F1
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
MotoGP
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
イベントは終了しました

パーツ取り車の準備は当たり前! 2年目の富士24時間に向け各チーム用意周到

シェア
コメント
パーツ取り車の準備は当たり前! 2年目の富士24時間に向け各チーム用意周到
執筆:
2019/05/31 12:26

2年目を迎えるSUPER TEC富士24時間レース。昨年の経験も踏まえてか、各チームとも用意周到に長丁場のレースを乗り切る対策をしていた。

#47 D'station Porsche
#104 ROOKIE RACING 86
パドックに用意された洗濯機
パドック内に設置されたコンテナルーム
#104 ROOKIE RACINGのピット裏にスタッフ用に用意されたインスタント食品
#69 J's RACING☆FIT
#501 KCMG Annika CIVIC TCR
パドック内に設置されたコンテナルーム

 富士スピードウェイで行われているピレリ スーパー耐久シリーズ2019「SUPER TEC富士24時間レース」。その決勝レースは、6月1日にスタートを切る。今回が2年目の開催ということもあり、各チームとも念入りに“24時間レース対策”を施しているのが印象的だった。

 通常スーパー耐久の決勝は3~5時間の耐久レースで争われるが、今回の富士ラウンドに関しては24時間レース。長丁場のレースゆえに不測の事態が起こりがちということで、各チームともいつも以上にスペアパーツを準備してきている様子がみられた。

 昨年はレース開始早々にアクシデントに巻き込まれ、右側のドアを損傷したNo.59 DAMD MOTUL ED WRXがチームの移動車として使用していた市販のスバル WRX STIの右ドアを移植したことが話題となった。

 この先例もあってか、今年は大半のチームがパーツ取り用の車両を用意しているのがパドックでも確認された。特にST-Xクラスで戦う#83 X WORKS Audi R8は、レースで使用するマシンの他に、カバーをかけられたアウディR8 LMSらしき車両がパドックに置かれている。形状からしてパーツ取り用として用意されたとみていいだろう。さらに#300 TAIROKU RACING GT-R GT3も、パドックに停車しているトラックに、もう1台の車両があるのが確認されている。これは8月の鈴鹿10時間耐久レースに出る2台目の車両のようだが、不測の事態に備えてパーツ取り車両として用意していると思われる。この他にもST-TCRクラスの#501 KCMG Annika CIVIC TCRや、ST-1クラスの#47 D’station Porscheのガレージ内には、カラーリングされていない車両が置かれており、これもパーツ取り用として用意されたようだ。

 この他にも、ST-4クラスやST-5クラスでは、参戦車両と同型の市販車が積載車に積まれていたり、パドック内に駐車されているのが確認された。スーパー耐久ではレース中の車両自体の交換は認められていないが、こうしてパーツを移植する分には違反ではない。

 昨年の24時間レースを経験して、こういった準備をしてきているチームが多いようだ。

 また、ドライバーだけでなくメカニックも24時間にわたってレースの対応をするため、チームによっては電子レンジや炊飯器はもちろんのこと、洗濯機や冷蔵庫を準備しているところもあった。さらに昨年はあまり見られなかったが、仮設のコンテナルームを用意して、そこをスタッフやドライバーの仮眠スペースにしているところもあるようだ。

 富士スピードウェイでは夜間のピット作業をスムーズに行えるようにピットレーンやピット作業エリアを照らす照明を昨年から強化をしているが、今年は各チームがさらに作業しやすいようにと自分たちで照明を用意。給油タワーなどに設置しているチームも見られた。

 2年目の24時間レースということで、各チームとも対策は万全の様子。それだけに、今年はよりレベルの高い戦いが各クラスで繰り広げられそうだ。

次の記事
予選PPのハリソン・ニューウェイ「チームが素晴らしいクルマを用意してくれた」

前の記事

予選PPのハリソン・ニューウェイ「チームが素晴らしいクルマを用意してくれた」

次の記事

ST-TCRで今季初PP、97号車の中野信治「決勝も全員でうまく組み立てたい」

ST-TCRで今季初PP、97号車の中野信治「決勝も全員でうまく組み立てたい」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパー耐久
イベント 第3戦 富士
執筆者 Tomohiro Yoshita