HOPPY 86 MCが得意でない富士でポールポジション!

シェア
コメント
HOPPY 86 MCが得意でない富士でポールポジション!
執筆: 吉田知弘
2018/08/04 7:48

2018スーパーGT第5戦富士の予選。GT300クラスは#25 HOPPY 86 MCが今季初のポールポジションを獲得した。

 富士スピードウェイで行われている2018スーパーGT第5戦富士。GT300クラスの公式予選は、#25 HOPPY 86 MC(松井孝允/坪井翔)がポールポジションを獲得した。

 朝から例年以上の暑さとなっている富士スピードウェイ。気温31度、路面温度44度という灼熱のコンディションの中でGT300クラスのQ1がスタートした。

 午前中の公式練習ではGT3勢が速さをみせていたが、いざ予選が始まるとJAF-GT、マザーシャシー勢が上位に顔を並べる。まず最初に#25 HOPPY 86 MC(松井孝允)が1分38秒089をマークすると、セッション終盤には#2 シンティアム・アップル・ロータス(加藤寛規)が1分38秒030を叩き出し、トップでQ1を通過した。

 さらに5番手には#31 TOYOTA PRIUS apr GT(平手晃平)、8番手には#5 マッハ車検 MC86 Y’s distraction、11番手には#61 SUBARU BRZ R&D SPORTが入り、GT3勢有利と言われている富士で速さをみせた。

 対するGT3勢も#10GANER TANAX triple a GT-Rが3番手、#55 ARTA BMW M6 GT3が4番手に食い込み、最終的にトップ14が0.519秒以内にひしめく接戦となった。

 続くQ2は0.001秒を削り取る激しいタイムアタック合戦となった。

 まずは、Q1で2番手通過を果たした#25 HOPPY 86 MCの坪井翔が1分37秒706でトップに浮上。ここでもライバルをリードした。しかし、#10 GAINER TANAX triple a GT-R(吉田広樹)が1分37秒694でトップタイムを更新した。さらに#55 ARTA BMW M6 GT3(高木真一)も僅差のタイムをマークした。

 全車ともにもう一度タイムアタックを行うと、坪井が抜群の速さを披露した。1分37秒312で逆転トップに浮上した。直後に#55 ARTA BMW M6 GT3の高木も好タイムを記録するが、0.014秒届かず2番手となった。

 ここでチェッカーフラッグとなりQ2が終了。ここ富士は苦手としていた#25 HOPPY 86 MCがポールポジションを獲得。坪井自身にとっては初ポールとなった。2番手には#55 ARTA BMW M6 GT3、3番手には#10 GAINER TANAX triple a GT-Rが3番手に入った。

 持っているパフォーマンスを全て出し尽くしての予選だったようで、マシンを降りた坪井はいつになく興奮していた。何度もガッツポーズし喜びを爆発させていた。

スーパーGT第5戦富士GT500マイル GT300予選タイム結果

1. #25 HOPPY 86 MC/1'37.312
2. #55 ARTA BMW M6 GT3/1'37.326
3. #10 GAINER TANAX triple a GT-R/1'37.616
4. #0 グッドスマイル 初音ミク AMG/1'37.891
5. #21 Hitotsuyama Audi R8 LMS/1'38.119
6. #61 SUBARU BRZ R&D SPORT/1'38.156
7. #18 UPGARAGE 86 MC/1'38.352
8. #7 D’station Porsche/1'38.405
9. #65 LEON CVSTOS AMG/1'38.410
10. #11 GAINER TANAX GT-R/1'38.447
11. #31 TOYOTA PRIUS apr GT/1'38.504
12. #5 マッハ車検 MC86 Y's distraction/1'38.886
13. #2 シンティアム・アップル・ロータス/1'40.202
14. #777 CARGUY NSX GT3/1'41.069
-- 以上、予選Q2にて決定 --

15. #26 TAISAN R8 FUKUSHIMA/1'38.589
16. #87 リーガルフロンティア ランボルギーニ GT3/1'38.609
17. #96 K-tunes RC F GT3/1'38.684
18. #52 埼玉トヨペットGreenBraveマークX MC/1'38.810
19. #360 RUNUP RIVAUX GT-R/1'38.951
20. #50 EXE AMG GT3/1'39.228
21. #117 EIcars BENTLEY GT3/1'39.270
22. #30 TOYOTA PRIUS apr GT/1'39.270
23. #60 SYNTIUM LMcorsa RC F GT3/1'39.381
24. #48 植毛 GT-R/1'39.782
25. #35 ARTO RC F GT3/1'39.972
26. #9 GULF NAC PORSCHE 911/1'40.123
27. #22 アールキューズ AMG GT3/1'40.616
28. #88 マネパ ランボルギーニ GT3/1'46.037 ※
  #34 Modulo KENWOOD NSX GT3/DNS

※走路外走行により該当ラップタイム抹消

次の スーパーGT ニュース
第5戦富士500マイル開幕、公式練習は赤旗2度の大波乱。23号車ニスモ首位

前の記事

第5戦富士500マイル開幕、公式練習は赤旗2度の大波乱。23号車ニスモ首位

次の記事

大クラッシュの38号車LC500、決勝出走を目指し修復中

大クラッシュの38号車LC500、決勝出走を目指し修復中
Load comments

この記事について

シリーズ スーパーGT
イベント 第5戦富士
サブイベント 土曜日 予選
執筆者 吉田知弘
記事タイプ 予選レポート