「3年後にはタイトルを争えたはず」ガスリー、ホンダの“明るい未来”が見えていたと語る

ピエール・ガスリーは、ホンダがF1活動を継続していれば、3年後にはチャンピオンを獲得できたのではないかと考えている。

「3年後にはタイトルを争えたはず」ガスリー、ホンダの“明るい未来”が見えていたと語る

 2021年シーズンを最後に、F1での活動を終了することを発表したホンダ。アルファタウリのピエール・ガスリーは、ホンダと共に成功を収めてきたドライバーのひとりだ。

 ガスリーはGP2(現FIA F2)でチャンピオンを獲得した後、2017年にスーパーフォーミュラに参戦。ホンダ/M-TECエンジンを搭載したTEAM MUGENのマシンを駆り、タイトルを争った。そして2018年は新たにホンダとのパートナーシップを開始したトロロッソ(現アルファタウリ)で奮闘すると、翌2019年のブラジルGPで自身初の2位表彰台。そして2020年のイタリアGPで悲願の初優勝を成し遂げたことも記憶に新しい。

Read Also:

 2015年からF1のパワーユニットサプライヤーとして活動してきたホンダの歴史からは、切っても切り離せない存在と言えるガスリーだが、彼はホンダ活動終了というニュースに関して、改めて口を開いた。

「個人的には、このニュースを知ったときはとても悲しかったと言うしかないよ」

 そうガスリーは語った。

「僕は彼らと長い間関係を持っている。2017年のスーパーフォーミュラから始まって、今でも彼らと働くのを楽しんでいる。彼らは本当に献身的だし、目標を立てたらそれを達成するまで懸命に働くんだ。まだレースは残っているから、その中でベストを尽くさないといけないし、来年の終わりまで共に素晴らしい結果を残せると確信している」

「でも、ここまで本当に頑張ってきた彼らがF1を去るというのはとても悲しい。ここ数年の開発、進化は感動を覚えるくらいだった。彼らは昨年なんとかしてレースに勝つことができていたし、今年もレッドブルとアルファタウリの2チームに勝利をもたらした」

「だから、未来は明るいと思ったんだ……彼らが去る前にタイトルを獲れることを願っている」

 2018年にトロロッソへのPU供給をスタートさせたホンダは、2019年からはレッドブル、トロロッソの2チーム供給に。そして同年はマックス・フェルスタッペンが3勝を挙げ、今季もフェルスタッペンとガスリーがそれぞれ1勝。タイトル争いには絡めていないものの、今後の開発次第ではタイトル候補にもなり得る……そんな状況下での活動終了発表となった。

 ホンダのF1プロジェクトには多くの人々が関わっているのは想像に難くないが、今回のホンダの決定は、そういった人たちを失望させるものだったのではないか? そう質問されたガスリーは、次のように語った。

「そうだな……どう言えばいいだろう。僕は誰も失望させてはいないと思う。彼らがこういう決断に至ったのには戦略的な理由があることは皆知っていると思うし、僕も彼らを本当に信頼している。彼らは自分たちのために正しい決断をしたんだと思う」

「もちろん個人的に言えば、僕や僕たちの状況を考えると、まだ彼らがF1を続けるのを見たかった。明るい未来が見えていたんだ。彼らは優勝争いをし始めていて、コンスタントに表彰台に登っている。彼らが3年前にいた場所と、今いる場所を見て、僕はそう思うんだ」

「3年後には彼らがチャンピオン争いをしていたと思うし、本当の意味でのタイトル候補になっていたと思う。でも、背景にある全ての事情を知っているわけではないし、この質問に対して客観的にコメントすることはできない」

Additional Report by Oleg Karpov

 

Read Also:

シェア
コメント
【動画】2020年F1第11戦アイフェルGP予選ハイライト

前の記事

【動画】2020年F1第11戦アイフェルGP予選ハイライト

次の記事

「PU、車体共に良いデータが取れた」ホンダ田辺TD、アイフェルGP決勝に向け手応え

「PU、車体共に良いデータが取れた」ホンダ田辺TD、アイフェルGP決勝に向け手応え
コメントを読み込む