F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
50 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
57 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
71 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
85 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
99 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
106 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
120 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
134 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
141 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
155 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
162 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
176 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
190 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
218 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
225 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
239 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
246 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
260 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
274 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
281 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
295 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
309 days

F1ブラジルFP1:アルボン首位もクラッシュ。フェルスタッペンはタイム計測なし

シェア
コメント
F1ブラジルFP1:アルボン首位もクラッシュ。フェルスタッペンはタイム計測なし
執筆:
2019/11/15 15:59

F1第20戦ブラジルGPのフリー走行1回目は、レッドブル・ホンダのアレクサンダー・アルボンがトップタイムをマークした。

 F1第20戦ブラジルGPのフリー走行1回目が行われ、レッドブル・ホンダのアレクサンダー・アルボンがトップとなったが、セッション終盤にクラッシュし、赤旗終了の原因となってしまった。

 インテルラゴス・サーキットはあいにくの雨模様。水量もかなり多く、ところどころ路面に水が浮いているような状況でセッション開始時刻を迎えた。

 まずはセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)がウエットタイヤでコースイン。シャルル・ルクレールも同様にウエットタイヤを装着してピットを離れ、インスタレーションラップを実施した。

 ベッテルはピットレーンをスルーし、ピットロード出口でスタート練習を実施したものの、タイム計測はせず。続いてアルファロメオの2台もコースインし、キミ・ライコネンがベッテルと同様にスタート練習をしたが、積極的に周回はしなかった。

 セッション開始から15分を過ぎると、雨が小降りになってきたことから徐々にコースに出ていくマシンが増えていった。しかし、バルテリ・ボッタス(メルセデス)がピットロードでマシンをスライドさせる場面も見られた。

 そんな中、マクラーレンのカルロス・サインツJr.はただひとりタイムを出し、1分22秒149を記録した。ただ、リヤウイング支柱に取り付けていたデータ収集用のピトー管(気流の速度計測器)が外れかけてしまい、ピットに戻った。

 しばらくコース上を走るマシンがいない時間帯が続いたが、セッション開始から35分のところでウエットタイヤを装着したルクレールが1分21秒971を記録。翌周にはさらにタイムを更新し、1分21秒259でトップとなった。

 すると、ルイス・ハミルトン(メルセデス)とマックス・フェルスタッペン(レッドブル)がインターミディエイトタイヤでコースイン。この2台はすぐにピットに戻ったが、ルクレールもインターミディエイトに履き替え、1分17秒285までタイムを縮めた。

 これを皮切りに、徐々にインターミディエイトタイヤで走行するマシンが増えていった。

 セッション残り時間37分というところで、ベッテルがトップタイムを塗り替え、1分17秒041を記録。その後はスロー走行でピットに戻った。

 メルセデス勢はピットで様子を見る時間が長くなっていたが、路面にところどころドライパッチが見られるようになってくると、ボッタスがインターミディエイトタイヤでコースインし、セッション残り26分のところで1分16秒693をマークした。

 セッション残り20分を切った段階でも、ハミルトンやレッドブルの2台を含む5台がタイム計測なしという状況だったが、アレクサンダー・アルボン(レッドブル)がインターミディエイトタイヤでようやくコースイン。セクター1、セクター3で全体ベストを更新し1分16秒399で首位に立つと、1分16秒142までタイムを縮めた。

 確実に路面が乾いていく中、セッション残り6分ほどになると、フェラーリやトロロッソ勢がソフトタイヤを投入する。

 スリックタイヤでの走行を心待ちにしていたフェルスタッペンやハミルトンもコースインをするが、フェルスタッペンは2コーナーでスピンを喫してしまう。幸いマシンにダメージを負うことはなく、コースに戻った。

 一方、アルボンは無事では済まなかった。ソフトタイヤでコースインしていたが、コースオフを喫すると濡れた芝生の上で全く止まりきれず、そのままタイヤバリアにクラッシュしてしまったのだ。

 このクラッシュによりセッションは赤旗終了。結局スリックタイヤで大きくタイムを上げたマシンはいなかった。

 セッショントップはアルボンだったが、痛恨のクラッシュでほろ苦いFP1となった。2番手にはボッタスが続いたが、より路面が濡れていたタイミングでタイムを計測したフェラーリ勢が3、4番手につけた。

 また、最終的にフェルスタッペンやハミルトン、ロマン・グロージャン(ハース)、セルジオ・ペレス(レーシングポイント)はタイム計測をせずにセッションを終えることになった。

 予選・決勝がドライコンディションで行われる確率が高い予報となっているため、FP1では週末の勢力図が読めない結果となった。

Read Also:

【リザルト】F1第18戦ブラジルGP:フリー走行1回目

順位 ドライバー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Thailand アレクサンダー アルボン 9 1'16.142     203.729
2 Finland バルテリ ボッタス 10 1'16.693 0.551 0.551 202.266
3 Germany セバスチャン ベッテル 13 1'17.041 0.899 0.348 201.352
4 Monaco シャルル ルクレール 13 1'17.285 1.143 0.244 200.716
5 Spain カルロス サインツ Jr. 16 1'17.786 1.644 0.501 199.424
6 Germany ニコ ヒュルケンベルグ 8 1'17.899 1.757 0.113 199.134
7 Australia ダニエル リカルド 9 1'17.985 1.843 0.086 198.915
8 France ピエール ガスリー 17 1'18.100 1.958 0.115 198.622
9 Russian Federation ダニール クビアト 16 1'18.274 2.132 0.174 198.180
10 United Kingdom ランド ノリス 15 1'18.559 2.417 0.285 197.461
次の記事
F1ブラジルFP1速報:レッドブル・ホンダのアルボンがトップタイムも終盤にクラッシュ

前の記事

F1ブラジルFP1速報:レッドブル・ホンダのアルボンがトップタイムも終盤にクラッシュ

次の記事

【動画】2019年F1第20戦ブラジルGPフリー走行1回目ハイライト

【動画】2019年F1第20戦ブラジルGPフリー走行1回目ハイライト
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第20戦ブラジルGP
サブイベント FP1
執筆者 松本 和己