スーパーフォーミュラ第3戦決勝日はウエットコンディションに。日曜フリー走行は岩佐歩夢がホームストレートでスピンし赤旗終了

スーパーフォーミュラ第3戦SUGOの日曜フリー走行は、開始5分頃に起きた岩佐歩夢のスピンで赤旗が出され、そのまま天候は回復せず終了となった。

Ayumu Iwasa, TEAM MUGEN

Ayumu Iwasa, TEAM MUGEN

写真:: Masahide Kamio

 スポーツランドSUGOで行なわれているスーパーフォーミュラ第3戦。日曜午前のフリー走行は雨により、開始5分ほどで赤旗が出されたままセッション終了となった。

 週末は雨の予報がされていたSUGO戦は、予選日こそドライコンディションだったが決勝日は雨となった。9時55分にフリー走行が開始される頃には路面に落ちる雨量も多かったが、来たるウエットレースに向けて確認を進めるべく、各車がコースに出ていった。

 SPアウトコーナーで笹原右京(VANTELIN TEAM TOM’S)がスピンするなど、各車雨量の多い路面に手を焼く中、決勝2番グリッドを確保している岩佐歩夢(TEAM MUGEN)がホームストレートを走行中にハイドロプレーニング現象からか、コントロールを失いスピン。ピットウォールにヒットしてストップした。幸い後続のマシンが絡むようなことはなかったものの、上り勾配を抜けた先で尚且つ水煙が上がっているという視界の悪いコンディションだったため、ヒヤッとするアクシデントであった。

 岩佐のマシンは左リヤホイールが割れており、足回りにもダメージがある模様。セッションは赤旗中断となったが、岩佐のマシンが回収された後もコンディションが回復せず、セッションが再開されないまま終了となった。

 結局タイムを計測したのは10台、トップタイムは木村偉織(San-Ei Gen with B-Max)の1分34秒502だった。なお主催のJRPによると、通常8分間で行なわれるスタート前のウォームアップ走行が20分間に延長されるという。

 

前の記事 “人生で一番大事な”レースウィークを迎えた平良響。SFデビュー戦で目標の予選Q1突破は惜しくも達成ならず「データを見れば見るほど悔しい」
次の記事 天候不良のスーパーフォーミュラ第3戦SUGO、山本尚貴がクラッシュし決勝前ウォームアップが中断。ドライバーは大事に至らずも、コース修復でスタート進行遅延

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本