F1 エミリア・ロマーニャGP

角田裕毅、今季5度目のQ3進出で7番手! 熾烈ポール争いはフェルスタッペン制す|F1エミリア・ロマーニャGP予選速報

F1第7戦エミリア・ロマーニャGPの予選が行なわれ、レッドブルのマックス・フェルスタッペンがポールポジション。RB角田裕毅は7番手だった。

Yuki Tsunoda, RB F1 Team VCARB 01

 F1第7戦エミリア・ロマーニャGPの予選は、レッドブルのマックス・フェルスタッペンがポールポジションを獲得した。

 僅差のアタック合戦を制したフェルスタッペンは、1分14秒746をマーク。2番手のオスカー・ピアストリ(マクラーレン)に0.074秒差だった。0.091秒差の3番手は、マクラーレンのランド・ノリスだった。 

 週末を通して好調だった角田裕毅(RB)は、4番手でQ1を突破。さらにQ2では、3番手タイムをマークする圧巻のパフォーマンスを見せ、今季5度目の予選Q3進出を決めるとラストアタックに不満を爆発させながらも7番手となった。

 RBはダニエル・リカルドもQ3進出を果たし、9番手となっている。

 

前の記事 赤旗2度の波乱、ピアストリがFP3トップ。角田裕毅、アタックできず消化不良の13番手|F1エミリア・ロマーニャGP
次の記事 フェルスタッペン、マクラーレン勢との激しいポール争いを制す。角田裕毅が躍動7番手|F1エミリア・ロマーニャGP予選

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本