トップイベント

モースポフェス2021が開催見送りに。緊急事態宣言下の社会情勢が影響

2021年3月の実施を目指していていた『モースポフェス2021 SUZUKA〜モータースポーツファン感謝デー〜』は、開催が見送られることとなった。

モースポフェス2021が開催見送りに。緊急事態宣言下の社会情勢が影響

 鈴鹿サーキットを運営する株式会社モビリティランド、トヨタ自動車株式会社、本田技研工業株式会社は2月12日、『モースポフェス2021 SUZUKA〜モータースポーツファン感謝デー〜』の開催を見送ることを明らかにした。

 毎年春に開催されていたモータースポーツファン感謝デーが“モースポフェス”と名を変えパワーアップしたのは2019年。F1やMotoGPをはじめとする世界選手権、そしてスーパーGT、スーパーフォーミュラなどの国内選手権のマシンが集結し、デモランやエキシビションレースなどで大いに盛り上がった。しかし、2020年3月のモースポフェスは新型コロナウイルスの感染が拡大し始めていたことを受けて開催中止に。2021年の開催に向けて準備が進められてきた。

 モビリティランド、ホンダ、トヨタの3社は、川崎重工業、スズキ、SUBARU、ダイハツ、トヨタ車体、日産、日野、マツダ、 三菱、ヤマハといった様々な企業と協力し、オンライン配信なども含めた様々な選択肢を検討しながら開催準備を行なっていた。しかしコロナ禍の影響は収まる気配がなく、国内主要都市を中心に緊急事態宣言が発令されたこともあり、関係者やファンの安心・安全を第一に考えた結果、オンライン配信を含めた全イベントの開催を見送ることに決めたという。

 モビリティランドはプレスリリースに次のように綴り、2022年こそモースポフェスを開催できるよう改めて尽力していくと宣言した。

「ファンの皆様の笑顔のため、モビリティやモータースポーツの魅力を、一人でも多くの方にお楽しみいただけることを目指し、ご協力各社の皆様と共に準備を進めてきましたが、この開催見送りの判断は非常に残念であり、また悔しい思いです」

「2021年のモースポフェスは開催見送りとなりましたが、シーズン開幕に向けて、安心・安全にお楽しみいただけるよう準備を進めてまいります」

「そして、2022年のモースポフェスを、再びモータースポーツ業界一体となり開催できるよう、改めて尽力してまいりますので、ご理解と応援をくださいますようお願い申し上げます」

 

Read Also:

シェア
コメント
日本レース写真家協会が50周年写真展を開催。2月9日〜3月17日まで

前の記事

日本レース写真家協会が50周年写真展を開催。2月9日〜3月17日まで

次の記事

ツインリンクもてぎ、ワンランク上の観戦エリア「グランデッキ」をオープン

ツインリンクもてぎ、ワンランク上の観戦エリア「グランデッキ」をオープン
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ General