F1
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
3 days
MotoGP
04 10月
-
06 10月
イベントは終了しました
18 10月
-
20 10月
イベント 進行中 . . .
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
次のセッションまで……
12 days
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
5 days

Moto2タイ決勝:マリーニ独走で今季初優勝。長島哲太15位に沈む

シェア
コメント
Moto2タイ決勝:マリーニ独走で今季初優勝。長島哲太15位に沈む
執筆:
2019/10/06 6:36

MotoGP第15戦タイGPのMoto2クラス決勝がチャーン・インターナショナル・サーキットで行われた。優勝はルカ・マリーニ。長島哲太は15位だった。

 MotoGP第15戦タイGPのMoto2クラス決勝が行われ、ルカ・マリーニ(SKY Racing Team VR46)が今季初優勝を飾った。

 フライアウェイ初戦は、長島哲太(ONEXOX TKKR SAG Team)が2番グリッドを確保。ポールポジションはポイントリーダーのアレックス・マルケス(EG 0,0 Marc VDS)だ。

 チャーン・インターナショナル・サーキットは気温32℃、路面温度52℃と灼熱のコンディションに包まれた。

 24周の決勝レースがスタートすると長島は良い蹴り出しを見せたが、トップはマルケスがキープ。大きな混乱無く1周目を終え、長島は2番手で先頭のマルケスを追った。

 集団は1周目から縦長になり、2周目のターン1でルカ・マリーニが長島をかわしてポジションを2番手に上げた。

 先頭のマルケスとそれに食らいついていたマリーニは早くも集団を引き離し始め、2周を終えた段階で、1秒近いギャップを作った。

 一方で長島はマリーニに追い抜かれた後、次々とポジションを落としてしまい、3周目には8番手にまで位置を下げてしまった。

 トップ争いではマリーニが早々にマルケスをオーバーテイク。先頭に立つとそのままギャップを広げにかかり、マルケスを引き離していった。

 マリーニはファステストラップを連続で刻み、5周目には既に2番手のマルケスに1秒差。引き離されたマルケスは、3番手を走るペースの良いイケル・レクオナ(American Racing KTM)にも追いつかれ始めてしまった。

 2番手を争うマルケスとレクオナに追いついたのがブラッド・ビンダー(Red Bull KTM Ajo)だ。マルケスとレクオナが牽制しあっている間にすぐ後ろにまで迫ってきた。

 それを尻目に、先頭のマリーニは淡々と好ペースで走行。10周を消化して2秒のギャップを築くに至った。

 レクオナはマルケスに対してブレーキングで迫るが、なかなかオーバーテイクはできずに残り周回を減らしていく。それを繰り返しているうちにビンダー、さらにはアウグスト・フェルナンデス(FLEXBOX HP 40)にも完全に追いつかれてしまい、残り12周のところで2番手争いは4台の集団となった。

 残り11周、最終コーナーでレクオナがマルケスのインに入って、ついに2番手に浮上。しかしホームストレートからターン1にかけてマルケスが反撃に転じ、ポジションを取り戻そうとする。しかし4番手のビンダーからの攻撃にも晒されてなかなか2番手に復帰できない状態が続いた。マルケスは、結局ビンダーにも追い越しを許して4番手にポジションを落とした。

 残り5周、フェルナンデスがマルケスに襲いかかった。フェルナンデスはターン8、9でインに突っ込むと4番手に浮上。マルケスは最終コーナーでやり返していくが、フェルナンデスを抑えきれずにポジションは入れ替わった。

 一方、先頭のマリーニはペースを緩めること無く独走、残り5周で3.5秒ものギャップを築いた。

 2番手争いではレクオナとビンダーの争いが激化。ビンダーがプレッシャーをかけ、ストレートエンドのターン3で追い抜きを狙うがそれは叶わず、ポジションはそのままでラストラップへと入った。

 独走のマリーニは2秒以上の差をつけてチェッカー。今季初優勝を挙げた。

 2番手争いの勝負は最終コーナーまでもつれ込んだ。レクオナがイン側のラインを選んだものの、ビンダーはアウト側のラインから先行。最終コーナーをレクオナの前で立ち上がり、ビンダーが2位でチェッカーを受けた。

 3位はレクオナ。惜しくも最終コーナーのバトルで敗れた。

 またマルケスは5位でフィニッシュ。ランキング2番手に浮上したフェルナンデスとのポイント差は40となっている。

 2番グリッドスタートで好結果が期待された長島だが、序盤のポジションダウンが響き、15位でフィニッシュ。かろうじてポイントを持ち帰った。

【リザルト】MotoGP第15戦タイGP Moto2クラス決勝

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 ポイント
1 Italy ルカ マリーニ 24 -     25
2 South Africa ブラッド ビンダー 24 2.296 2.296 2.296 20
3 Spain イケル レクオーナ 24 2.544 2.544 0.248 16
4 Spain アウグスト フェルナンデス 24 2.585 2.585 0.041 13
5 Spain アレックス マルケス 24 2.919 2.919 0.334 11
6 Spain ホルヘ マルティン 24 6.839 6.839 3.920 10
次の記事
Moto2タイ予選:長島哲太、好調の2番手フロントロウ。マルケスがポール獲得

前の記事

Moto2タイ予選:長島哲太、好調の2番手フロントロウ。マルケスがポール獲得

次の記事

國井勇輝Moto3参戦決定。Honda Team Asiaの2020年ラインアップ発表

國井勇輝Moto3参戦決定。Honda Team Asiaの2020年ラインアップ発表
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP , Moto2
イベント Buriram
執筆者 永安陽介