F1がバスケ最高峰NBAと夢のコラボ! F1ドライバーによる“フリースロー大会”も実施

F1アメリカGPでは、75周年を迎えた同国のバスケットボールリーグ、NBAとのコラボ企画が実施される。

F1がバスケ最高峰NBAと夢のコラボ! F1ドライバーによる“フリースロー大会”も実施

 コロナ禍の影響で2年ぶりの開催となるF1アメリカGPでは、先日シーズンが開幕し、75周年を迎えたアメリカのバスケットボールリーグ、NBAとコラボした企画が実施される。

 この企画の一環として、NBAの全30チームをイメージしたカラーリングをF1マシン画像が公開される。既にイースタン・カンファレンスのセントラル・ディビジョン、ウエスタン・カンファレンスのパシフィック・ディビジョンの計10チームの画像は既に公開されており、昨季のチャンピオンチームであるミルウォーキー・バックスや、人気球団であるシカゴ・ブルズ、ロサンゼルス・レイカーズ、ゴールデンステート・ウォリアーズなどをイメージしたマシンを見ることができる。

F1 with a livery for the NBA’s 75th Anniversary season

F1 with a livery for the NBA’s 75th Anniversary season

Photo by: Formula 1

 さらに10月21日(木)には“F1フリースローチャレンジ”なるものが初開催される。このイベントでは全10チームのドライバーたちがサーキット・オブ・ジ・アメリカズのパドックに設けられた特設コートに集い、10本中何本フリースローを決められるかを競う。そこにはNBAのレジェンド選手も応援に駆けつけ、フリースローの極意をドライバーたちに伝授するという。

 なお、F1フリースローチャレンジの勝者は2万ドル(約228万円)の賞金を獲得し、その賞金を任意の慈善団体に寄付をする運びとなっている。

 
 

Read Also:

シェア
コメント
ラティフィ、2022年のラッセル離脱を惜しむ「彼は素晴らしい基準になってくれていた」
前の記事

ラティフィ、2022年のラッセル離脱を惜しむ「彼は素晴らしい基準になってくれていた」

次の記事

ホンダF1の浅木LPL、角田裕毅に「能力は高いはず。来季はその片鱗を見せて欲しい」と期待

ホンダF1の浅木LPL、角田裕毅に「能力は高いはず。来季はその片鱗を見せて欲しい」と期待
コメントを読み込む