トムスが『TOM'Sマルチシミュレーションシステム』を発表。カーボンモノコックのシミュレータで圧倒的没入感

トムスは、かつてない体験を作り出すことができる本格的レーシングシミュレータ『TOM'Sマルチシミュレーションシステム』を発表した。

トムスが『TOM'Sマルチシミュレーションシステム』を発表。カーボンモノコックのシミュレータで圧倒的没入感

 トムスは12月10日、本格的レーシングシミュレータ『TOM'Sマルチシミュレーションシステム』を発表した。

 『TOM'Sマルチシミュレーションシステム』は、特殊形状のスクリーンやモーション装置等により、空間視認知や姿勢認知を正確に再現し、臨場感溢れ圧倒的な没入感を実現。“デジタルツイン”と呼ばれる技術を駆使し、あらゆる空間情報の視覚化させるだけでなく、眼球運動や脳波測定など統合分析系の実装が可能で、「フィジカル空間とバーチャル空間を融合させた、かつてない体験を作り出すことができる」としている。

 また、トムスは「DX(デジタルトランスフォーメーション=デジタル技術の変革)を通じた未来のモビリティ社会の実現」を進めており、このシステム群はその中核をなすものとなるという。

 この『TOM'Sマルチシミュレーションシステム』は販売やレンタルの他、現在好評のレーシングスクール『TOM'Sフォーミュラ・カレッジ』の受講者を対象にしたトレーニング、データロガー解析など、様々な形で活用されていくようだ。

 シミュレータは様々なモデルが用意されており、中にはトムス製のシム専用カーボンモノコックが使われているものも。詳細なスペックや価格などについては、TOM'Sフォーミュラ・カレッジのサイトをご参照いただきたい。

 
Read Also:

シェア
コメント
【特集】レース界で大きな一歩踏み出した「夢の燃料」“水素”。一方で残された普及に向けての課題
前の記事

【特集】レース界で大きな一歩踏み出した「夢の燃料」“水素”。一方で残された普及に向けての課題

次の記事

『Honda Racing THANKS DAY 2021-2022』の開催が決定。2022年2月6日に鈴鹿サーキットで実施

『Honda Racing THANKS DAY 2021-2022』の開催が決定。2022年2月6日に鈴鹿サーキットで実施
コメントを読み込む