F1 エミリア・ロマーニャGP

F1エミリア・ロマーニャFP3速報|マクラーレンがワンツー。赤旗中断の影響もありRB角田裕毅は13番手

F1エミリア・ロマーニャGPのフリー走行3回目が行なわれ、マクラーレンのオスカー・ピアストリが最速。RBの角田裕毅は13番手だった。

Yuki Tsunoda, RB F1 Team VCARB 01

 イモラ・サーキットで開催されているF1第7戦エミリア・ロマーニャGP。大会2日目のフリー走行3回目ではマクラーレンのオスカー・ピアストリがトップに立った。タイムは1分15秒529だった。

 2番手にチームメイトのランド・ノリスが並び、マクラーレンがワンツー。フェラーリの2台がそれに続いた。

 FP3の最終盤には、レッドブルのセルジオ・ペレスがクラッシュを喫して赤旗中断。セッションは残り数分で再開されたものの、チームメイトのマックス・フェルスタッペンやRBの角田裕毅はソフトタイヤでのタイム計測ができず。そうした理由もあり、角田はミディアムタイヤで記録した1分16秒668で13番手となった。

 なお、このセッションではその前にもフェルナンド・アロンソ(アストンマーティン)のクラッシュがあった。

 

前の記事 F1、ペナルティ上等“マグヌッセン走り”阻止に向けてルール変更を検討へ。ただし施行を急がず
次の記事 赤旗2度の波乱、ピアストリがFP3トップ。角田裕毅、アタックできず消化不良の13番手|F1エミリア・ロマーニャGP

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本