スーパーフォーミュラ、2020年最終戦の開始日程を変更予定。WEC富士と日程重複

シェア
コメント
スーパーフォーミュラ、2020年最終戦の開始日程を変更予定。WEC富士と日程重複
2019/12/23 9:12

スーパーフォーミュラの2020年シーズン最終戦鈴鹿の開催日程が、WEC富士6時間レースとのスケジュール重複に伴い、変更される予定であることが発表された。

 スーパーフォーミュラを運営する日本レースプロモーション(JRP)は、2020年の開催スケジュールについて、一部変更する可能性があることを明らかにした。

 当初スーパーフォーミュラの第7戦JAF鈴鹿GPは、10月30日から11月1日の日程で開催される予定になっていた。しかし、これが11月14日〜15日の日程に変更されることとなった。

 この変更は、WEC(FIA世界耐久選手権)の2020-2021年シーズンの開催カレンダーの決定に伴うもの。当初スーパーフォーミュラ第7戦の開催を予定していた週末には、WEC第3戦富士6時間レースが開催されることになったため、2週間後ろ倒しされる格好となった。

 この変更はあくまで予定であり、主催者からJAF(日本自動車連盟)に対して、後日正式な申請がなされる予定だという。

 なおスーパーフォーミュラの2020年シーズンは、当初富士スピードウェイで開幕する予定だったが、WECベルギー戦や東京オリンピックなどとの兼ね合いで鈴鹿サーキットで開幕することに変更されており、今回で2度目のスケジュール変更となる。

 変更後のスーパーフォーミュラ2020年シーズンの開催スケジュールは、以下の通りとなる予定だ。

第1戦 4月4日(土)・ 5日(日):鈴鹿サーキット
第2戦 4月18日(土)・19 日(日):富士スピードウェイ
第3戦 5月16日(土)・17 日(日):オートポリス
第4戦 6月20日(土)・21 日(日):スポーツランドSUGO
第5戦 8月29日(土)・ 30 日(日):ツインリンクもてぎ
第6戦 9月26日(土)・ 27 日(日):岡山国際サーキット
第7戦 11月14日(土)・15 日(日):鈴鹿サーキット

Read Also:

次の記事
ハリソン・ニューウェイの2020年……スーパーフォーミュラ継続の可能性は?

前の記事

ハリソン・ニューウェイの2020年……スーパーフォーミュラ継続の可能性は?

次の記事

2019年に活躍したトップドライバー50選。日本人はふたりがランクイン

2019年に活躍したトップドライバー50選。日本人はふたりがランクイン
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ