フォーミュラE、来シーズンの中国開催を断念。シリーズ最多16戦のカレンダーは維持

フォーミュラEが2022年のカレンダーの最新版を発表した。開催予定だった中国でのレースがなくなり、ベルリンとローマがダブルヘッダーイベントとなる。

フォーミュラE、来シーズンの中国開催を断念。シリーズ最多16戦のカレンダーは維持

 フォーミュラEは、12月15日のFIA世界モータースポーツ評議会での決定を受けて、2022年カレンダーの最新版を発表。これまで、開催予定とされていた中国でのレースが、カレンダーから消えることとなった。

 新型コロナウイルスをめぐり、複雑な状況が続いているにも関わらず、これまで発表されていたフォーミュラEの暫定カレンダーでは、第5戦として中国ラウンドの開催が予定されていた。

 ただ、その開催地は未定とされており、2019年までレースを開催していた三亜の他、上海や深セン、成都といった都市でのレース開催が検討されていた。

 しかし発表された最新のカレンダーでは、中国の名前はなくなっている。フォーミュラEは当初、3月5日に第4戦として南アフリカのケープタウンで、第5戦として3月19日に中国でレースを行なうことを予定としていたが、結果的に両レースがキャンセルとなり、3月中のレースはなくなった形だ。

 その代替として、元々レースを開催する予定となっていたベルリンとローマをダブルヘッダーのイベントとすることで、シリーズ史上最長となる計16レースのカレンダーが維持されている。

 2022年のその他の注目すべき変更点としては、5月にF1をほぼ同じレイアウトで行なわれたモナコePrixの大成功を受けて、モナコでのフォーミュラEが毎年開催されるようになったことが挙げられる。これまで、フォーミュラEはヒストリック・グランプリと隔年でレースを開催していたが、2021年はF1も含め5週間で3つのイベントすべてを開催した。

 フォーミュラEの共同創設者であり、チャンピオンシップ最高責任者のアルベルト・ロンゴは、次のように述べている。

「2022年のカレンダーは、これまでで最も大規模なもので、すべての開催都市と協力して、16のドラマチックなレースをお届けすることを楽しみにしている」

「ドライバーのラインアップは間違いなくこれまででもっとも強力であり、競技規則の改定によりプラットフォームが一新され、強化されることになる」

 
Read Also:

2021/22 Formula E カレンダー

Round

日程

開催国

開催地

Rd 1 & 2

2022年1月28-29日

サウジアラビア

ディルイーヤ

Rd 3

2月12日

メキシコ

メキシコシティ

Rd 4 & 5

4月9-10日

イタリア

ローマ

Rd 6

4月30日

モナコ

モンテカルロ

Rd 7 & 8

5月14-15日

ドイツ

ベルリン

Rd 9

6月4日

インドネシア

ジャカルタ

Rd 10

7月2日

カナダ

バンクーバー

Rd 11 &12

7月16-17日

アメリカ

ニューヨーク・シティ

Rd 13 & 14

7月30-31日

イギリス

ロンドン

Rd 15 & 16

8月13-14日

韓国

ソウル

シェア
コメント
ポルシェ、F1参戦ならフォーミュラE継続に影響? モータースポーツ部門責任者が認める
前の記事

ポルシェ、F1参戦ならフォーミュラE継続に影響? モータースポーツ部門責任者が認める

次の記事

フォーミュラE初代CEOアガグ、メルセデスの撤退に「理解できない」

フォーミュラE初代CEOアガグ、メルセデスの撤退に「理解できない」
コメントを読み込む