【スーパーフォーミュラ】アレジが初のPP獲得! 第3戦オートポリス|予選タイム結果

スーパーフォーミュラ第3戦オートポリスの公式予選が行なわれ、ウエットコンディションで何度も赤旗中断となるセッションの中、Kuo VANTELIN TEAM TOM’Sのジュリアーノ・アレジが初のポールポジションを獲得した。

【スーパーフォーミュラ】アレジが初のPP獲得! 第3戦オートポリス|予選タイム結果
Listen to this article

【スーパーフォーミュラ第3戦オートポリス:公式予選タイム結果】

1. ジュリアーノ・アレジ(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S) 1'38.252
2. 宮田莉朋(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S) 1'38.337
3. 阪口晴南(P.MU/CERUMO・INGING) 1'38.511
4. 関口雄飛(carenex TEAM IMPUL) 1'38.651
5. 坪井翔(P.MU/CERUMO・INGING) 1'38.757
6. 平川亮(carenex TEAM IMPUL) 1'38.910
7. 野尻智紀(TEAM MUGEN) 1'39.197
8. 牧野任祐(DOCOMO TEAM DANDELION RACING) 1'39.626
9. 塚越広大(ThreeBond Drago CORSE) 1'39.721
10. 山下健太(KONDO RACING) 1'40.145
11. 大津弘樹(Red Bull MUGEN Team Goh) 1'40.585
12. 山本尚貴(TCS NAKAJIMA RACING) 1'40.766
13. 松下信治(B-Max Racing Team) 1'40.823
14. 国本雄資(KCMG) 1'41.351
15. 小高一斗(KCMG) 1'41.521
大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING)
中山雄一(KONDO RACING)
福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)
大嶋和也(NTT Communications ROOKIE)

 

Read Also:

シェア
コメント

【スーパーフォーミュラ】第3戦オートポリス|フリー走行1回目タイム結果

SF2戦目で初ポールのアレジ、強気のアタックが奏功「少しリスクを背負ってでも攻めようと思った」

最新ニュース

ライブ配信|いざタイトル防衛へ。レッドブル・レーシング、2023年マシン『RB19』発表会

ライブ配信|いざタイトル防衛へ。レッドブル・レーシング、2023年マシン『RB19』発表会

F1 F1

ライブ配信|いざタイトル防衛へ。レッドブル・レーシング、2023年マシン『RB19』発表会 ライブ配信|いざタイトル防衛へ。レッドブル・レーシング、2023年マシン『RB19』発表会

ミニチュア版なら”一生モノ”。マーカス・エリクソン、インディ500勝者の証「ベイビー・ボルグ」を受け取る

ミニチュア版なら”一生モノ”。マーカス・エリクソン、インディ500勝者の証「ベイビー・ボルグ」を受け取る

Indy IndyCar

ミニチュア版なら”一生モノ”。マーカス・エリクソン、インディ500勝者の証「ベイビー・ボルグ」を受け取る ミニチュア版なら”一生モノ”。マーカス・エリクソン、インディ500勝者の証「ベイビー・ボルグ」を受け取る

フェラーリ、2022年の販売台数・純利益は過去最高を記録。F1タイトル争い失速し逃した裏で

フェラーリ、2022年の販売台数・純利益は過去最高を記録。F1タイトル争い失速し逃した裏で

Auto Automotive

フェラーリ、2022年の販売台数・純利益は過去最高を記録。F1タイトル争い失速し逃した裏で フェラーリ、2022年の販売台数・純利益は過去最高を記録。F1タイトル争い失速し逃した裏で

ただのステッカーじゃありません! ル・マン仕様NASCARカップカー、ヘッドライトを初搭載。性能はGT3より上?

ただのステッカーじゃありません! ル・マン仕様NASCARカップカー、ヘッドライトを初搭載。性能はGT3より上?

LM24 Le Mans

ただのステッカーじゃありません! ル・マン仕様NASCARカップカー、ヘッドライトを初搭載。性能はGT3より上? ただのステッカーじゃありません! ル・マン仕様NASCARカップカー、ヘッドライトを初搭載。性能はGT3より上?