スーパーフォーミュラ第4戦SUGO:日曜フリー走行は大湯都史樹がトップタイムを記録

スーパーフォーミュラ第4戦SUGOの日曜フリー走行が行なわれ、TCS NAKAJIMA RACINGの大湯都史樹がトップタイムを記録した。

スーパーフォーミュラ第4戦SUGO:日曜フリー走行は大湯都史樹がトップタイムを記録

 スポーツランドSUGOで行なわれている2021年スーパーフォーミュラ第4戦は決勝日を迎え、午前9時より30分間のフリー走行が行なわれた。トップタイムを記録したのは大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING)だった。

 走行初日はウエットコンディションとなった今大会だが、決勝日の天候は曇り。ピットロードを中心に、完全には路面が乾ききっていない部分も若干見られる……そんな状況だ。

 セッション開始と共に各車ピットアウトしていくと、10分が過ぎた頃には山本尚貴(TCS NAKAJIMA RACING)が1分8秒台、1分7秒台にタイムを上げていき、タイムシートの最上段に。2番手以下には福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)、大湯らが続いた。

 残り5分という頃には平川亮の代役として参戦している高星明誠(carenex TEAM IMPUL)がトップに立つ場面もあったが、終了間際には大湯がそれを上回る1分06秒749というタイムを記録。今週末初めてのドライセッションをトップで終え、同日13時30分からの決勝レースに弾みをつけた。雨の予選でポールポジションを獲得した関口雄飛(carenex TEAM IMPUL)は12番手。全19台が1秒差以内にいるという僅差のセッションだった。

【スーパーフォーミュラ第4戦SUGO:日曜フリー走行タイム結果】

1. 大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING)1'06.749
2. 高星明誠(carenex TEAM IMPUL)1'07.093
3. 山本尚貴(TCS NAKAJIMA RACING)1'07.142
4. 野尻智紀(TEAM MUGEN)1'07.144
5. 宮田莉朋(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)1'07.145
6. 坪井翔(P.MU/CERUMO・INGING)1'07.152
7. 福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)1'07.233
8. 山下健太(KONDO RACING)1'07.238
9. 松下信治(B-Max Racing Team)1'07.243
10. 塚越広大(ThreeBond Drago CORSE)1'07.308
11. 小高一斗(KCMG)1'07.374
12. 関口雄飛(carenex TEAM IMPUL)1'07.386
13. 阪口晴南(P.MU/CERUMO・INGING)1'07.433
14. 大津弘樹(Red Bull MUGEN Team Goh)1'07.526
15. 国本雄資(KCMG)1'07.540
16. 牧野任祐(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)1'07.570
17. ジュリアーノ・アレジ(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)1'07.609
18. 中山雄一(KONDO RACING)1'07.630
19. 大嶋和也(NTT Communications ROOKIE)1'07.741

 

Read Also:

シェア
コメント
関口雄飛、ポールポジションの喜び噛み締め「今年も走らせてくれた関係者すべてに感謝」

前の記事

関口雄飛、ポールポジションの喜び噛み締め「今年も走らせてくれた関係者すべてに感謝」

次の記事

【スーパーフォーミュラ】レース展開を左右する要因に? 改修されたSUGOのピット出口はドライバーから懸念の声も

【スーパーフォーミュラ】レース展開を左右する要因に? 改修されたSUGOのピット出口はドライバーから懸念の声も
コメントを読み込む