スーパーフォーミュラ

第1戦鈴鹿|パロウが金曜専有走行で一番時計を記録するも、セッション終盤にクラッシュ

シェア
コメント
第1戦鈴鹿|パロウが金曜専有走行で一番時計を記録するも、セッション終盤にクラッシュ
執筆:
2019/04/19 7:53

2019年の全日本スーパーフォーミュラ選手権第1戦。金曜日の専有走行セッションが行われアレックス・パロウ(TCS NAKAJIMA RACING)がトップタイムを記録した。

 鈴鹿サーキットで今週末開催される全日本スーパーフォーミュラ選手権の第1戦。金曜日の専有走行セッションが同地で行われ、アレックス・パロウ(TCS NAKAJIMA RACING)がトップタイムを記録した。

 朝から晴天に恵まれた鈴鹿サーキットだがお昼ごろから曇り空に。それでもドライコンディションの中で12時40分にセッションが開始され、各車が続々とコースインした。

 今年から持ち越しの中古タイヤが3セットに増えたことと、SF19でのデータがまだ豊富でないということもあり、セッション開始直後から各車とも積極的に走行を行っていた。

 開始10分を過ぎ、昨年王者の山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)が1分38秒471を記録しトップに浮上したが、すぐにアレックス・パロウ(TCS NAKAJIMA RACING)が1分38秒275をマーク。トップタイムを更新した。

 さらに今季デビューするハリソン・ニューウェイ(B-Max Racing with motopark)もソフトタイヤで1分38秒台を記録し、上位に顔を連ねた。

 開始25分を迎えると富士公式テストから調子を上げつつある関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)が1分38秒174をマークしトップに浮上するが、これに対しパロウもタイムを上げて1分38秒095で再びトップに立った。

 開始から30分を経過したところで大嶋和也(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS)がデグナー2つ目でスピン。コース上にマシンを止めてしまい赤旗中断となった。

 マシンが回収され13時21分にはセッションが再開されたが、今度は同じ場所でパロウがコースオフを喫した。ガードレールにマシンをヒットさせてフロント部分を破損。そのままコース上に止まってしまい、2度目の赤旗中断となった。

 これに伴い、このセッションは5分間延長され、残り8分のところでセッションが再開された。ただ、各車ともタイムアタックのシミュレーションなどは行う様子もなく、引き続きコンディションの確認や用意していたテストメニューをこなすチームがほどんどだった。そんな中でタイムを更新してきたのがダニエル・ティクトゥム(TEAM MUGEN)。1分38秒469を記録し、3番手に食い込んだ。

 ここでチェッカーフラッグが振られセッション終了。クラッシュの影響で終盤は走れなかったが、パロウがトップタイムでセッションを終えた。2番手には関口、3番手にはティクトゥムが続いた。

Pos. ドライバー Team タイム
1 アレックス・パロウ TCS NAKAJIMA RACING 1'38.095
2 関口 雄飛 ITOCHU ENEX TEAM IMPUL 1’38.174
3 ダニエル・ティクトゥム TEAM MUGEN 1'38.469
4 山本 尚貴 DOCOMO TEAM DANDELION RACING 1'38.471
5 ハリソン・ニューウェイ B-Max Racing with motopark 1'38.551
6 中嶋 一貴 VANTELIN TEAM TOM’S 1'38.918
7 牧野 任祐 TCS NAKAJIMA RACING 1'38.923
8 ルーカス・アウアー B-Max Racing with motopark 1'38.950
9 平川 亮 ITOCHU ENEX TEAM IMPUL 1'39.169
10 石浦 宏明 JMS P.MU/CERUMO・INGING 1'39.189
11 山下 健太 KONDO RACING 1'39.190
12 野尻 智紀 TEAM MUGEN 1'39.217
13 小林 可夢偉 carrozzeria Team KCMG 1'39.237
14 アーテム・マルケロフ TEAM LEMANS 1'39.432
15 坪井 翔 JMS P.MU/CERUMO・INGING 1'39.445
16 大嶋 和也 TEAM LEMANS 1'39.558
17 ニック・キャシディ VANTELIN TEAM TOM’S 1'39.590
18 福住 仁嶺 DOCOMO TEAM DANDELION RACING 1'39.708
19 国本 雄資 KONDO RACING 1'39.711
20 トリスタン・シャルパンティエ REAL RACING 1'40.187
次の記事
スーパーフォーミュラ第1戦鈴鹿|金曜専有走行タイム結果

前の記事

スーパーフォーミュラ第1戦鈴鹿|金曜専有走行タイム結果

次の記事

アレックス・パロウ、終盤にクラッシュを喫するも好調をキープ「まずはQ3進出を確実に狙う」

アレックス・パロウ、終盤にクラッシュを喫するも好調をキープ「まずはQ3進出を確実に狙う」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント 第1戦:鈴鹿
サブイベント 金曜練習走行
執筆者 Tomohiro Yoshita