F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
30 days
スーパーフォーミュラ
04 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
46 days
18 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
60 days

“佐藤琢磨体制”となった2019年度のSRS-F、岩佐歩夢がスカラシップを獲得

シェア
コメント
“佐藤琢磨体制”となった2019年度のSRS-F、岩佐歩夢がスカラシップを獲得
2019/11/29 7:09

SRS-Formula(鈴鹿サーキットレーシングスクール フォーミュラ)のスカラシップ選考会が行なわれ、岩佐歩夢が2019年度のスカラシップを獲得した。

 佐藤琢磨や山本尚貴をはじめ、国内外で活躍するトップドライバーを数多く輩出してきたSRS-Formula(鈴鹿サーキットレーシングスクール フォーミュラ)。そのスカラシップ(奨学制度)を懸けた最終選考会が11月27日(水)に行なわれた。

 この最終選考会では、様々なカリキュラムを修了した4人の候補生に、SRS-Formulaの卒業生である大湯都史樹、大津弘樹、三宅淳詞、太田格之進の4人が加わり、計8名による2セットの走行が実施された。

 その走行の結果と、これまでの成績を元に協議が行なわれた結果、2019年度のスカラシップ獲得者は岩佐歩夢に決定した。また、今年度からSRS-Formulaのプリンシパルに就任した佐藤にとっては、岩佐が彼の送り出す初めてのスクール生となった。

 岩佐は大阪府出身の18歳。今年はスクールの受講と並行して鈴鹿スーパーFJシリーズに参戦し、2勝を挙げてランキング2位となった。2020年はホンダのドライバー育成プログラム、HFDP(ホンダ・フォーミュラドリーム・プロジェクト)の一員としてFIA-F4にデビューすることが予定されている。

 岩佐はスカラシップ獲得に際して次のようにコメントした。

「スカラシップの獲得はとても嬉しいですが、ひとつの目標を達成したに過ぎません」

「これまで家族や多くの方々に支えられてここまでやってこれました。来年の開幕まで、今自分に足りない部分を見直し準備をして、1年目でFIA-F4のチャンピオンを取り、次のステップに繋げられるよう頑張ります」

Read Also:

次の記事
日産GT-R NISMO、“こだわり”のレゴ化! 最高速は“あなた”次第?

前の記事

日産GT-R NISMO、“こだわり”のレゴ化! 最高速は“あなた”次第?

次の記事

快晴の富士スピードウェイで『NISMO FESTIVAL 2019』開催!

快晴の富士スピードウェイで『NISMO FESTIVAL 2019』開催!
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ General
イベント SRS-Formulaスカラシップ最終選考会
サブイベント SRS-Formulaスカラシップ最終選考会