インディ500プラクティス3日目:カナーンがトップタイム。佐藤琢磨は9番手も、チームにペナルティ

インディカー伝統の一戦、第105回インディ500のプラクティス3日目は、トニー・カナーン(チップ・ガナッシ・レーシング)がトップタイムをマークした。

インディ500プラクティス3日目:カナーンがトップタイム。佐藤琢磨は9番手も、チームにペナルティ

 第105回インディ500のプラクティス3日目が行なわれ、チップ・ガナッシ・レーシングのトニー・カナーンがトップタイムをマークした。

 2013年のインディ500ウイナーであるカナーンは80周走行したうち、71周目に225.341mph(39.9395秒)のトップタイムをマーク。エド・カーペンター・レーシングのコナー・デイリーを0.0170秒上回り、首位となった。

 チップ・ガナッシ勢はセッション前半にトップ4を独占するなど好調。スコット・ディクソンが5番手、マーカス・エリクソンが8番手、アレックス・パロウが11番手といずれも上位につけた。

 3番手はレイホール・レターマン・ラニガン・レーシング(RLLR)のサンティノ・フェルッチが入ったが、セッション残り2時間を切った頃、ターン2でスピンを喫し、マシン後部に大きなダメージを受けてしまった。

 フェルッチのチームメイトであり、ディフェンディングチャンピオンの佐藤琢磨は9番手。マシンのハンドリングには満足しているようだ。

「僕たちにとっては、今日もとても建設的な1日となりました。予選シミュレーションと決勝シミュレーションから多くのことを学びました」と、佐藤はチームのプレスリリースにコメントした。

「いまのところ、毎日とてもうまく進んでいて、すべて予定通りです」

 ところが、RLLRはこの日のセッション序盤の走行が原因で、ペナルティを受けることになってしまった。RLLRの佐藤、フェルッチ、グレアム・レイホールの3台は写真撮影のためか、走行1周目に隊列を組んでメインストレートをスロー走行。これを避けようと速度を落としたスコット・マクロクリン(チーム・ペンスキー)に、通常スピードでターン4を立ち上がったコルトン・ハータ(アンドレッティ・オートスポート)が接触する事態となってしまったのだ。

 幸い2台に大きなダメージはなかったが、RLLRは不適切な行為があったとしてペナルティを科せられた。金曜日のプラクティス最初30分、佐藤とフェルッチ、レイホールの走行が禁止されたのだ。

 プラクティス4日目は”ファスト・フライデー”と呼ばれる、予選に向けて非常に重要な走行となる。ターボのブースト圧が引き上げられ、80~90馬力パワーアップ。各車が土日に行なわれる予選に向けて、セッティングを煮詰める日だ。6時間のセッションのうち30分とはいえ、RLLRにとっては痛いペナルティとなってしまった。

Read Also:

順位 ドライバー チーム 周回数 タイム 前車との差 Mph
1 Brazil トニー カナーン United States Chip Ganassi Racing 80 39.939     225.341
2 United States コナー デイリー United States Ed Carpenter Racing 90 39.956 0.017 0.017 225.245
3 United States サンティノ フェルッチ United States Rahal Letterman Lanigan Racing 50 40.013 0.074 0.057 224.922
4 United States ジョセフ ニューガーデン United States Team Penske 121 40.020 0.080 0.006 224.885
5 New Zealand スコット ディクソン United States Chip Ganassi Racing 65 40.059 0.120 0.039 224.666
6 Netherlands Rinus van Kalmthout United States Ed Carpenter Racing 96 40.105 0.165 0.045 224.409
7 Brazil エリオ カストロネベス United States マイケル・シャンク・レーシング 114 40.108 0.168 0.002 224.393
8 Sweden マーカス エリクソン United States Chip Ganassi Racing 89 40.129 0.190 0.021 224.273
9 Japan 佐藤 琢磨 United States Rahal Letterman Lanigan Racing 93 40.137 0.197 0.007 224.232
10 United States Colton Herta Andretti Autosport with Curb-Agajanian 104 40.188 0.249 0.051 223.944
シェア
コメント
インディ500プラクティス2日目:ガナッシ勢が速さ見せディクソンが首位。佐藤琢磨は20番手
前の記事

インディ500プラクティス2日目:ガナッシ勢が速さ見せディクソンが首位。佐藤琢磨は20番手

次の記事

今や欠かせない? レーシングドライバー/ライダーが、自転車でトレーニングをする理由

今や欠かせない? レーシングドライバー/ライダーが、自転車でトレーニングをする理由
コメントを読み込む