F1
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
28 11月
-
01 12月
イベント 進行中 . . .
MotoGP
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
スーパーGT
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
26 10月
-
27 10月
イベントは終了しました

F3マカオ:フェルシュフォー、ヴィップス抑えマカオを制す! 角田裕毅は11位

F3マカオGPの決勝レースは、リチャード・フェルシュフォー(MPモータースポーツ)がマカオ初参戦で初優勝を飾った。

F3マカオGP:ヴィップスが予選レース制す。角田裕毅は混乱に巻き込まれるも16位

F3マカオGPの予選レースが行われ、ユーリ・ヴィップス(ハイテック)がポールポジションからレースを支配した。

マカオGP予選:新生マカオF3はヴィップスが驚速PP! 角田裕毅は20番手

2019年のマカオGPの予選では、ユーリ・ヴィップスがポールポジションを獲得した。日本勢でただひとり参戦している角田裕毅は20番手だった。

マカオのギア・サーキット、昨年の大事故受けてリスボアを改修。DRS区間も設定

マカオGPの主催者は、昨年起こったソフィア・フルーシュの大事故に対応して、リスボアコーナーを含めた複数箇所を改修した。

マカオGPのエントリーリスト発表。日本勢は角田裕毅がハイテックから参戦

2019年のマカオGPのエントリーリストが発表された。角田裕毅はハイテックから参戦する。

ティクトゥムのF1参戦に黄信号? アジア冬季F3がポイント付与対象外に

ダニエル・ティクトゥムがスーパーライセンスポイント獲得のために参戦しているアジアF3ウインターシリーズが、スーパーライセンスポイントの対象外になるかもしれないことが分かった。

ティクトゥム、アジアF3ウィンターシリーズに参戦

マカオグランプリの2度の勝者であるダニエル・ティクトゥムはスーパーライセンスの取得に必要なポイントを得るためにアジアF3ウィンターシリーズへと参戦することが決定した。

マカオで大クラッシュのフルーシュ帰国「人生の新たなスタート」

ドイツのF3レーサーであるソフィア・フルーシュは、マカオGPでの恐ろしい事故から8日後、帰国すると発表した。

ル・マン優勝マシンとヤリスWRCが凱旋、TGRFで快挙を祝う

富士スピードウェイでTOYOTA GAZOO Racing FESTIVALが開催され、ル・マン24時間レースでの優勝とWRCマニュファクチャラーズタイトル獲得を祝った。

F3マカオでクラッシュの坪井翔「腰は痛いがドライビングに支障ない」

先日マカオで行われたFIA F3ワールドカップでクラッシュに巻き込まれた坪井翔だが、腰を痛めているものの今後のドライビングに支障はないと語った。

2018年のマカオGPを、日本人ドライバーたちはどう戦ったのか?

2018年のマカオGP。9人が参戦した日本人ドライバーのうち、最上位は13位の宮田莉朋だった。彼らは今年のマカオにどう挑んだのか?

最高位は宮田莉朋の13位……全日本F3勢が、マカオで大苦戦した理由

今年のマカオGPで例年以上の苦戦を強いられた全日本F3勢。その理由は、車体の熟成度の違いにあるという。

脊椎骨折のフルーシュ、7時間の手術が成功。合併症や四肢麻痺なし

マカオで驚くような大クラッシュに見舞われ、脊椎を骨折したソフィア・フルーシュ。7時間の大手術が成功に終わったようだ。

フルーシュ、脊柱を骨折。搬送された日本人カメラマンの状況も明らかに

F3決勝レースで大クラッシュを喫したソフィア・フルーシュは、脊柱を骨折していたことがわかった。

マカオで大クラッシュのフルーシュは意識あり。病院に搬送

マカオGPの主催者は、F3決勝レースで大クラッシュを喫したソフィア・フルーシュが病院に搬送されたと発表。彼女は意識がある状態だという。

F3マカオ決勝:大波乱も関係なし。ティクトゥムが完璧な走りでマカオ連勝

F3マカオGPの決勝レースは、赤旗中断もある波乱のレースをダニエル・ティクトゥム(モトパーク・アカデミー)がマカオ連勝を果たした。

F3マカオGP決勝:マシンが宙を舞う大クラッシュ、レースは赤旗中断

F3マカオGPはドイツのドライバー、ソフィア・フルーシュを巻き込んだ大事故が発生、赤旗中断となっている。

F3マカオ予選レース:ティクトゥム独走! 日本人最上位は佐藤万璃音の11位

F3マカオGPの予選レースはダニエル・ティクトゥム(モトパーク・アカデミー)が他を寄せ付けず、決勝のポールポジションを手にした。

F3マカオ予選:ティクトゥムがPP獲得。日本勢は佐藤万璃音の7位が最高

F3マカオGPの予選が行われ、レッドブル育成のダニエル・ティクトゥムがポールポジションを獲得。カラム・アイロットが2番手となった。日本勢は佐藤万璃音の7位が最高位。

小林可夢偉がインタープロトに参戦「楽しむことができた」

2018年のインタープロトシリーズ第5戦、第6戦に小林可夢偉が参戦し、大きな注目を集めた。

最新アプリ登場!
今すぐダウンロード

Motorsport.comアプリは、お気に入りのレースシリーズのすべての情報を提供し、最高のコンテンツと結果、特別な機能、統計などに直接アクセスすることができます。