トップイベント
F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
53 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
60 days

ピレリ、WRCのタイヤサプライヤーに。2021年からミシュランに代わり単独供給

シェア
コメント
ピレリ、WRCのタイヤサプライヤーに。2021年からミシュランに代わり単独供給
執筆:
2019/12/22 8:57

ピレリは、2021年からWRCのコントロールタイヤサプライヤーに選出。ミシュランに代わりタイヤを供給することになる。

 ピレリは、2021年から世界ラリー選手権(WRC)のコントロールタイヤサプライヤーに選出された。ミシュランに代わり、2021年からWRCとWRC2クラスにタイヤを供給する事になる。

 最近、F1へのタイヤ供給契約を4年間延長したピレリは、1973年にWRCがスタートして以降、WRCや欧州ラリー選手権のジュニアカテゴリーにもタイヤを供給してきた。

 WRCのタイヤサプライヤーを決める入札には、現在タイヤを供給しているミシュランやピレリの他、MRFとハンコックも参加。この4メーカーが選考プロセスの最終段階に進んだと考えられていた。

 ピレリは2008年から2010年までWRCにタイヤを独占供給していたが、F1に専念するため一時撤退していた。それ以降、ほとんどのワークスチームがミシュランタイヤを使用。ピレリは時折プライベーターチームにタイヤを供給する程度だった。

 FIA世界モータースポーツ評議会は、WRCタイヤサプライヤーに関する電子投票を実施。12月20日(金)の午後に決定が下された。
 
 FIAラリーディレクターのイブ・マットンは、次のように述べた。

「これは、WRCの発展におけるエキサイティングな新しいフェイズであり、2021年から4年間、ピレリを独占的な単独タイヤサプライヤーとして発表できることを嬉しく思う」

「ピレリは、このプログラムに豊富な経験をもたらすと確信している」

Read Also:

次の記事
勝田貴元、2020年シーズンはWRC最高峰クラスに8戦出走。ヤリスWRCを駆る

前の記事

勝田貴元、2020年シーズンはWRC最高峰クラスに8戦出走。ヤリスWRCを駆る

次の記事

WRCのハイブリッド化で参入メーカーは増える? 詳細決定は2020年に持ち越し

WRCのハイブリッド化で参入メーカーは増える? 詳細決定は2020年に持ち越し
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ WRC
執筆者 David Evans