F1
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
1 days
MotoGP
18 10月
-
20 10月
イベントは終了しました
25 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
2 days
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
次のセッションまで……
10 days
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
3 days

WECシルバーストン予選:小林可夢偉が圧巻アタック。トヨタ7号車がポール獲得

シェア
コメント
WECシルバーストン予選:小林可夢偉が圧巻アタック。トヨタ7号車がポール獲得
執筆:
2019/08/31 18:07

2019-2020年のWEC開幕戦、シルバーストーン予選はトヨタ7号車がポールポジションを獲得した。

 2019-2010年のFIA世界耐久選手権(WEC)開幕戦シルバーストーンの予選は、7号車トヨタTS050 HYBRIDがポールポジションを獲得した。

 最初のアタックでトップに立ったのはトヨタ7号車のマイク・コンウェイ。1分36秒038で、僚友8号車の中嶋一貴に0.669秒差をつけた。このタイムは、昨年の予選ベストタイムを0.8秒以上も上回るものだ。コンウェイはすぐさまピットイン。小林可夢偉へとバトンタッチした。

 一時はレベリオン1号車(ブルーノ・セナ)が2番手につけたが、中嶋は2度目のアタックで1分36秒307を記録。2番手にポジションを上げてピットに戻り、セバスチャン・ブエミに後を託した。

 一足先にアタックに入った小林は、コンウェイのタイムを更に上回る、1分35秒992をマーク。これにはチームメイトのブエミも0.3秒ほど届かず、7号車が開幕戦のポールシッターとなった。

 8号車は、0.300秒差の2番手。3番手はレベリオン1号車で、7号車とは0.545秒差と、トヨタとプライベーター勢の差が確実に詰まっていることを示す結果となった。ジネッタ勢は、チームLMT6号車が5番手となっている。

 LMP2クラスは、29号車レーシング・チーム・ネーデルランドが頭ひとつ抜け出す速さを見せてクラストップ。ユナイテッド・オートスポーツの22号車が2番手となった。

 33号車ハイクラス・レーシングは、山下健太が最初のアタックを担当し、クラス5番手タイム。最終的にクラス6番手で予選を終えた。

 LM GTE Proクラスは、AFコルセ・フェラーリ勢がトップ2を独占。51号車がトップに立ち、71号車が2番手となった。3番手は97号車アストンマーチンだったが、51号車とは0.821秒差をつけられた。

 フリー走行で好調を示していたポルシェの91号車は、ジャンマリア・ブルーニがスピン。ピットに戻ろうとしたものの、ダメージを負って剥がれたタイヤがボディワークを叩き、パーツがコース上に散乱してしまい、赤旗掲示の原因となった。走行中断中に迅速にマシン修復が行われ、91号車はクラス4番手で予選を終えた。

 LM GTE Amクラスは、TFスポーツの90号車アストンマーチンが、98号車のアストンマーチン・レーシングを抑えてクラストップとなった。

Read Also:

【リザルト】WEC開幕戦シルバーストン:予選結果

次の記事
WECシルバーストン:初日プラクティスはトヨタ7号車が総合トップ

前の記事

WECシルバーストン:初日プラクティスはトヨタ7号車が総合トップ

次の記事

LMP1に導入の”ハンディキャップ”詳細判明。ポイント差に応じてスピード調整

LMP1に導入の”ハンディキャップ”詳細判明。ポイント差に応じてスピード調整
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ WEC
イベント シルバーストン
執筆者 松本 和己