フリー走行レポート
F1 エミリア・ロマーニャGP

赤旗2度の波乱、ピアストリがFP3トップ。角田裕毅、アタックできず消化不良の13番手|F1エミリア・ロマーニャGP

F1第7戦エミリア・ロマーニャGPのフリー走行3回目が行なわれ、マクラーレンのオスカー・ピアストリがトップ。RBの角田裕毅は13番手となった。

Oscar Piastri, McLaren MCL38

 F1第7戦エミリア・ロマーニャGPのフリー走行3回目は、マクラーレンのオスカー・ピアストリがトップとなった。

 走行初日から好天に恵まれているイモラ・サーキット。土曜日のFP3は気温23度、路面温度44度というコンディションで行なわれた。

 金曜日の走行を受けて、各車がセットアップを変更して臨んでいるであろうFP3。普段は腰が重いレッドブルも、金曜日はバランスに苦しんだことから、セッション開始直後から早速ミディアムタイヤでコースインした。

 一方、金曜日の両セッションで好調だったフェラーリのシャルル・ルクレールや、カルロス・サインツJr.はソフトタイヤで走り始めた。またマクラーレンとアストンマーティンの4台は、ハードタイヤでコースインし、”皮むき”をしてピットに戻った。

 セッション開始から10分の時点で、トップはルクレールの1分16秒281。フェルスタッペンが0.190秒差で2番手に続いた。

 徐々にコースを走るマシンが増えてくるが、アストンマーティン勢が2セット目のハードタイヤを装着、ザウバー勢はソフトタイヤを履くなど、タイヤ選択はチームごとに分かれる形となった。

 そんな中、サインツJr.が1分16秒067までトップタイムを更新し、フェラーリがワンツーとなった。

 FP2で3番手と好調だったRBの角田裕毅は、セッション開始から20分以上が経過した後、一番最後にコースイン。ミディアムタイヤで走り始めたが、彼が最初のタイム計測を終える前に、セッションは赤旗中断となった。

 赤旗の原因はハードタイヤのフェルナンド・アロンソ(アストンマーティン)がリヴァッツァのふたつ目(ターン18)でリヤのグリップを失い、クラッシュを喫してしまったためだ。左リヤからタイヤバリアに接触したアロンソのマシンは、サスペンションやリヤウイングが破損してしまった。

 セッション残り35分から、7分ほどの中断を経てセッション再開。このタイミングでタイヤを交換するマシンは無く、各車が1セット目のタイヤで走行を重ねた。

 角田は、この時間帯にミディアムタイヤで7番手タイムをマーク。ソフトタイヤのジョージ・ラッセル(メルセデス)の上につけた。

 残り時間18分を切り、ウイリアムズのアレクサンダー・アルボンがソフトタイヤでの予選シミュレーションを実施。6番手タイムを記録した。これに続くように、チームメイトのローガン・サージェントやザウバー勢、ランス・ストロール(アストンマーティン)が2セット目のタイヤに新品ソフトタイヤを投入し、予選アタックを実施してた。

 その他のチームは、残り時間が8分となる頃に続々とコースイン。まさに予選さながらのアタック合戦が開始された。

 ここでオスカー・ピアストリ(マクラーレン)が1分15秒529をマークし首位に浮上した直後、セルジオ・ペレス(レッドブル)がクラッシュし、セッションがまたも赤旗中断となった。

 ヴァリアンテ・アルタのシケイン(ターン14)で縁石に乗りすぎたペレスはフロントウイングが破損した程度のダメージで済み、残り2分からセッション再開となった。

 各車が慌ただしくコースインし、タイヤを温めてアタックへ。しかし角田やフェルスタッペン含めた数台がギリギリ間に合わず、アタックできないままセッション終了となってしまった。

 結局、トップタイムを更新するドライバーは現れず、ピアストリがトップ。2番手にはラストアタックでタイムを更新した数少ないドライバーのひとりであるランド・ノリスが入り、マクラーレンがワンツーとなった。

 フェラーリ勢が3、4番手に続いたが、5番手フェルスタッペンやメルセデス勢など複数のマシンが、最後のアタックができなかったこともあって予選に向けた勢力図ははっきりしないままとなった。

 角田もミディアムタイヤで記録したタイムで13番手。ソフトタイヤでタイムを出したチームメイト、ダニエル・リカルドは11番手となった。

   
1
 - 
4
   
   
1
 - 
2
   
順位 ドライバー # シャシー エンジン 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Australia オスカー ピアストリ マクラーレン 81 McLaren Mercedes 15

1'15.529

  233.981
2 United Kingdom ランド ノリス マクラーレン 4 McLaren Mercedes 15

+0.300

1'15.829

0.300 233.055
3 Spain カルロス サインツ Jr. フェラーリ 55 Ferrari Ferrari 22

+0.538

1'16.067

0.238 232.326
4 Monaco シャルル ルクレール フェラーリ 16 Ferrari Ferrari 20

+0.558

1'16.087

0.020 232.265
5 United Kingdom ジョージ ラッセル メルセデス 63 Mercedes Mercedes 16

+0.566

1'16.095

0.008 232.241
6 Netherlands マックス フェルスタッペン レッドブル 1 Red Bull Red Bull 21

+0.837

1'16.366

0.271 231.417
7 Thailand アレクサンダー アルボン ウイリアムズ 23 Williams Mercedes 14

+0.941

1'16.470

0.104 231.102
8 France エステバン オコン アルピーヌ 31 Alpine Renault 19

+0.952

1'16.481

0.011 231.069
9 Canada ランス ストロール アストンマーティン 18 Aston Martin Mercedes 24

+1.014

1'16.543

0.062 230.881
10 Germany ニコ ヒュルケンベルグ ハース 27 Haas Ferrari 15

+1.018

1'16.547

0.004 230.869
 

前の記事 F1エミリア・ロマーニャFP3速報|マクラーレンがワンツー。赤旗中断の影響もありRB角田裕毅は13番手
次の記事 角田裕毅、今季5度目のQ3進出で7番手! 熾烈ポール争いはフェルスタッペン制す|F1エミリア・ロマーニャGP予選速報

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本