半の段階では、トウなしのタイムでトップ。4周平均でも230.819mphでトップに立っていた。最終的にベストタイム8番手、4周平均では6番手となったが、予選ファストナイン進出に向けて視界良好といった形だ。

 サンティノ・フェルッチが予選想定の4周平均で8番手、グレアム・レイホールがトウなしのタイムで2番手となっており、レイホール・レターマン・ラニガンはチームとしてマシンが仕上がってきているように見える。

 シボレーエンジン勢では、パトリシオ・オワード(アロー・マクラーレンSP)が4周平均3番手につけ、エド・カーペンター・レーシングのエド・カーペンターやリナス・ヴィーケイも上位に食い込んでいるが、チーム・ペンスキーを含め他のマシンは軒並み下位に沈んでしまっている状態だ。

Read Also:

4周平均速度順位

  1. マーカス・エリクソン– 231.950 mph
  2. コルトン・ハータ – 231.726 mph
  3. パトリシオ・オワード – 231.522 mph
  4. アレクサンダー・ロッシ – 230.999 mph
  5. ステファン・ウィルソン – 230.844 mph
  6. 佐藤琢磨 – 230.819 mph
  7. エド・カーペンター – 230.423 mph
  8. サンティノ・フェルッチ – 230.364 mph
  9. エド・ ジョーンズ– 230.251 mph
  10. リナス・ヴィーケイ – 230.234 mph

トウなしのファステストラップ

RANK CAR NO. DRIVER TEAM ENGINE FASTEST NO-TOW LAP (mph)
1 27 Alexander Rossi Andretti Autosport Honda 231.598
2 15 Graham Rahal Rahal Letterman Lanigan Racing Honda 231.518
3 5 Pato O’Ward Arrow McLaren SP Chevy 231.510
4 9 Scott Dixon Chip Ganassi Racing Honda 231.502
5 30 Takuma Sato Rahal Letterman Lanigan Racing Honda 231.379
6 26 Colton Herta Andretti Autosport Honda 231.348
7 8 Marcus Ericsson Chip Ganassi Racing Honda 231.226
8 10 Alex Palou Chip Ganassi Racing Honda 231.208
9 45 Santino Ferrucci Rahal Letterman Lanigan Racing Honda 230.924
10 20 Ed Carpenter Ed Carpenter Racing Chevy 230.901
11 60 Jack Harvey Meyer Shank Racing Honda 230.772
12 48 Tony Kanaan Chip Ganassi Racing Honda 230.762
13 51 Pietro Fittipaldi Dale Coyne Racing w/Rick Ware Racing Honda 230.666
14 21 Rinus VeeKay Ed Carpenter Racing Chevy 230.647
15 25 Stefan Wilson Andretti Autosport Honda 230.514
16 6 Helio Castroneves Meyer Shank Racing Honda 230.512
17 2 Josef Newgarden Team Penske Chevy 230.479
18 47 Conor Daly Ed Carpenter Racing Chevy 230.386
19 4 Dalton Kellett AJ Foyt Enterprises Chevy 230.197
20 3 Scott McLaughlin Team Penske Chevy 230.037
21 86 Juan Pablo Montoya Arrow McLaren SP Chevy 229.956
22 28 Ryan Hunter-Reay Andretti Autosport Honda 229.910
23 98 Marco Andretti Andretti Herta-Haupert w/Marco & Curb-Agajanian Honda 229.908
24 1 JR Hildebrand AJ Foyt Enterprises Chevy 229.812
25 18 Ed Jones Dale Coyne Racing with Vasser Sullivan Honda 229.794
26 22 Simon Pagenaud Team Penske Chevy 229.792
27 7 Felix Rosenqvist Arrow McLaren SP Chevy 229.691
28 29 James Hinchcliffe Andretti Steinbrenner Autosport Honda 229.584
29 24 Sage Karam Dreyer & Reinbold Racing Chevy 229.536
30 16 Simona De Silvestro Paretta Autosport Chevy 229.477
31 14 Sebastien Bourdais AJ Foyt Enterprises Chevy 229.426
32 12 Will Power Team Penske Chevy 229.163
33 59 Max Chilton Carlin Chevy 229.086
34 11 Charlie Kimball AJ Foyt Enterprises Chevy 226.743
35 75 RC Enerson Top Gun Racing Chevy 226.055

ベストタイム

順位 ドライバー チーム 周回数 タイム 前車との差 Mph
1 New Zealand スコット ディクソン United States Chip Ganassi Racing 29 38.576     233.302
2 United States コルトン ハータ Andretti Autosport with Curb-Agajanian 34 38.662 0.085 0.085 232.784
3 Brazil トニー カナーン United States Chip Ganassi Racing 26 38.678 0.101 0.015 232.690
シェア
コメント
今や欠かせない? レーシングドライバー/ライダーが、自転車でトレーニングをする理由
前の記事

今や欠かせない? レーシングドライバー/ライダーが、自転車でトレーニングをする理由

次の記事

佐藤琢磨、インディ500予選に向けて視界良好!「本当に建設的な1日。とても良い準備ができた」

佐藤琢磨、インディ500予選に向けて視界良好!「本当に建設的な1日。とても良い準備ができた」
コメントを読み込む