トップイベント

フランスF4王者の岩佐歩夢、レッドブルジュニア入りへ。2021年の舞台はFIA F3?

シェア
コメント
フランスF4王者の岩佐歩夢、レッドブルジュニア入りへ。2021年の舞台はFIA F3?

2020年のフランスF4でチャンピオンを獲得した岩佐歩夢は、レッドブルジュニアチームの一員として2021年シーズンを戦うことになるようだ。

 2020年はフランスF4に参戦し、1年目にしてチャンピオンに輝いた岩佐歩夢。彼は現在レッドブルジュニアチームのドライバーに名を連ねており、2021年は彼らのサポートの下で戦うものと思われる。

Read Also:

 岩佐は2019年、鈴鹿サーキットレーシングスクールのフォーミュラ部門、SRS-Fを受講。見事スカラシップを獲得し、翌2020年は佐藤蓮と共にフランスF4に参戦した。

 全7ラウンド21レースで争われた同シリーズで岩佐は優勝9回、表彰台15回を記録。安定して速さを発揮し、参戦1年目ながらシリーズチャンピオンを獲得した。

 そんな岩佐の2021年シーズンに向けた動向には注目が集まっていたが、既にレッドブルジュニアチーム公式サイトの『Red Bull Junior Team Drivers』のページには岩佐がその名を連ねている。関係者の話を総合すると、岩佐は今季レッドブルジュニアとしてFIA F3にステップアップすることになるようだ。

 岩佐が入学した2019年からSRS-Fのプリンシパルを務める佐藤琢磨は、同年の暮れに岩佐を「マシンをコントロールする能力、状況を見極めてピークに持っていく力がすごくあります。1年を通して見ると、スカラシップ選考会に残っていた生徒4名の中でも、彼は最初からコントロールが抜群に上手でした」と評していた。またヴァイス・プリンシパルの中野信治も「スクールでは圧倒的に強かったドライバー。全体のレベルが高かった中でも、抜けていた」とその能力を絶賛していた。

 なお、ホンダは1月15日(金)10時に、2021年の4輪モータースポーツ参戦体制をオンラインで発表する。岩佐のFIA F3参戦については、ここで正式な発表が行なわれるものとみられる。

 

Read Also:

「女性であることはマイナスじゃない」Juju、14歳は初の海外挑戦で濃密な1年に

前の記事

「女性であることはマイナスじゃない」Juju、14歳は初の海外挑戦で濃密な1年に

次の記事

Juju、2021年の戦いの舞台はアメリカに。ROKiTの支援も受け『F4 US』に参戦

Juju、2021年の戦いの舞台はアメリカに。ROKiTの支援も受け『F4 US』に参戦
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ Other open wheel