モビリティランド、来春から『ホンダモビリティランド株式会社』に。ツインリンクもてぎの新事業所名は『モビリティリゾートもてぎ』

株式会社モビリティランドは、2022年3月1日付での社名変更とツインリンクもてぎの事業所名変更を発表した。

モビリティランド、来春から『ホンダモビリティランド株式会社』に。ツインリンクもてぎの新事業所名は『モビリティリゾートもてぎ』

 鈴鹿サーキットとツインリンクもてぎを運営する株式会社モビリティランドは、2022年3月1日付で社名とツインリンクもてぎの事業所名を変更することを発表した。

 2022年、モビリティランドは鈴鹿サーキット開場60周年、ツインリンクもてぎ開場25周年を迎える。同社はホンダグループとの提携を強化し、新社名を『ホンダモビリティランド株式会社』に変更する。これに合わせてツインリンクもてぎは、自然豊かな環境を活かしたアクティビティの進化を踏まえ、モビリティと人と自然がこれまで以上に共生するテーマを表す施設名称『モビリティリゾートもてぎ』に事業所名を変更するとのことだ。

 またこの発表に際して、鈴鹿サーキットとツインリンクもてぎ改めモビリティリゾートもてぎの新ロゴも発表された。モビリティランドはリリースの中で、「ニューノーマル社会においても、当社は、モビリティの体験を通じた「喜び・楽しさ・感動」を広く提供し続けるため、新たなステージで存在が喜ばれるモビリティパークとして、より一層努力してまいります」と結んでいる。

鈴鹿サーキットとモビリティリゾートもてぎの新ロゴ

鈴鹿サーキットとモビリティリゾートもてぎの新ロゴ

Photo by: Mobility Land

 

Read Also:

シェア
コメント
F1とモータースポーツ・ネットワーク、ファン調査の結果発表。16万7000人のフィードバック集まる
前の記事

F1とモータースポーツ・ネットワーク、ファン調査の結果発表。16万7000人のフィードバック集まる

次の記事

次期FIA会長候補ベン・スレイエム「世界のモータースポーツ人口を2倍にしたい」

次期FIA会長候補ベン・スレイエム「世界のモータースポーツ人口を2倍にしたい」
コメントを読み込む