スーパーフォーミュラの2022年開催スケジュールが発表。4月富士開幕の全7戦、岡山戦はカレンダー入りせず

2022年スーパーフォーミュラの開催カレンダーが8月6日に発表され、全7戦のスケジュールで行なわれることが明らかとなった。

スーパーフォーミュラの2022年開催スケジュールが発表。4月富士開幕の全7戦、岡山戦はカレンダー入りせず

 全日本スーパーフォーミュラ選手権を運営する日本レースプロモーションは8月6日、同選手権の2022年シーズンの開催スケジュールを発表した。

 2020年シーズンはコロナ禍の影響、2021年シーズンは東京オリンピックの影響で変則的なカレンダー編成となったスーパーフォーミュラだが、2022年シーズンは4月に開幕する全7戦によって競われることとなった。

 開幕戦の舞台は今季同様、富士スピードウェイ。4月9日、10日に開催される予定で、同月23日、24日に鈴鹿サーキットで第2戦が行なわれる。こちらも今季と同じ流れだ。

 5月に第3戦としてオートポリス、6月に第4戦としてスポーツランドSUGOでのレースが開催されるのも例年通り。7月には富士スピードウェイで第5戦、8月にはツインリンクもてぎで第6戦を行ない、そこから2ヵ月という比較的長いインターバルを挟み、10月29日、30日に鈴鹿サーキットで最終戦が行なわれるという流れとなっている。

 なお、近年スーパーフォーミュラのスケジュールに組み込まれてきた岡山国際サーキットでのレースはカレンダー入りしなかった。岡山戦に関しては、今季も10月に第6戦としての開催を予定されていたが、4月になって開催地がツインリンクもてぎに変更されていた。

■2022年全日本スーパーフォーミュラ選手権 開催スケジュール

第1戦:4月9日(土)、10日(日) 富士スピードウェイ 
第2戦:4月23日(土)、24日(日) 鈴鹿サーキット
第3戦:5月21日(土)、 22日(日) オートポリス
第4戦:6月18日(土)、19日(日) スポーツランドSUGO
第5戦:7月16日(土)、17日(日) 富士スピードウェイ
第6戦:8月20日(土)、21日(日) ツインリンクもてぎ              
第7戦 :10月29日(土)、30日(日) 鈴鹿サーキット

 

Read Also:

シェア
コメント
ThreeBond DragoCORSE、タチアナ・カルデロンのレース日記|第3回:日本に戻れぬ日々……インディカーも経験し、いざル・マンへ
前の記事

ThreeBond DragoCORSE、タチアナ・カルデロンのレース日記|第3回:日本に戻れぬ日々……インディカーも経験し、いざル・マンへ

次の記事

JAF、2022年のFIA国際スポーツカレンダー登録申請一覧を発表。F1日本GPとWEC富士は現状同日程での申請に

JAF、2022年のFIA国際スポーツカレンダー登録申請一覧を発表。F1日本GPとWEC富士は現状同日程での申請に
コメントを読み込む